聴き放題 4か月無料!
1億曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月無料→3か月無料に!1/11まで
読み放題 3か月99円!
200万冊以上が読み放題のKindle Unlimitedが期間限定で3か月2,940円→99円!12/1まで

プロコン壊れたら新品買う?修理する?どっち?

Nintendo Switch Proコントローラー
Nintendo Switch Proコントローラー

新品は定価で買えないから、修理した方が安い

プロコンの価格、上がりましたね。

2017年に1台目を購入したときは、定価は税別6,980円(消費税8%を含むと7,538円)でしたが、2022年になると10%の税込で7,678円です。

あれ?定価はほとんど上がってない。

じゃ、何が上がったのかというと、Amazonなどに出品されている取扱店の価格がドーンと値上がりしてます。

半導体不足や世界情勢などの影響から2022年4月ぐらいからAmazonが販売するものがなくなり、転売屋さんが売るものしか買えなくなってました。

そのせいで値上がりして、1万円近い価格で販売されてます。いわゆる転売屋価格ってやつですね。

ちょっと前からAmazonでは転売防止策なのか、Amazonが発送・販売するものは招待リクエスト制になり定価で買えるようになりました。

ただ、確実に購入できるわけではないので、今すぐ欲しいって場合は高い価格で買うしかありません。

そこで気になるのが、使ってるプロコンが壊れた場合にどうするか?です。

PR【今年最後の超大セール】Amazonブラックフライデーセール開催中! 人気商品は早い者勝ち!セール品はもちろんセール対象外でも期間中合計1万円以上のお買い物を対象に最大11%ポイント還元。11/25 0:00〜12/1 23:59まで
スポンサーリンク

プロコン壊れた!新品と修理、どっちがお得?

Nintendo SwitchのProコントローラーといえば、Lスティックが壊れやすくて有名です。

うちには3台のプロコンがありまして、そのうちの2台がLスティックの調子が悪く、何も操作してないのに上下左右のどこかに動くという現象がたまにあります(3台目はスプラトゥーン3と一緒に買ったので問題なし)。

特に、2017年に購入した1台目は特に動きがひどいので、もう使い物になりません。

プロコン スティックの補正
Lスティックには触れてないのに、勝手にした方向に動きます。


補正しようにも次の工程に進まない
補正しようとしましたが、次の工程に進まないのでどうしようもない状態でした。


2019年に購入した2台目もちょっと調子が悪いので、小学5年生の息子と僕、新品の3台目を取り合うような感じで使ってます。

このままじゃプレイに支障が出てしまうので新品を買おうかなと思ったんですが、転売価格で1万円ぐらいでしか買えない。これは嫌。転売屋さんにお金払いたくない。

なので、任天堂の修理サポートを確認すると、プロコンの修理費用の参考例として、スティックやボタン操作ができないなどの場合は4,290円と書かれてました。

送料は送る時だけが自己負担です。修理が終わったら任天堂さんが送料負担して送ってくれます。

ということは、クロネコヤマトでメンバー割りとか諸々割引対象サービスを利用すれば、60サイズで基本料金1,040円が216円値引きされて824円で送れます

修理料金が4千円として、追加修理がなければ約5千円でノントラブルのプロコンを使えるようになります

定価でプロコンが買えるならプラス2千円ぐらいで新品買おうかなという気も起きますが、1万円でしか買えないような状況であれば、修理した方が断然お得です!

任天堂でプロコン修理してもらった

というわけで、任天堂の修理のご案内ページで修理の申し込みを済ませて、60サイズのダンボールに梱包して発送。

見積もり条件は、5,000円以下は見積もり連絡不要にしました。

発送から6日後に修理依頼品の受付が終わったというメールが届き、その日のうちに修理が終わって発送メールが届きました(修理代金は出荷メールに記載されてます)。

そして、その翌日に自宅に修理品が届きました。かなりスピーディに進みましたね。おそらく受付メールの前には受け取って作業も終わってたんじゃないのかなと。


任天堂から届いた修理品
任天堂から届いた修理品のダンボール。

着払いなので、事前に支払い代金を用意して待ってました。費用は出荷メールに記載されてます。


修理品のダンボールを開封
ダンボール開封。修理明細票とお客様へのご案内が入ってました。


プチプチの袋に入ったプロコン
プチプチの袋に入ったプロコン。


Nintendo Switch Proコントローラー
無事に戻ってきたプロコン。


プロコンの上部 傷が入ってるのはまさに私のプロコンです
プロコンの上部。この傷の入り方はまさに私のプロコンです。


グリップ部分も特に変化なし
グリップの部分も前のまんま。


修理明細票
修理明細票。


修理の通信欄と費用
修理の通信欄には、

「左右アナログスティックが故障し、正常に操作できない状態になっておりました。以下の費用にて交換修理をさせて頂きました。十字キーの動作がおかしいという症状は、再現致しませんでした。」

ということでした。

十字キーもちょっとおかしいなと思ってたんですが、気のせいだったようです。

修理代金はWEB割引があって4,076円でした。発送時の送料も含めると4,900円!!!

んー、安い!!!!

新品が1万円を超えるような状況だと、修理代が約5千円でも安いと感じてしまう。んー、不思議。

というわけで、新品が定価で買えないような状況なら、任天堂の専門スタッフによる修理を依頼した方が安いのでおすすめです。

ちなみに、修理後3ヶ月以内に同一箇所で同一故障が発生した場合は、無償で再修理してくれます。

プロコンが壊れて新品買うか修理するかお悩みの方、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!