イケアのポエングにぴったり!17色から選べるオットマン買ってみたレビュー

当サイトのリンクには一部プロモーションを含みますが、一切その影響は受けず、公正・中立な立場で制作しております。

イケアのポエングにぴったりのオットマン買ってみたレビュー
オットマンで新幹線の自由席がグリーン車に!
イケアの大ロングセラーの椅子『ポエング』。
うちのリビングにも先日デビューしました。
イケアの超ロングセラー椅子『ポエング』買ってみたレビュー 床のキズ対策も
無印良品の人をダメにするソファを約6年ほど使ってきましたが、ヘタリすぎてさすがにもう限界。
フニャフニャで使い物にならなくなってきたので交代です。
ポエングを買ったときにはオットマンがなくてもいいのかなと思ったんですが、実際にリビングに置いて座ってみるとどうもゆったりできない
飛行機や新幹線でリクライニングをちょっと倒した椅子に座ってるような感じ
ゆったり度は60点ぐらい。これじゃいまいちリラックスできない。
というわけで、ゆったり度を100点に近づけるために、オットマンを買ってみることにしました。

イケア純正のオットマンは大きくて平じゃないからやめた

まず候補に上がったのがイケア純正のオットマン。
イケア純正のオットマンは大きいからやめた
IKEA/イケア POANG/ポエング:フットスツール バーチ材突き板/クニーサ ライトベージュ』。
イケアの店舗でも確認したんですが、これ意外と大きいんですよね。

  • フレーム幅: 68cm
  • フレーム奥行き: 54cm
  • フレーム高さ: 39cm
  • シートの幅: 54cm
  • シートの奥行き: 54cm
  • シートの高さ: 38cm

うちの狭いリビングに置くので、できるだけコンパクトなものがいい。
あと、気になったのがデザイン。座ったときに段差がないようにするために、上面が斜めになってます。
イケアのポエングと組み合わせたときにはパーフェクトなんでしょうけど、もう一つ別のソファでもオットマンとして使ったり、単体で椅子として使うことも想定したら、この斜めがどうかなと。
というわけで、

  • ちょっと大きい
  • 天板が斜めになってて使い方が制限されそう

という理由で別のオットマンを買うことにしました。

ポエングにぴったりのオットマン

Amazonから届いた段ボール
Amazonから届いた段ボール。
今回購入したのは『セルタン オットマン 和楽の極 一人掛け ダリアンベージュ ポケットコイル 日本製』。17のカラーから選べるオットマンです。
カラーはポエングのクニーサ ライトベージュ色に合わせてダリアンベージュにしました。
ダンボールには「開封時の刃物使用厳禁」の注意書き
ダンボールには「開封時の刃物使用厳禁」の注意書きが。こういう気配りがあると安心感と会社への好感度が上がります。
品質表示と日本製のタグ
品質表示と日本製のタグ。
オットマンの材質は、表地と裏地がポリエステル100%で、クッション材はウレタンフォームと鋼製バネ(ポケットコイル)。
オットマンの取扱説明書
取扱説明書。組み立て方法は本体に脚をねじ込むだけ。
脚とオットマン本体
脚とオットマン本体。
オットマンの表面
ダリアンベージュのオットマン上面。
Amazonのレビュー見てると、化学臭がすごいっていうのがあったんですが、袋から取り出しても特に気になる臭いはなし。化学臭もありませんでした。個人差があるのかな?
オットマンの底面
底面には四隅に脚を固定するネジがあります。
縁はチャックになっててカバーの取り外しは可能ですが、中身のスポンジが剥き出しになるのでまた付けるときが難しいかも。
プラスチック製の脚
プラスチック製の脚。木製ではありません。
脚の先にはフェルトが付いている
脚の先にはフェルトが付いてます。フローリングや床を傷つける心配はありません。
オットマンに脚を取り付けたところ
しっかり押しながら脚をねじ込みます。工具は必要ありません。

イケアのポエングとオットマン

イケアのポエングとオットマン
イケアのポエングと今回購入したセルタンのオットマン。
ポエングがグレー、オットマンがベージュなのでちょっと色味は違いますが、ポエングのフレームと同系色なのでそんなに違和感はありません。
セルタンのオットマンのサイズは…

  • 幅 58cm
  • 奥行 48cm
  • 高さ 31cm
  • 本体重量 4kg

オットマンの方がポエングの幅よりちょっと小さめ
椅子よりオットマンの幅が10cmほど短いので、圧迫感はそんなにありません。
セルタンのオットマンとイケアのポエング
座る方からの見た目。なかなかいい感じの見た目です。
オットマンの高さは31cm
オットマンの高さは31cm。椅子の高さより7,8cmほど低いです。

実際に使ってみた感想

オットマンに足をのせた写真
やっぱりオットマンがあるとゆったり度が全く違いますね。完全にリラックスできます。
新幹線の自由席からグリーン車にグレードアップしたような感じ♪
オットマンなしの場合、ゆったり度は60点でしたが、オットマンがあると90点までアップしました。
ポエングの座面とオットマンの座面の高さが約8cmほど違いますが、全く気になりません。
良い点と気になった点をまとめると…

  • オットマンがあるだけでリラックス度が急上昇
  • ポエングとの高低差8cmもほどんど気にならない
  • 意外とコンパクト
  • 小学2年生の男の子でも簡単に持ち運べる4kgという軽さ
  • 天面が平たいから別のソファのオットマンとしても使えるし、単体の低めの椅子としても使える
  • 脚の先がフェルトになってるので、足で自由に場所を移動できる
  • フェルトでスルスル滑って簡単に動きすぎる

概ね満足ですが、意見が分かれたのが脚先のフェルト生地。
僕は自分の好きな場所に足で動かせるので良いなーと思ったんですが、妻や中学1年生の娘はちょっと簡単に動きすぎる、という意見でした。
4つあるうちの2つぐらいの脚先に滑り止めのマットをつけると良いかも。
大人の男性の足をのせたオットマン
当然ですが大人の男性の足をのせたぐらいじゃびくともしません。
オットマンがなかったときはポエングで寝るなんてことはなかったんですが、オットマンを使うようになってテレビを見ながらちょくちょく寝落ちするようになりました
寝起きに首が痛くなったりこったりすることもなく、意外と心地よく眠れてます。
良いですね、ポエング&オットマンの組み合わせ。
ポエングをお持ちでオットマンをお探しの方、おすすめできるアイテムですよ。
カラーは17色から選べるので、インテリアに合わせてコーディネートできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です