最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

自転車で転倒した子どもの頭の衝撃を軽減するキッズヘルメット購入レビュー サイズの測り方も

自転車で転倒した子どもの頭の衝撃を軽減するキッズヘルメット購入レビュー サイズの測り方も

ちょっと前に4歳でデジタル一眼レフデビューしたうちの息子。

子供は何でも吸収する!4歳でデジタル一眼レフデビュー

早いものでもう小学1年生です。

相変わらず僕が撮影しているとファインダーをのぞいてシャッターボタンを押したくなるらしく、たまに撮影を楽しんでます。

最近はゲームをすることが増えましたが、それと同じぐらい多くなったのが外での遊び。

小学校の友達と家の周りで自転車遊びすることが多くなったので、子ども用のヘルメットを新調することにしました

PR【最大10%ポイント還元!12/11[火] 1:59まで】今年最後の大セール Amazonサイバーマンデー開催中!当ブログで紹介してるものが安くなってるかも?!セール対象外の商品でも合計1万円以上のお買い物で最大10%ポイント還元されます!買いたいものはこの機会にまとめてどうぞ。
スポンサーリンク

Amazonで評価が高いブリジストンのキッズヘルメット

Amazonで評価が高いブリジストンのキッズヘルメット
今回購入したのは、Amazonでもかなり評価が高いブリジストンのキッズヘルメット『ブリヂストン(BRIDGESTONE) エアリオ キッズヘルメット 56~60cm CHA5660』です。

サイズはこれより小さなMサイズ(54〜56cm)もありますが、これからすぐ大きくなるのでLサイズ(56〜60cm)にしておきました。

シルバー、ピンク、つや消しブラック、ブルー、ホワイト、ライトブルー、レッド、の7色から選べます。

うちはブルー、ブラックと悩んで結局はシルバーに落ち着きました。


ブリジストン キッズヘルメット 前からの写真
前から見たらこんな感じ。小さな黒いつばが付いてます。取り外し可能です。


シルバーはツヤあり ブリジストンのロゴ
シルバーはツヤあり(ツヤなしはブラックのみ)で、ブリジストンとエアリオのロゴが左右に小さく入ってます。


後ろから見たキッズヘルメット
後ろから見たらこんな感じ。かなりスポーティです。


ワンタッチバックルであごひもを固定
ワンタッチバックルであごひもを固定します。


内側のパッド
内側の周囲をぐるっと覆っているパッド。これがあるのでつけ心地もなかなか良さそう。汗も吸収してくれます。


大きさを調整可能
ダイヤルを回せば調整が可能です。


マジックで装着されてる
このパーツはマジックでくっつけてあるので、


取り外しが可能です
取り外しが可能です。

じゃぶじゃぶ水で洗っても問題なさそう。


頭頂部があたる部分にもクッションあり
頭頂部があたる部分にもクッションがあるのでつけ心地も良いです。

スポンサーリンク

あごひもの調整方法

取り扱い説明書
取り扱い説明書はヘルメットについてた厚紙の内側に書かれてます。

「正しい取り付け方法」と「あごひもの調整について」とそのほか注意点が書かれてます。


あごひもの調整について
あごひもの調整方法がこちら。

  1. 耳とあごの部分にあごひもがフィットするようにバックルを動かし、あごひもの端部の長さを調節する
  2. バックルを調節した後、余ったあごひもの端はあごひも固定パーツで必ず留める
  3. 調整後、ワンタッチバックルを「カチッ」と音がするまでしっかり差し込みあごひもをつなぐ

あごひもの調整はちょっと慣れれば簡単です。

ワンタッチバックルに関してはぐっと押し込んで取り外すので、小学1年生の息子にはちょっと力が必要でした。ただ、数回やってコツが分かったらしくすぐ慣れました。

ヘルメットサイズの測り方

通販で購入するときに注意したいのがサイズ選び。

子どものヘルメットなので、これからの成長も見越してちょっと大き目を選びました。

ヘルメットサイズの測り方
ヘルメットサイズを測る時は、頭の外周で一番大きい部分を測ります。

測る位置は、眉の上、丁度おでこの一番高い位置です。おでこの位置から水平に後ろに回した位置が、後頭部の一番高い位置になります。

頭の形状は千差万別なのでサイズ表記はあくまで目安と捉えてください。

まとめ キズパワーパッドも常備

Amazonで注文したら翌日には届きました。

届いてからすぐにかぶって外で自転車を乗り回してます。初日は帰ってきてからもずーっと部屋の中でもかぶってたので、相当気に入った様子でした。

あごひも(ベルト)の調整がちょっと面倒でしたが、質感や作りはさすがブリジストンだなといった感じで、安心感があります

子どもも気に入ったみたいで大満足。

ちなみに近所のホームセンターでも同じものが売ってましたが、千円ほど高く販売されてました。やっぱAmazon安いです。

早速こけて肘に傷ができてたのでキズパワーパッドをつけてあげました。

自転車に乗りたてほやほやの時はプロテクターをつけてましたが、最近ではつけたがらないんですよね。周りにもつけてる子いないし。

キズパワーパットだと治りも早いしつけたままお風呂に入っても痛くないので、子どもの怪我には不可欠です

いつ怪我するか分からないので、大きめタイプを常備するようにしてます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。