kindle unlimitedが3ヶ月2,940円→199円!
kindle unlimited読み放題が3ヶ月199円!さらに3ヶ月分付きのKindle端末購入で合計6ヶ月199円に!期限は未定なのでお申し込みはお早めに。

Apple IDに関連付けされているすべてのコンピュータが5台を越えたときの認証解除方法

ひとつのApple IDで認証しているすべてのコンピュータを認証解除する方法

去年の年末に購入したiPad mini Retinaディスプレイモデル

基本的に仕事で使うことを想定していたので、早速会社のPCにてiTunesを起動してApple IDを入力したところ、認証できるコンピュータの数がオーバーしていてエラーが表示されてしまいました。

PR【3ヶ月2,940円→199円!】200万冊以上が読み放題のkindle unlimitedが期間限定で3ヶ月199円!リンク先で3ヶ月(キャンペーンプラン)2,940円→199円と表示されてる方限定です。終了時期は未定。突然終了する可能性もありますので30日間無料体験はお早めに。
スポンサーリンク

いろいろ調べたところ、ひとつのApple IDでは5台のコンピュータまでしか使えないということが判明。

これまでのコンピュータ使用歴(自宅&職場)を考えると確かに5台で使ってました。

本来であれば、使わなくなったPCにてその都度コンピュータの認証を解除していればすんだことですが、いちいちそんなことしないよなと。

そんな訳で、まずは以下の手順で5台の認証をすべて解除しておきました。

Apple IDに関連付けされているすべてのコンピュータの認証解除方法

iTunes アカウントを表示

まずは、iTunesを起動し、ファイルメニューの「Store」→「アカウントを表示...」をクリック。

サインインの画面が出てきたら、Apple IDとパスワードを入力して進みます。


コンピュータの認証項目

表示されたアカウント情報の「コンピュータの認証」項目を確認。

確かに制限いっぱいの5台で認証されています。

もう使わなくなったMacやPCも含まれているので「すべての認証解除」をクリックします。


コンピュータの認証を解除

迷わず「すべてのコンピュータの認証を解除する」をクリック。


認証解除完了

認証解除完了!


アカウント情報を再確認。0台になった。

アカウント情報を再度確認すると、5台 → 0台 になってますね。


このコンピュータを認証...

続けて、今使っているMacを認証させます。

iTunesのファイルメニュー「Store」→「このコンピュータを認証...」をクリック。


Apple ID とパスワードを入力

Apple IDとパスワードを入力してOKボタンをクリック。


コンピュータの承認が完了しました。

無事にコンピュータの承認が完了です。


アカウント情報を再確認

もう一度アカウント情報を見てみると、0台 → 1台に更新されました。

これで会社のiTunesでも同一IDでいろいろいじることができます♪

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!