聴き放題 4か月無料!
9,000万曲以上がHDで聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1ヶ月が4か月無料に!10/13まで

「EOS R7」「EOS R10」のスペックと発売日&APS-C用RFレンズ2本の噂

  • 2022.5.11
  • by
  • カメラ
EOS R7の噂画像
EOS R7の噂画像

APS-Cセンサーを搭載したRFマウントカメラが近日発表される?

※(2022年5月24日追記)正式発表されました!また、EOS R10と同じエントリー機であるレフ機のKiss X10iの比較記事もアップしました。

EOS R7/R10 正式発表!予約開始日と発売日も決定!R10ボディは128,000円
EOS R10 vs EOS Kiss X10i【ザ・比較】外観とスペックの比較画像と表

追記ここまでーーーーー

ずいぶん前からAPS-Cセンサーを搭載したRFレンズの噂が出てましたが、ここに来てかなり具体的になってきました。

Canon Rumorsに信憑性の高い情報として「EOS R7」と「EOS R10」のスペックと発売日に関する情報が掲載されてます。

APS-CのセンサーだとRFレンズを1.6倍の焦点距離で使えるようになるので、かなり興味あります。

PR【期間限定】Amazon Music Unlimitedが今だけ4か月無料! 9,000万曲が追加料金なしでHDで聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月が4か月無料に!2022/10/13まで
スポンサーリンク

EOS R7のスペックと発売日

ネタ元はこちら。

Canon EOS R7 specifications [CR3]

APS-Cセンサー用の最初のRFマウントカメラである「EOS R7」のいくつかの仕様がようやく確認されました。

● キヤノンEOS R7のスペック
  • 32.5mp APS-CデュアルピクセルCMOS AF
  • 15コマ/秒(メカシャッター)、30コマ/秒(電子シャッター)
  • 2 x UHS-II対応
  • 4K @ 60/50fps(NTSC/PAL)対応
  • 1080p @ 120/100fps(NTSC/PAL)対応
  • C-Log 3/HDR PQ
  • ボディ内IS
  • 2022年6月~7月発表予定

スペックを見ると、ハイエンドレベルのRFマウントカメラっぽいですね。

EOS R10のスペックと発売日

ネタ元はこちら。

Here are a few Canon EOS R10 specifications [CR3]

キヤノンEOS R10は、APS-Cイメージセンサーを搭載したエントリーレベルのRFマウントカメラ。

このカメラは、先日キヤノンが生産を終了したCanon EOS M5 & Canon EOS M6 Mark IIの後継機となる可能性が高い。

● キヤノンEOS R10のスペック
  • 24.2mp
  • 15コマ/秒(メカシャッター)、23コマ/秒(電子シャッター)
  • 1 x UHS-II
  • HDR PQ

これから発表が噂されている2022年5月24日までの間に、さまざまな情報が相次いで発表されると予想されます。

APS-C用RFレンズ2本の噂

5ちゃんねる掲示板にて、上記R7とR10の情報に加えて、APS-C用RFレンズ2本がキヤノンの新製品リストに追加されたと報じてます。

追加されたのはこちら。

  • EOS R7ボディ
  • EOS R7 18-150mmキット
  • EOS R10ボディ
  • EOS R10 18-45mmキット
  • EOS R10 18-150mmキット
  • RF-S 18-45mm IS
  • RF-S 18-150mm IS

18-45mm、18-150mm、共にこの焦点距離からフルサイズ用ではなさそうですね。

動画機能が充実してたら買うかも♪

冒頭で書いたように、RFレンズを1.6倍の焦点距離で撮影できるので、スポーツ撮影などの望遠レンズ使用時にはかなり重宝しそうです。

あとは動画機能ですね。

現状、EOS R3とR5をメインカメラとサブカメラとして写真と動画撮影で使ってまして、動画のサブカメラとしてBMPCC4Kを使ってます。

BMPCC4Kにはメタボーンズのアダプターを使ってEFレンズメインで使ってます。

APS-C用のEFマウントレンズも複数持ってるので、もし動画機能が充実してたらBMPCC4Kを売って買い換えるかもしれません。熱停止しなくて30分制限が無くなってたら即予約しそうです。

これから数週間が楽しみになってきましたよ!

買う前にサブスクで試す

今回紹介したアイテムが気になった方で…

  • レンズやカメラが欲しいけど、買う前にまずは実際に使って納得して購入したい
  • 今週末撮影があるから買わずにレンタルで済ませたい
  • いろんな機材をとにかく試してみたい

そんな人におすすめなのが、カメラのサブスクリプションサービスです。

レンタルとサブスクの違いは、レンタルは機材を借りる毎に期間と料金が決まってますが、サブスクは月額料金を支払うことで何度でも交換して使い放題できるんです。(配送に日数がかかったり、梱包料金など別途料金が発生することもありますので、無制限で借り放題できるわけではありません。)

有名なサブスクサービスとしては、

の2つが有名で、用意されてるカメラやレンズなどの種類も豊富です。

それぞれ機材の価格に応じてサブスクの月額料金が異なります。CAMERA RENTの方が価格は低めですが、機材の種類はGooPassの方が数が多いです。

まずは、ご自分が使いたい機種があるかどうかチェックしてみてください。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!