自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

Apple IDに関連付けされているすべてのコンピュータが5台を越えたときの認証解除方法

ひとつのApple IDで認証しているすべてのコンピュータを認証解除する方法

去年の年末に購入したiPad mini Retinaディスプレイモデル

基本的に仕事で使うことを想定していたので、早速会社のPCにてiTunesを起動してApple IDを入力したところ、認証できるコンピュータの数がオーバーしていてエラーが表示されてしまいました。

PR【音楽聴き放題6,500万曲以上!】音楽聴き放題生活をはじめるなら30日間無料体験から!6,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedなら30日間無料体験できる!さらに、Echoプランなら無料期間終了後は380円!→ 詳しくはこちら
スポンサーリンク

いろいろ調べたところ、ひとつのApple IDでは5台のコンピュータまでしか使えないということが判明。

これまでのコンピュータ使用歴(自宅&職場)を考えると確かに5台で使ってました。

本来であれば、使わなくなったPCにてその都度コンピュータの認証を解除していればすんだことですが、いちいちそんなことしないよなと。

そんな訳で、まずは以下の手順で5台の認証をすべて解除しておきました。

Apple IDに関連付けされているすべてのコンピュータの認証解除方法

iTunes アカウントを表示

まずは、iTunesを起動し、ファイルメニューの「Store」→「アカウントを表示...」をクリック。

サインインの画面が出てきたら、Apple IDとパスワードを入力して進みます。


コンピュータの認証項目

表示されたアカウント情報の「コンピュータの認証」項目を確認。

確かに制限いっぱいの5台で認証されています。

もう使わなくなったMacやPCも含まれているので「すべての認証解除」をクリックします。


コンピュータの認証を解除

迷わず「すべてのコンピュータの認証を解除する」をクリック。


認証解除完了

認証解除完了!


アカウント情報を再確認。0台になった。

アカウント情報を再度確認すると、5台 → 0台 になってますね。


このコンピュータを認証...

続けて、今使っているMacを認証させます。

iTunesのファイルメニュー「Store」→「このコンピュータを認証...」をクリック。


Apple ID とパスワードを入力

Apple IDとパスワードを入力してOKボタンをクリック。


コンピュータの承認が完了しました。

無事にコンピュータの承認が完了です。


アカウント情報を再確認

もう一度アカウント情報を見てみると、0台 → 1台に更新されました。

これで会社のiTunesでも同一IDでいろいろいじることができます♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。