iPhone 15 Proと14 Proの違い。12 miniから買い替えを即決した理由

iPhone 15 Pro シリーズ
iPhone 15 Pro ブラック、ホワイト、ブルー、ナチュラル チタニウム

iPhone初!外部ストレージへ直接録画可能に!

9月13日のAppleイベント。色々出ましたね!

主に発表されたのはこの5つ。

  • iPhone 15/15 Plus/15 Pro/15 Pro Max
  • Apple Watch Series 9
  • Apple Watch Ultra 2
  • MagSafe充電(USB-C)に対応したAirPods Pro(第2世代)
  • iOS17が9月19日にリリース

イベント発表前は特に何も買い替える予定はなかったんですが、iPhone 15シリーズの進化ぶりがすごくて内容を見ていくうちにどんどん15 Proが欲しくなってきました。


特に、端子がLightningからUSB-Cになったことで、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxは、外部ストレージへのProResビデオの直接録画に対応!さらには、Logエンコードの新しいオプションを導入するほか、ACES規格に対応した世界初のスマートフォンになったんです!

理由はこれです。

これ見た瞬間、iPhone 12 miniからの買い替えを即決してました。

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催中! Amazonにて新生活セールが開催中。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

iPhone 15 Proと14 Proの違い

ここでは主に違うポイントのみをピックアップしています。より細かな比較はAppleの公式サイトをご覧ください。

モデル 15 Pro 14 Pro
素材 テクスチャードマットガラス(背面)
チタニウム
カラーインフューズドガラス(背面)
アルミニウム
サイドボタン アクションボタン 着信/消音スイッチ
プロセッサ A17 Pro A16 Bionic
Wi-Fi Wi-Fi 6E Wi-Fi 6
ワイヤレス充電 MagSafe対応
Qi2(チー・ツー)対応予定
MagSafe対応
画素数(アウトカメラ) 4800万画素(広角)
1200万画素(超広角+望遠)
画素数(インカメラ) 1200万画素
スマートHDR
(イン&アウト)
スマートHDR 5 スマートHDR 4
接続端子 USB-C Lightning
動画外付け収録 可能 不可
Log撮影 可能 不可
ACES規格 対応 非対応
バッテリー容量 3274mAh 3200mAh
重さ 187g 206g

iPhone 15 Proの最新の価格をチェック

僕が予約した2023年9月15日現在のApple Storeの価格はこちら。

iPhone 15 Pro MaxはiPhone 15 Proと比べると、約15,000円ほど高く設定されてます。

ストレージ容量 15 Pro 15 Pro Max
128GB 159,800円 なし
256GB 174,800円 189,800円
512GB 204,800円 219,800円
1TB 234,800円 249,800円

購入する場合は、Apple Storeの他、Amazonドコモauソフトバンク楽天モバイル・格安SIM業者などにて購入が可能です。

iPhone 15 Proのカメラの進化が凄まじい!

今使ってるiPhoneは、2年10ヶ月ほど使ってるiPhone 12 mini(→購入時のレビューはこちら)。

毎年、新しいiPhoneが出るたびに買い替えようかなーとも思うんですが、コンパクトなサイズが気に入ってたのと、特に12 miniに何の不満もなかったので2回スルーしてました。

今回も、特に大きな変化がなければスルーするつもりだったんですが、Lightning端子→USB-C端子に変更になったことにより、SSDなど外部ストレージへの直接録画&ProRess&Log撮影もできるようになるなんて...。想像のはるか上を行ってました。これはまさに仕事で使えるカメラ機材ですよ!

USB 3ケーブルとiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Maxを使うと、驚くほど速い転送速度が実現します
iPhone 15 Pro/15 Pro MaxはUSB 3に対応。データ転送速度が毎秒最大10ギガビットへ。これまでよりも最大20倍高速になりました。


写真家や映画製作者のパワフルなワークフローに対応
写真家や映画製作者のパワフルなワークフローに対応。Capture Oneを使って、iPhoneで48MPのProRAWで撮影し、すぐにMacに直接転送できる。


外部ストレージへのProResビデオの直接録画に対応
外部ストレージへのProResビデオの直接録画に対応。Logエンコードの新しいオプションを導入するほか、ACES規格に対応した世界初のスマートフォンとなりました。

さらに、iPhone 15 Pro/15 Pro Maxのカメラシステムには、どちらもプロレンズ7本分相当の性能が詰まってます。

  1. 0.5倍超広角のマクロ
  2. 0.5倍超広角の13mm
  3. 1倍メインの24mm
  4. 1倍メインの28mm
  5. 1倍メインの35mm
  6. 2倍望遠の48mm
  7. 3倍望遠の77mm(iPhone 15 Pro)
  8. 5倍望遠の120mm(iPhone 15 Pro Max)

の7つの画角で使えます。ちなみに、iPhone 15 Pro Maxで3倍ズームしたい場合はデジタルズームになります。一方、iPhone 15 Proの3倍ズームは光学ズームなので、3倍ズームの画質はiPhone 15 Proの方が格段に上です。3倍ズームを多用する場合はiPhone 15 Proを買いましょう。5倍ズームの場合は逆で、iPhone 15 Proだとデジタルズームになるので画質は荒くなります。5倍ズームを使いたいならiPhone 15 Pro Maxがおすすめ。

このレンズ7本分相当の性能は、A17 Proによって実現されたもので、48MPメインカメラでは24mm、28mm、35mmという3つのよく使われる焦点距離を切り替えることが可能。その中の1つの焦点距離を新しいデフォルトとして設定することもできます。

中身を見えれば見るほど、iPhone 15 Pro/15 Pro Maxは過去最高のiPhoneとなりそうです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!