聴き放題 4か月無料!
1億曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月無料→3か月無料に!1/11まで
読み放題 3か月99円!
200万冊以上が読み放題のKindle Unlimitedが期間限定で3か月2,940円→99円!12/1まで

Keychron Q1のキーキャップがテカってきたのでGMKに交換してみた

1年使ってテカってきたKeychron Q1のキーキャップ
Keychron Q1 テカってきたキーキャップ

好きなキーキャップに交換できるのがカスタムキーボードの良いところ!

Keychron K6の時もそうだったんですが、Keychronのオリジナルキーキャップは皮脂が目立ちます。

K6の時はキーの色がグレーだったので数日使っただけで皮脂がかなり目立つように。なので、すぐにキートップを変えたりスプレールブしたりタミヤカラーで白く塗装してカスタムしました。その時の様子は動画でアップしてますのでご覧ください。

K6のキーキャップは使用期間が短かっただけで皮脂が付いたらクリーニングクロスとかで拭けば目立たなくなってました。

今回紹介するQ1に関しては、反響音を消してガスケットの柔軟性も復活するなど満足いくまでカスタムしてから(→Q1でカスタムしたことはこちらにまとめてます)究極の使い勝手になったんですが、1年間使ってキートップの表面が摩耗してきてテカるようになりました。キーボードを長く使ってるとよく起きるやつです。

テカっててもタイピング自体には影響はないですが、感触が若干ツルツルになったのと、ピカピカする見た目が好きじゃないのでキーキャップを交換することにしました。

PR【今年最後の超大セール】Amazonブラックフライデーセール開催中! 人気商品は早い者勝ち!セール品はもちろんセール対象外でも期間中合計1万円以上のお買い物を対象に最大11%ポイント還元。11/25 0:00〜12/1 23:59まで
スポンサーリンク

キーキャップをGMK Hennesseyに交換

DROP MITO GMK HENNESSEY CUSTOM KEYCAP SET
DROP MITO GMK HENNESSEY CUSTOM KEYCAP SET

キーキャップは去年の年末に注文して2022年1月中旬に届いたGMK Hennesseyを使います。

Dropという海外のサイトで購入しました。ヘッドホンの購入でよく使ってるサイトです。送料込みで140ドルでした。

当時はまだ円安が進んでなかったんですが、10ヶ月経過した今だと買うのをちょっと躊躇してしまいそう。1ドル110円前後に戻るのは何年後だろうか…。

カスタムキーボード(メカニカルキーボード)を使うようになって、いろんなキーキャップを試してきましたがGMK(GMK electronic design GmbH)とSP(Signature Plastics LLC)の2社のものを気に入って使ってます。

DROP MITO GMK HENNESSEY CUSTOM KEYCAP SET 中身
GMK HENNESSEY 真っ白なキーキャップ

共に樹脂の発色や成形の精度がとても高く、カスタムキーボード界隈でも高い評価を受けてるメーカーです。

どこのメーカーのキーキャップ買えば良いのか分からないって場合は、この2社を買っておけばまず失敗することはないと思います。

キースイッチはC3 Banana Split Switch
キースイッチはC3 Banana Split Switch

キースイッチは「C³ Banana Split Switch」というのを海外通販で購入して使ってます。62gのリニア(linear)タイプで心地良い打鍵感と打鍵音がとても気に入ってます。打鍵音は下記に動画載せてますのでそちらをご覧ください。


キーキャップを抜いて交換する
キーキャップ交換時に必要なものはキートップ引き抜き工具だけ。

キーボードに付属のものでも良いですが、先端が長くて引き抜きやすいFILCOキートップ引き抜き工具をもう4年以上愛用してます。

作業は30分もあれば完了です。

Keychron Q1 + GMK Hennessey

Keychron Q1 + GMK Hennessey
ヘネシーといえばお酒をイメージする方も多いと思いますが、このHennesseyとは関係ありません。

ABS樹脂製でセミマット仕上げ。ダブルショット成形で経年劣化で色褪せがないのが特徴。

また、プログラマーやライターなどにとって心地良い感触で知られるドイツのCherryプロファイルを採用してます。


Keychron Q1 + GMK Hennessey
キーの数も多く、40%、60%、HHKBスタイル、65%、75%、アリス、テンキーレス、100%、1800レイアウトなど多様なキーボードに十分対応できるカバー率を備えています。


Keychron Q1 + GMK Hennessey 打鍵音
打鍵感自体はQ1オリジナルのキーキャップと大きな違いはありません。

表面がマット仕上げになったので、若干打鍵音のクリアさは亡くなりましたが、打鍵感自体はものすごく快適です。

打鍵音はYouTubeに動画をアップしてますのでそちらをご覧ください。

▼ Keychron Q1 キーキャップ交換 DROP + MITO GMK HENNESSEY CUSTOM KEYCAP SET

良いですねGMKのキーキャップ。

いろんな海外通販サイトでキーキャップを買ってきましたが、GMKシリーズは安心感が違います。打鍵感も文句なしで満足度が非常に高いキーキャップです。

ただ、キーキャップ界隈も技術の進歩が早いのも事実。

今度はKBDFansでePBTのキーキャップを購入したので、届いたらまたご紹介します。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!