EOS R5の8K 30pに対応したHDMIケーブルはこれだ!タイプD→A変換で安心運営

EOS R5とHDMIメス Micro HDMI オス変換

当サイトのリンクには一部プロモーションを含みますが、一切その影響は受けず、公正・中立な立場で制作しております。

R5のHDMIケーブル抜き差しの不安が解消しました

EOS R5Ninja V+で動画撮影する際に不満だったのが、マイクロHDMI(タイプD)ケーブル。
接続端子が小さすぎていつ外れるのか心配しながら撮影しなきゃいけないし、マイクロHDMI(タイプD)→フルHDMI(タイプA)ケーブルの価格が高いし種類が少ない。

ちなみに最初に買ったケーブルはATOMOSのHDMI Micro to Full 40cmのケーブル。ちゃんとEOS R5の8K 30p(29.97fps)と4K 60p(59.94fps)にも対応してますが、価格が1万円もします。

長さが40cmしかないので、8K対応の2mとか長いケーブルが欲しい場合は選択肢がありません。4K 60PまでであればAmazonオリジナルのケーブルでも使えました。

せっかく8Kまで撮影できるので、これをどうにか解決するためにいろんなケーブルを試してみました。

その結果、最終的に行き着いたのがフルHDMIメス→MicroHDMIオス変換ケーブルを使う方法でした。

8K対応のマイクロHDMI変換ケーブル

マイクロHDMIの変換ケーブルとフルケーブル
左が『Cable Matters Micro HDMI HDMI 変換アダプター』で右が『エレコムHDMIケーブル DH-HDP14SS18BK』。

Cable MattersのタイプDオス→タイプAメスの変換ケーブルは、正直、知らないメーカーだったので半信半疑で買ったもの。
一方のエレコムの方は知ってるメーカーだったので安心して買ってみました。

結論から言うと、エレコムは4K60P対応と書かれてましたが、EOS R5とNinja V+では4K 30Pまでしか対応してませんでした。
Cable Mattersの方は、EOS R5で録画できる8K 30P(29.97fps)までバッチリ表示できました!このケーブルすごいです!
もうこれがあれば、種類が少ないマイクロHDMIケーブルを使わずに、豊富に用意されてるタイプAのHDMIケーブルを使いまくれます。

Cable Matters マイクロHDMI変換ケーブル
Cable Matters マイクロHDMI変換ケーブル。2本セットで約1,200円ほどなのでかなりお買い得です(最新の価格はこちら)。
8K対応のHDMIケーブルは…

ホーリック ウルトラハイスピードHDMIケーブル
ホーリック ウルトラハイスピードHDMIケーブルHDM20-610GD』がすごく使いやすいです。2mで価格も2千円ちょっととかなりお求めやすい。

8K/60p、4K/120p対応。48Gbpsの高速伝送で超高画質映像を対応機器で楽しめます。

ケーブルの質も良い
ケーブル自体の質もかなり上質。ケーブルが針金のように形がつくこともなく、綺麗にケーブルをまとめておくことができます。

R5にはSmallRigのケージをつけて、HDMIクランプでマイクロHDMIが抜けないようにガッチリ固定してます。
なので、タイプAのHDMIケーブルの抜き差しがとても簡単&R5の方は抜ける心配がないので、R5のHDMIケーブル抜き差しの不安が解消しました!!

この結論に至るまで、何本のHDMIケーブルを無駄にしてきたことか…。
最近ではEOS R5以外にも8Kが録画できるカメラがどんどん増えてきてるので、8K対応ケーブルをお探しの方の参考になれば幸い。

Cable MattersのタイプDオス→タイプAメスの変換ケーブルは、マイクロHDMI端子を搭載しているEOS R/R6/R5/R3などをお持ちの方にもかなりおすすめです。

PR:カメラのキタムラ お世話になってます

カメラユーザーで知らない人はいないショップが「マップカメラ」と「カメラのキタムラ ネットショップ」。カメラやレンズで欲しいものがあった場合に必ずチェックするお店です。

両方とも価格や品揃えがしっかりしてるのでよく利用するんですが、中古品で手元でチェックしたい商品の場合に特に利用してるのがキタムラです。マップカメラの場合は自宅に送られてきてそこでチェックして不具合があった場合は連絡して返送してとちょっと面倒なんですが、キタムラの場合は自宅配送か店舗配送を選べるので、店舗配送の場合はお店でチェックして不具合があれば購入しないという判断もできるんです。

20年以上前のキヤノンのサンニッパ1型を買った時も店舗受け取りでその場でチェックして購入しました。マップカメラ、キタムラ、ともに中古品の整備はしっかりしてくれてますが万が一ということがあるので、中古品は手元でチェックして買いたい!という方にはキタムラがおすすめです。

PR:買う前にサブスクで試す

今回紹介したアイテムが気になった方で…

  • レンズやカメラが欲しいけど、買う前にまずは実際に使って納得して購入したい
  • 今週末撮影があるから買わずにレンタルで済ませたい
  • いろんな機材をとにかく試してみたい

そんな人におすすめなのが、カメラのサブスクリプションサービスです。

レンタルとサブスクの違いは、レンタルは機材を借りる毎に期間と料金が決まってますが、サブスクは月額料金を支払うことで何度でも交換して使い放題。(配送に日数がかかったり、梱包料金など別途料金が発生することもありますので、無制限で借り放題できるわけではありません。)

有名なサブスクサービスとしては、

の2つが有名で、用意されてるカメラやレンズなどの種類も豊富です。それぞれ機材の価格に応じてサブスクの月額料金が異なります。CAMERA RENTの方が価格は低めですが、機材の種類はGooPassの方が数が多いです。

まずは、ご自分が使いたい機種があるかどうかチェックしてみてください。

コメントを残す