充電速度が5W→7.5W!MagSafeバッテリーパックのアップデート方法

当サイトのリンクには一部プロモーションを含みますが、一切その影響は受けず、公正・中立な立場で制作しております。

MagSafeバッテリーパック
MagSafeバッテリーパックがパワーアップ

MagSafeバッテリーパックの充電速度が改善
アメリカ時間の2022年4月20日に、Appleから「MagSafeバッテリーパック」の充電速度を改善するファームウェアがリリースされてます。
このアップデートにより、「MagSafeバッテリーパック」だけでワイヤレス充電する際の速度が5W→7.5Wに向上します。
というわけで、早速ファームウェアアップデートをやってみました。

ファームウェアアップデート方法

Apple公式サイトによると、最新のファームウェアにアップデートする方法は、バッテリーパックをiPhoneに装着すると自動的に開始されるとあります。
ただ、それに要する時間が1週間ほどかかると書かれてます。
または、すぐにアップデートしたい場合は、最新のOSが搭載されたMacとiPhoneをLightning-USBケーブルで接続すれば5分ほどで完了すればOK。
MacとiPhoneをケーブルで接続すると…
MagSafeバッテリーパックのバージョン
Macの「システムレポート」→「USB」にある「MagSafe Battery Pack」のバージョンが、「25.0b」→「27.0b」に自動的にアップデートされました。
念の為、iPhoneにバッテリーパックをくっつけて、iPhoneの「設定」→「一般」→「バージョン情報」→「MagSafe Battery Pack」をチェックします。
iPhoneのMagSafeバッテリーパックのバージョンチェック
バッテリーパックのファームウェアバージョンが「2.7.b.0」になってました。
これでファームウェアアップデートは完了です。

やっと普通の速さになったMagSafeバッテリーパック

意外と重宝してるバッテリーパック
購入当初はちょっと失敗したかなと思ってたMagSafeバッテリーパック。
実際に9ヶ月ほど使ってますが、iPhoneが91%以上は充電されないのでバッテリーへの負担も少ないし、何せMagSafe iRingをさっと外してくっ付けるだけでケーブルレスで充電できるのが何気に便利です。
唯一遅いなーと思ってた5Wの充電速度がようやく普通の7.5Wになったので、充電スピードも速くなりデメリットがなくなってきました。
ちゃんと7.5Wで充電できるようになったのかどうかはこちらの動画をどうぞ。かなり詳しくレビューされてます。
▼ Did Apple just FIX the MagSafe Battery Pack? (RESULTS)

同じような製品にAnkerのものがあります。
Apple純正品じゃないので価格もグッと安くなってるので、個人的にはAnkerのでも良いのかなーとは思いますが、僕が使ってるiPhone 12 miniだとサイズが大きくて本体からはみ出してしまいます。
miniユーザーにはAppleのバッテリーパックがおすすめです。

コメントを残す