エアコンくさい!!自分でやれば1,300円!
においとカビがひどいエアコンを掃除してみた結果…。→ 詳しくはこちら

ファイルを開くデフォルトアプリケーションを変更する方法 同じ種類の書類はこれで開け!

ファイルを開くデフォルトアプリケーションを変更する方法

同じ種類のファイルに割り当てられているデフォルトのアプリケーションを変える方法です。

今回は、「.txt」の拡張子であるテキストファイルのデフォルトアプリケーションを変える方法をご紹介。すべてのファイルを変える方法と、1つのファイルだけ変える方法の2通りあります。

スポンサーリンク

OS X でテキストファイルに最初に割り当てられているアプリケーション「テキストエディット.app」をMacの定番テキストエディタの一つ「CotEditor.app」に変更してみました。

すべてのファイルを変えるには「情報を見る」から

Mac内にあるすべてのテキストファイルで、デフォルトアプリケーションを変える場合、まずは変更したいファイルを右クリック(または controlキー + クリック)。

情報を見る

情報を見るをクリック。


このアプリケーションで開くをクリック

情報ウィンドウの下にある「このアプリケーションで開く」を見てみると、現在は「テキストエディット.app」に割り当てられているのがわかります。ここをクリックして...


別のアプリケーションを選択

ブルダウンの中からアプリケーションを選択します。今回はプルダウンの中にCotEditorがなかったので、一番下の「その他...」をクリックし「CotEditor.app」を選択しました。


すべてを変更...をクリック

「このアプリケーションで開く」が「CotEditor.app」に変わりました。あとは、「すべてを変更...」をクリックすると...


すべての書類を変更する

最終確認のウィンドウが出てくるので「続ける」をクリックすれば完了です。すべてのテキストファイル(拡張子が.txt)をCotEditorで開くことができるようになりました。

1つのファイルだけ変えるなら「このアプリケーションで開く」でもOK

同じ種類のファイルすべてではなく、1つのファイルだけ開くアプリケーションを変更したい場合は、変更したいファイルを右クリックして...

このアプリケーションで開く

「このアプリケーションで開く」からアプリを選択すればOKです。

まとめ、というか感想

CotEditorをメインのテキストエディタとして使うまでは、その都度DockにあるCotEditorアイコンにテキストファイルをドラッグ&ドロップで持ってきて開いてました。正直めんどくさかった。

メインを切り替えた今は、テキストファイルを開けばCotEditorで開いてくれるようになったのでかなり便利になりました。書類を開くメインのアプリを切り替えたいときのために、に覚えておくと便利ですよ。

今回はテキストファイルを変更しましたが、その他の種類のファイルもやり方は同じです。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!