聴き放題 4か月無料!
9,000万曲以上がHDで聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1ヶ月が4か月無料に!10/13まで

開発元不明のアプリが開けない時は環境設定を変更 個別で許可も可能

開発元が不明のアプリを開こうとするとエラーが表示される

「○○は、開発元が未確認のため開けません。」

先日紹介したSafariの機能拡張「Glims」。アプリケーションをダウンロード後、インストールしようとしたところ、上記のようなエラー画面が表示され...

あれ?開けない...

PR【期間限定】Amazon Music Unlimitedが今だけ4か月無料! 9,000万曲が追加料金なしでHDで聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月が4か月無料に!2022/10/13まで
スポンサーリンク

これは、Mountain Lion以降の「環境設定」、「セキュリティとプライバシー」を変更することで解決することができます。

OS Xではあやしい開発元のアプリケーションを大切なマシンにインストールできないように、ダウンロードしたアプリケーションの実行を許可する設定が追加されています。


環境設定でダウンロードしたアプリの実行許可を変更する

「環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「一般」の、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を、「Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」から「すべてのアプリケーションを許可」に変更すればOK。


ただし...

Glimsの場合は便利な機能拡張で不具合も出ていないようなので、信頼できる開発元だと判断しインストールしたわけですが、世の中にはあやしい開発元ももちろんあるわけです。

「すべてのアプリケーションを許可」に設定し、あやしいアプリをなんの警告もなくインストールするのは、セキュリティが低下しちょっと心配...。


かといって...

「Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」に設定しておいて、App Storeと確認済みの開発元のアプリケーション以外をインストールする度に環境設定を変更するのは面倒。


そんな時は...

Controlキーを押したままアプリケーションアイコンをクリックして「開く」を選択すれば、個別に許可することができます。

かゆいところに手が届くような細かい設定ができるOS Xでした。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!