6,500万曲が99円!
音楽6,500万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!→ 詳しくはこちら

Spotlightの検索結果がおかしい時の対処方法

Spotlightの検索結果がおかしい時の対処方法

検索結果がおかしい?検索用索引がうまくいっていない可能性あり。

Macを使っててファイルを探したいときに使うのが「Spotlight検索」。ショートカットキー、または右上のスポットライトメニューから呼び出して、Mac内のファイルを素早く検索できる便利な機能です。

ただ、Spotlight検索だとファイル以外のアプリやメール、カレンダーなどMac内にあるすべてが検索対象になります。だから、ファイルのみを探したい場合は「Finder検索」を使ってます。

Macのファイル検索は、この「Spotlight検索」と「Finder検索」を使いこなせば万全です。ただ、意図した検索結果が得られないことがたまーに発生します。僕は過去に1回ほど経験済み。

PR【4ヶ月99円!期間限定】Amazon音楽聴き放題が4ヶ月で99円 6,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!詳しくはこちら 1/6まで
スポンサーリンク

うまく検索結果が表示されないなら索引を再構築する

もし検索結果がうまく表示されない、意図した検索候補が出てこない場合、検索用索引が壊れている可能性があります

そんな時は、Spotlight検索索引を再構築します。(Finder検索もバックグラウンドではスポットライトが担ってます。)

まずは、「システム環境設定」で...

「システム環境設定」で「Spotlight」をクリック
「Spotlight」をクリック。


Spotlight検索 検索対象除外
「プライバシー」タブで、「Macintosh HD」をドラッグするか、左下のプラスをクリックして「Macintosh HD」をSpotlightの検索対象から除外します。

除外が完了したら、「−」ボタンをクリックして「Macintosh HD」の除外設定を解除します。

すると、再びSpotlight検索索引が作成されるので、あとは終わるまで待つだけ。


スポットライトの索引作成は、全ファイルをスキャンするのでかなりの時間がかかります。

まだ検索索引が作成していない場合、Spotlight検索をすると「索引作成中」と表示されます。

検索結果がおかしい時は一度お試しを。

以上、「Spotlightの検索結果がおかしい時の対処方法」でしたー。

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。