kindle unlimitedが5ヶ月4,900円→299円!
kindle unlimited読み放題が2ヶ月299円!さらに3ヶ月分付きのKindle端末購入で合計5ヶ月299円に!期限は未定なのでお申し込みはお早めに。

テキスト入力時にキーボードだけで、行単位・単語単位・段落単位でカーソルを移動する方法

テキスト入力時にキーボードだけで、行単位・単語単位・段落単位でカーソルを移動する方法

キーボードをREALFORCEに変えてから1ヶ月ちょっと。タイピングが劇的に気持ちよくなりました。

これまでのApple Magic Keyboardのペチペチから、静電容量無接点方式のスコスコという感触に変わり、これがもうたまらなく気に入りました。とにかく長くタイピングしてても疲れない、打ってて気持ちがいい、ブラックボディにゴールドの文字という高級感、もう手放せなくなってしまいました。

キーボードを新調してからというもの、これまでのタイピングを見直し中。カーソルキーをcontrolキーを使って動かしたり、上部の数字キーをブラインドタッチできるように練習&調整中です。

前回controlキーでカーソル移動する方法を紹介しましたが、それ以外にも、便利な移動方法を見つけたので、ささっとまとめておきました。

スポンサーリンク

カーソルを行単位・単語単位・段落単位で移動する方法

カーソルを上下左右、行の頭・末尾に移動する方法以外に、行単位単語単位段落単位で移動させる方法がこちら。

ショートカットキー動作
command + ←/→行単位で移動する
option + ←/→単語単位で移動する
option + ↑/↓段落単位で移動する

「command + ←/→」行の先頭と末尾にカーソルを移動できます。

「option + ←/→」単語ごとにカーソルが移動します。単語チェックの時に重宝しそう。

「option + ↑/↓」段落の先頭と末尾にカーソルが移動します。

それぞれShiftキーと組み合わせれば、行ごと、単語ごと、段落ごとにまとめて選択してコピーやカットすることも可能です。


キーボードの世界はまだまだ奥が深いですねー。知らないことが他にもたくさんありそう。見つけたらまた紹介しますね。

Controlキーを使ってカーソルを自在に操る方法も合わせてどうぞ。

Controlキーで自由自在にカーソルをコントロール!テキスト入力が超捗るショートカットキーまとめ

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!