インターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

M2 Pro/MaxとM1 Max どっちが速い?MacBook ProとM2 Pro Mac mini登場!

  • 公開日:
  • by
  • Mac
M2とM2 Proを搭載したMac mini
M2とM2 Proを搭載したMac mini

は?84,800円〜ってマジですか?

2023年1月17日に突然発表された新型のMacBook ProとMac mini。

次世代SoC(システムオンチップ)であるM2 ProM2 Maxが発表され、MacBook Proの14/16インチモデルではM2 Pro/Maxが選択できるようになりました。Mac miniではM2/M2 Proが選択可能です。

M2 ProはM2をスケールアップしたもので、最大12コアのCPU、最大19コアのGPU、最大32GBの高速ユニファイドメモリを搭載可能。

M2 MaxはM2 Proを土台とし最大38コアのGPU、2倍のユニファイドメモリ帯域幅、最大96GBのユニファイドメモリを搭載可能。

M1 Max MacBook Pro 14インチを使ってる僕としては、M2 ProとMaxが具体的にどれぐらい速いのか、M1 Maxと比較してどうなのかが気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

「M2 Pro/Max」VS「M1 Max」

AppleのMacBook Proのページに比較のグラフが掲載されてました。

M2 ProとMaxのパワーの比較グラフ
M2 ProとM2 Maxのパワー比較グラフ

ビデオのトランスコードやビデオ編集など、いくつかの項目で比較のグラフを確認できます。

そのグラフをもとに、M2 Max・M2 Pro・M1 Maxの順位を表にまとめました。

下記は14インチのものですが、16インチでも順位に変動はありません。

M2 Max M2 Pro M1 Max
ビデオのトランスコード 1位 3位 2位
ビデオ編集 1位 3位 2位
画像のアップスケーリング 1位 1位 3位
コードのコンパイル 1位 1位 3位
写真の編集 1位 2位 3位
モーショングラフィックス 1位 1位 3位

M1 MaxがM2 Maxに負けてるのは当然として、M2 Proにも負けてたらなんかやだなーと思ってましたが、M1 Maxを購入する時に最も重要視してたビデオ編集がM2 Proより20〜30%ほど上回ってたのでホッとしました。

ビデオのトランスコード(変換)についてもM2 Proより速いですね。

M1 Max MacBook Pro 14インチを使ってて唯一の不満は、4K 30Pの動画編集と書き出し時にファンが回ることだけ。写真の現像やブログの執筆やWebサイト制作時には至って静かです。

なので、まだまだM1 Maxは使えますのでまだ2年ぐらいは買い替えはないかも。

ただ、2024年にはM3 ProとM3 Maxが登場するという噂なので、M1 MaxよりM3 Maxが倍以上速くなってたら買い替えも考えるかもしれません。

Mac miniの価格は魅力的

今回の発表はマイナーアップデートでしたが、一番驚いたのがMac miniの価格。

M2 Mac mini
M2 Mac mini

M2搭載で8コアCPU・10コアGPU・8GBユニファイドメモリ・256GB SSDストレージの最低スペックで価格がなんと84,800円(税込)!

M1からM2で飛躍的に向上したグラフィック性能とメディアエンジンにより4Kや8K ProResのビデオ編集もできるようになってます。

さすがに8GBのユニファイドメモリは心もとない気がしますが、プラス28,000円で16GBに増やすことも可能です(24GBまでいけます)。

M2 ProやM2 Maxと比べて書き出し時間に大きな差がありそうですが、書き出し時間はそんなに気にしないよって人ならこれで十分かもしれませんね。


M2 Pro Mac miniにはThunderbolt 4ポートが2つ多い
M2 Pro Mac miniの背面ポート

さらに、Proの方は背面のThunderbolt 4ポートが2つ多くなってます。

オーディオインターフェースとか高速のカードリーダーとか、USB-Cハブなどを多数使いたい場合はProが良いかも。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!