聴き放題 4か月無料!
9,000万曲以上がHDで聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1ヶ月が4か月無料に!10/13まで

Macで複数のファイルを一気にリネームする方法

Macで複数のファイルを一気にリネームする方法

macOS標準の機能で簡単にリネームできるんです。

Webサイトで使う画像や、カメラで撮影した画像、ダウンロードした素材などなど、たくさんのファイルをリネームしたい機会って結構あります。これまではサードパーティ製のアプリやAutomatorを使ってリネームしてましたが、今ではmacOS標準の機能で出来るようになりました。

Yosemiteから標準搭載されたリネーム機能を使って、ダウンロードしたファイルをリネームしてみました。

PR【期間限定】Amazon Music Unlimitedが今だけ4か月無料! 9,000万曲が追加料金なしでHDで聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月が4か月無料に!2022/10/13まで
スポンサーリンク

macOSで複数のファイルを一気にリネームする方法

まずはFinderでリネームしたいフォルダを表示します。

Finderでリネームしたいフォルダを開く
赤枠で囲った部分。フォルダ名の頭に、同じ文字がズラーッと表示されてます。今回は、この共通の文字を削除します。


フォルダを選択して右クリック
リネームしたいフォルダを複数選択して右クリック。「5項目の名前を変更...」を選択します。


Finder項目の名前を変更
「Finder項目の名前を変更」のウィンドウが上からポヨっと出てきます。


「テキストを置き換える」を選択
macOSの標準機能では、「テキストを置き換える」「テキストを追加」「フォーマット」から選択可能。

テキストを置き換える」では、ファイル名の一部を任意の文字に変える場合に使います。

テキストを追加」では、既存名の前か後ろに任意の文字を追加できます。

フォーマット」では、まったく新しいファイル名にするときに使います。名前のフォーマットは、「名前とインデックス」「名前とカウンタ」「名前と日付」の3つから選択可能です。

今回は「テキストを置き換える」を使いました。


テキストを置き換える
「検索文字列:」に削除したい文字を入力し、「置換文字列:」には今回は文字を削除したいだけなので空白にしておきます。準備ができたら、あとは「名前を変更」をクリック。


文字が削除されたフォルダ
「検索文字列:」に入力した文字が削除され、フォルダが見やすくなりました。


macOS標準のリネーム機能。使ってみたら予想以上に使い勝手がよくて驚きました。一般的なリネームであればこれだけで十分です。余計なサードパーティ製のアプリをインストールする必要もありませんね。

使ったことがない方はぜひお試しを。

以上、「Macで複数のファイルを一気にリネームする方法」でした。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!