本を聴く!新体験のAmazonオーディブルを無料体験!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ。速度調整が便利です!30日間無料体験受付中。レビューはこちら

ユーザー辞書のすすめ。よく使う単語やCSSのタグなどを簡単入力!

よく使う単語やCSSのタグなどを簡単入力!ユーザー辞書のすすめ

よく使うフレーズや記号、スタイルシートのタグなどはユーザー辞書に登録!

今回は、Macユーザー暦20年の僕が毎日使っている「ユーザー辞書」の使い方について紹介してみます。

これ使うと、普段使ってる単語・フレーズ・記号やスタイルシートのクラス名まで、どんな言葉でも簡単に入力できるようになります

スポンサーリンク


使い方簡単 どんどんユーザー辞書に登録しまくるだけ

「ユーザー辞書」とは、Macの標準機能の一つで無料で使える便利な機能です。

普段使うことが多い単語だけでなく、定型文や顔文字、メールアドレスからスタイルシートのタグなど、あらゆる文字が登録できるんです。

ユーザー辞書を使うには、「システム環境設定」→「キーボード」→「ユーザー辞書」を開きます。

僕が普段使っているユーザー辞書
これが僕が登録している単語の一部分です。

左の「入力」欄の言葉を入力すると、その変換候補に右側の「変換」欄の言葉が表示されるようになります。

僕の場合は、「お」と入力したら「お疲れ様です、高野です。」という文章に変換したり、「さ」→「▼」という記号に、「いちらん」→「class="ind-link"」というスタイルシートを表示するなど、自分が普段使うことが多い言葉を片っ端から登録してます

新しく入力したい場合は、左下にある「+」をクリックして、「入力」欄に入力する文字、「変換」欄に表示したい言葉を入力します。

削除したいものがあればそれを選択して「−」をクリックすれば自由に消せます。

ユーザー辞書はバックアップも簡単

せっかくたくさん入力して使いやすくなった自分だけのユーザー辞書。

パソコンを買い替えたり、OSを入れ替えたりするときにも、同じ辞書を使いたくなりますよね。

そんな時は、

ユーザー辞書をバックアップ
どれかひとつクリックして選択してから「command + a」キーを押して全選択します。


ユーザー辞書をバックアップ
そのままデスクトップなど保存したいところにドラッグ&ドロップします。

すると「ユーザー辞書.plist」というファイルが作成されます。

これを保存して移行先のユーザー辞書にドラッグ&ドロップすれば簡単に移行できます。

まとめ

iCloudで「iCloud Drive」を共有していて、その中の「書類」→「システム環境設定.app」にチェックを入れてる場合は、同じIDでログインしているiPhoneやiPadでも同じユーザー辞書が使えます

同じiCloudのIDでサインインしている場合、MacだけでなくiPhoneやiPadでも同じユーザー辞書が使えるのはいいですね。

TextexpanderやDashなどのスニペットアプリだともっと高機能なことができますが、有料ソフトなのでコストがかかります。

僕も一時期そっちを使おうかなと思ったこともありましたが、Mac標準のユーザー辞書は使い方も簡単だしバックアップもできるので、今のところこれで十分です。

使ったことがない方はぜひお試しを。作業がはかどりますよ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。