今だけ1,960円→99円
kindleunlimited読み放題が今だけ2か月間99円!期間限定なのでまだの方はお早めに。→ 詳しくはこちら 11/5まで

2万円台で買える良スペックの大型カーボン三脚『Leofoto LS-323C』軽くてコスパ抜群

2万円台で買える良スペックの大型カーボン三脚『Leofoto LS-323C』軽くてコスパ抜群

センターポールはないけど32mm径で2万円台なら文句なしの三脚

先日紹介したSIRUIの大型三脚『R-3213X』。

安定感や質感はもちろん、2つのナットロックを緩めるとストンと脚が最後まで伸びるところが特に気に入って使ってます。セッティング時や高さ調整がかなりラクです。

R-3213Xは主に動画で使ってるんですが、ブツ撮用にもう1つ欲しくなりました。

ただ、SIRUIの三脚はちょっと価格が高めだし、別の三脚を試してみたかったということもあり、もっとコスパの良い三脚がないかと調べてみたら、安くて人気で評判の高いLeofotoの三脚があったので買ってみることにしました。

Amazonで2万6千円ほどで販売されてる、コスパ抜群の三脚です。

PR【今だけ1,960円→99円】kindle unlimited読み放題が今だけ2か月間99円!Amazonの電子書籍kindle本を読み放題で楽しめるkindle unlimitedが期間限定で99円!いつでもキャンセル可能。→ 登録はこちら 11/5まで
スポンサーリンク

Leofotoとは?

Leofoto LS-323C パッケージ
今回購入した『Leofoto LS-323C』のパッケージ。

Leofoto(レオフォト)とは、中国の機材メーカーで、10年以上にわたり三脚や自由雲台、L型ブラケット、クイックリリースなどシステム三脚として様々な種類の高品質なアクセサリーを提供しているブランドです。

高品質でありながら、三脚ではセンターポールを無くすなどコストパフォーマンスの高い製品を生み出しており、ここ数年、Leofotoブランドを愛用している写真家の方が増えてます(レビューをよく目にします)。

YouTubeで「Lofoto 三脚」とかで検索すると、いろんな三脚レビューがたくさんアップされてます。一度検索してみてください。

今回購入したLS-323Cは、軽量でコンパクトなサイズと堅牢さを兼ね備えたレンジャーシリーズの製品です。

Leofotoにはこのほか、三脚本体のアッパーディスクを取り外して交換可能なサミットシリーズや、取り外しもできるセンターポールがついたアーバンシリーズなどがあります。

レンジャーシリーズは、この中で一番コスパの高いシリーズです。

Leofoto LS-323C レビュー

Leofoto LS-323C スペック
LS-323Cのスペックはこちら。

  • 材質:10層カーボン
  • 段数:3段
  • パイプ径:32/28/25mm
  • 重さ:1,420g
  • 耐荷重:20kg
  • 収納高:650mm
  • 伸長:1,520mm
  • 全伸長:1,835mm
  • 最低高:95mm

3段階の角度調整もできますし、ナットロックを回して簡単に分解できるので、清掃も簡単にできます。


専用キャリーバッグが付属
ロゴ入りの専用キャリーバッグが付属してます。


専用キャリーバッグ 上から見た写真
サイドには厚みのあるポケットが付いてます。


キャリーバッグのサイドにはセンターポールなどの付属品が収納できる
キャリーバッグのサイドにはセンターポールなどの付属品が入ってます。


サイドポケットに入ってたスパイク石突とセンターポール
サイドポケットに入ってたスパイク石突とセンターポール。石突はネジ式です。


センターポール(DC282)は伸縮可能
センターポール(DC282)は伸縮可能。通常時は約20cmで、最大約32cmまで伸びます。伸縮は約12cmです。


キャリバッグの中身
キャリーバッグの中には、三脚本体と説明書類が入ってます。


カラビナやレンチなどの工具も入ってました
カラビナやレンチなどの工具も入ってました。


Leofoto LS-323C 三脚本体 すごくコンパクト
LS-323C 三脚本体。センターポールが無いのですごくコンパクト。


leofoto ls-323c 写真
一番太い部分のパイプ径は32mm。かなりガッシリしてます。


Leofoto LS-323C 雲台取り付け部分
雲台の取り付け部分。ネジ部分に付いてるカバーを取ると…


1/4ネジと3/8ネジ 両対応
外側が3/8ネジになってまして、その部分を下に押し込むと1/4ネジにも対応します。便利な作りです。


SIRUI R-3213XとLS-323C
上がSIRUI R-3213Xで、下がLeofoto LS-323C。ともに3段ですが、LS-323Cの方がセンターポールが真ん中に通るスペースがないので、よりコンパクトですね。


左がSIRUI R-3213X、右がLeofoto LS-323C
脚を全部出した状態の全高は、SIRUI R-3213X(左)が1,400mm。

Leofoto LS-3213Xは1,520mm。ここからさらに付属のセンターポールを取り付けると1,835mmまで高くすることが可能です。

LS-3213X 実際に使って分かったこと

全体的な質感はなかなか。

パイプ径は32mmと太いですが、材質がカーボンなので軽く、セッティングもラクですね。

剛性感は、SIRUIに全く引けをとってません。風の強い外でもブレにくそうでいい感じ。

ただ、全体的な作りはSIRUIの方が上かなと感じました。

あと、開封当初はカーボン部分に薄くオイル?が塗ってあるような感じで、かなりスルスル・すべすべしてました。なので、硬く絞ったタオルで乾拭きしておきました。

コスパは最強でしょう。

これだけ剛性感がある三脚が2万6千円ほどで購入できれば何の文句もありません。

センターポールは使わない!という方にはかなりおすすめできる三脚ですね。

家のブツ撮り用に買いましたが、外での撮影でもガンガン使うつもりです。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。