今年最後の超ビッグセール開催中!
Amazonブラックフライデー開催中!セール対象外の商品でも期間中合計1万円以上のお買い物で最大8%ポイント還元!12/2 23:59まで

受験勉強がはかどる昇降式スタンディングデスク購入!眠気覚まし&学校の机ぽくて可愛い

バウヒュッテの昇降式スクールスタンディングデスク

立っても座っても使える昇降式のスタンディングデスク レビュー

来年高校受験する娘から「スタンディングデスク欲しい、できれば電動の!」というリクエスト。

娘が普段使ってるのは無印良品の無垢材デスクを拡張したもの

DIY 狭くなった無印良品の無垢材デスクを拡張!奥行き20cm追加して75cm&棚を2段設置して使い勝手アップ

DIYした現状のデスクに特に不満はないみたいですが、どうしても長時間勉強するときに眠気と戦うことが多いとのこと。

あと、親の視点から考えると、長時間座り続けることによる健康への悪影響(筋肉の代謝や血行の低下など)のリスクも減るかなということで、快諾。

ただ、電動のスタンディングデスクは価格も高いし場所も取るので、手動昇降式のスタンディングデスクを買ってみました。

PR【7日間だけのご褒美価格!!!】今年最後のビッグセール Amazonブラックフライデー開催中! セール対象外の商品でも期間中合計1万円以上のお買い物で最大8%ポイント還元!12/2 23:59まで
スポンサーリンク

学校の机ぽくて可愛いデザインのスタンディングデスク

Bauhutte(バウヒュッテ) スクールスタンディングデスク 昇降式 木目 BHD-600H-NA
今回購入した『Bauhutte(バウヒュッテ) スクールスタンディングデスク 昇降式 木目 BHD-600H-NA』。

Amazonのレビュー数も多く評価も高い。サクラチェッカーでチェックしても安全な商品だったので安心して購入しました。


箱の横には「デスク秘密基地化計画」の文字
箱の横には「デスク秘密基地化計画」の文字。

バウヒュッテは大阪に本社を構える家具メーカーです。ゲーミングチェアとかが有名ですね。遊び心もありそうで好印象。


スクールスタンディングデスク カラーは木目
カラーは「木目」と「ブラック」があります。今回はより学校の机っぽい木目にしました。


説明書も分かりやすく組み立ても簡単
日本の会社なので説明書も分かりやすく組み立ても簡単でした。


たくさんのネジ類
ネジはたくさんありますが、ちゃんと説明書に分かりやすく書かれてますので、迷うこともありませんでした。


組み立てる際は段ボールを敷くと床に傷がつきません
組み立てる際は、梱包されてたダンボールを敷くと床に傷がつきません。


バウヒュッテの昇降式スクールスタンディングデスク
15分ぐらいで組み立て完了です。ひとりでも簡単でした。

天板のサイズは学校の机よりちょっと小さい「幅60cm × 奥行き40cm」です。天板の耐荷重は40kgまで。

天板の高さは…

  • アジャスター取付時 70〜108cm
  • キャスター取付時 75〜113cm

です。

メーカーによると、対応する身長は、アジャスターの場合だと176cmぐらいまで、キャスターだと184cmぐらいの方まで使えるとのことです。


荷物掛けに便利なサイドフック
荷物掛けに便利なサイドフック。左右両方にあります。フックの耐荷重は3kgまで。


昇降ロックレバー
机を上下させるには昇降ロックレバーを押したまま垂直に上下させるだけ。

安全に昇降させるために、説明書には2人でやってくださいと書かれてます。

机に何も載ってない状態であれば1人でもできますが、ちょっと力が要るので2人でやった方が簡単です。


高さ固定ストッパーと高さメモリ
高さ固定ストッパーと高さメモリ。


収納カゴ
学校の机のような収納カゴがあります。


バウヒュッテのロゴプレート
バウヒュッテのロゴプレート。ちょっと目立つので気になるならネジで固定されてるだけなのですぐ外せます。


キャスターとクロスバー
娘の希望で脚はキャスターにしました。好きな場所に簡単に移動して勉強できるのでこっちが良いとのこと。


ただ、天板がほんのちょっとぐらつくのでクロスバーは付けておきました。座って使う場合は邪魔になるので外しても良いと思います。

キャスターには全部ロックが付いてます。

実際に使ってみた娘の感想

娘の部屋に置いたスタンディングデスク
娘の部屋に置いたスタンディングデスク。


部屋の角に設置したスタンディングデスク
ほんのかすかに天板がぐらつきますが、壁に当てるように配置すればほとんど気にならなくなったようです。


壁にくっつけて配置するとグラつきも抑えられます
壁にくっつけて配置するとグラつきも抑えられます。


身長150cmの娘とスタンディングデスク
身長150cmの娘とスタンディングデスク。

明るさが心配でしたが、部屋のLED照明が明るいので特に問題はないとのこと。

高さもちょうど良い感じで調整できたので、満足してるようです。

ただ、スタンディングデスクの限界は30分ぐらいとのこと。なので、無印の無垢材デスクとスタンディングデスクを交互に座る→立つを使い分けるようにしたら眠気も無くなって勉強がはかどるようになったということです。

娘が満足してるみたいでホッとしました。

これが気に入ったら、将来的には本格的な電動式のスタンディングデスクも検討することになるのかな?

ただ、娘も飽きっぽいところがあるので、しばらく様子見は必要ですね。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!