R3を飛躍的に進化させた『EOS R1』開発発表!ボディ形状は似てるけど違う

EOS R1 正面の全体写真
EOS R1 正面の全体写真

EOS R3が飛躍的に進化!

2024年5月15日。キヤノン株式会社が「EOS Rシステム」初のフラッグシップ機『EOS R1』の開発を発表しました。発売は2024年中で価格は未発表。

まぁ、みんな開発してたのは知ってたんですけどね。ネーミングについては、1DX系のように「EOS-1R」かな?ともちょっと思ってましたが、ちゃんと「EOS R1」でした。

今回、初めてそのボディ画像が公開されましたので、じっくりと拡大して確認してみました。

スポンサーリンク

EOS R1 スペックが化け物

リリース情報はこちら。キヤノングローバルから発表されてます。

「EOS Rシステム」初のフラッグシップ機"EOS R1"を開発 新開発の映像エンジンシステムにより高性能AF・高画質を実現 | キヤノングローバル

内容を箇条書きにしてまとめますと...

  • 「EOS Rシステム」初のフラッグシップ機
  • 最高クラスの性能・高耐久性・高信頼性を兼ね備えたプロ向けカメラ
  • EOS R3と比較して静止画・動画性能をともに飛躍的に進化
  • 新開発の映像エンジン「DIGIC Accelerator」を採用
  • 新開発のCMOSセンサーを含めた新たな映像エンジンシステム
  • 被写体追尾精度が向上し、被写体が交錯するチームスポーツにおいて、撮影したい選手の手前に他の選手が重なった場合でもターゲットの選手を追尾し続けることが可能
  • AFの「アクション優先」機能では被写体の状況を高速に解析し被写体のアクションを認識
  • シュートなど特定のアクションをしている選手を自動判別し瞬時にAFフレームを移動させ決定的瞬間の撮影が可能に
  • 画像のノイズ低減などをカメラ機能で実現

普段、スポーツ撮影もやってるので、動的性能の向上はすごく楽しみです!特にAFの「アクション優先」は気になりますね!というか全部気になりますね!

EOS R3のキャッチコピーは「無双」とか「Image monster」などでしたが、そこらへんがまだ分からないので一番の売りポイントがまだ不明です。まだまだ隠しスペックがあるような気がします。

R1のボディはR3に似てるけど形状は違う

EOS R1がこれ。

EOS R1 正面の全体写真


EOS R3がこれ。

EOS R3 正面の全体写真

全体的によく似てます。最初見た時は同じ形状かと思いましたが、よく見るとR1の方が1DXのように高さがあるような感じです。形状的にはEOS R1の方がすらっとしててスマートな感じがします。


R1のCanonロゴ部分
CANONのロゴ部分。ここがちょっとシュッとしてます。


EOS R1のロゴ部分
EOS R1のロゴ部分。


EOS R1のシャッターボタン
シャッターボタン周り。


グリップの表面素材
グリップの表面素材。形状がR3と全然違います。


縦位置時のシャッターボタンまわり
縦位置時のシャッターボタンまわり。


R1の2連ボタン
レンズマウント横にある2連ボタンもよく似てます。


R1のバッテリー入口付近
バッテリー挿入口付近。

良いですねぇ。無茶苦茶ワクワクしてきます。

これからもスポーツを撮影していく予定なので、R3からの買い替えも考えてます。

あとはEOS R5 MarkIIの発表が気になるところです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!