エアコンくさい!!自分でやれば1,300円!
においとカビがひどいエアコンを掃除してみた結果…。→ 詳しくはこちら
スポンサーリンク

ロジクール MX MECHANICAL MINI for Macを買わない2つの理由

MX MECHANICAL MINI FOR MAC
MX MECHANICAL MINI FOR MAC

カスタムできないならメカニカルじゃない

2022年10月から新しく発売されたロジクールのメカニカルキーボード『MX MECHANICAL MINI FOR MAC』。

普段はMacでメカニカルキーボードを使ってまして、ちょっと前にロジクールのMX KEYS MINI FOR MACを使ってから一気にロジクールのキーボードが好きになりました。

なので、次に発売されるMX MECHANICAL MINI FOR MACが(以下MX Mecha Mac)、メカニカルスイッチでしかもUS配列ということですごく気になってたんですが、商品見て一瞬で萎えました…

PR【今なら3か月無料】Amazon Music Unlimitedが最初の3か月無料で音楽聴き放題! 通常1か月無料→今だけ3か月無料!解約も簡単なのでまずはお試しください。10/15まで
スポンサーリンク

買わない理由1:キー配列

MX MECHANICAL MINI FOR MAC キー配列

最初にキー配列を確認してから一瞬で「あー、もうこれは僕には合わない」と分かりました。

というのが、キー配列の一番右の赤枠部分。enterキーの右側に1列のキーがあります。

僕は、以前からいろんな種類のキーボードを使ってきて、このenterキーの右にある列のキーをよく押し間違えることが多かったんです。なので、65%のキーボードも好きじゃありません。

MX Mecha Macはファンクションキーがあるので75%のキー配列ですが、enterキー右にくっついた1列があるので、もうこれは無理だと思いました。

Keychron Q1のようにちょっと隙間があれば打ち間違えることがないので良いんですけどね。

買わない理由2:ハンダで固定

スイッチを簡単に交換できない

メカニカルキーボードの醍醐味はカスタムにあります。

これ、たくさんのキーボードを使ってきて肌で感じたことです。

MX Mecha Macは、キースイッチは茶軸のみでキースイッチはハンダで固定されてます。

分解してはんだごてで溶かして交換することもできますが、正直、面倒なんです。

なので、ホットスワップ形式のキースイッチだったら75%キー配列だったとしても買ったかもしれません。

たぶん、使ってるうちに打鍵感や打鍵音が気になり出して、キースイッチにスプレールブしたりそれでダメならキースイッチやキーキャップを交換したいと思うようになるのは確実。

やっぱりホットスワップ対応のキースイッチじゃないと、最近は買う気がなくなるようになりました。

まとめ

薄型キーボードではナンバーワンの打鍵感のMX KEYS MINI for Macからの流れだったので、ちょっと期待しすぎたのかもしれません。

ただ、キーボードとしてはかなり評判の高いモデルなので、上記2つの理由が全く気にならないって人はぜひ買ってください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!