聴き放題 4か月無料!
1億曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月無料→3か月無料に!1/11まで

接触不良?Thunderboltケーブルに触れるだけで接続解除される時の解決方法はこれ!

Thunderboltケーブルに触れるだけで接続解除される時の改善方法はこれ!
OWC ClingOn Thunderbolt3/USBCケーブル抜け防止アイテム

接触不良?接続が甘い?ケーブルに触れただけでマウント解除される外付けHDDをどうにかしたい

うちのiMac Proには、データ保存用として高速の外付けHDD「Pegasus3 R4」を接続してます。

書き込み速度が1200〜1300MB/s、読み込み速度が500MB/sとなかなか高速なので、動画編集時も快適に作業ができて気に入ってます。

ただ、これはケーブルが原因ですが、別の配線を抜き差しするためにiMac Proの背面に手を伸ばした時に、Pegasusに接続したケーブルにちょっと触れただけでストレージのマウントが解除されることがよく起きるんです。

いわゆる「ディスクの不正な取り出し」というやつです。

接続が甘いのか、接続不良が起きてるようです。

パッとみた感じでは、そんなに根本がグラグラしてる感じもないんですが、接続が不安定なのは間違いありません。

このままだといつデータが消えてもおかしくない状況だったので、対策することにしました。

PR【ポイント最大44倍】楽天スーパーSALE開催中! ショップ買いまわりと各ショップ個別設定&SPUでポイント最大44倍!12/4 20:00〜12/11 01:59まで
スポンサーリンク

解決方法はケーブル抜け防止スタビライザー

OWC ClingOn (OWC クリンゴン)Thunderbolt 3 / USB Type-C コネクタ用 ケーブル抜け防止スタビライザー
OWC ClingOn Thunderbolt3/USB-C ケーブル抜け防止スタビライザー

用意したのは『OWC ClingOn (OWC クリンゴン)Thunderbolt 3 / USB Type-C コネクタ用 ケーブル抜け防止スタビライザー (2個パック)』。

Thunderboltの端子を増やすためにOWC Thunderbolt 4のハブを使ってるのでこれ買いましたが、特にこのハブ専用というわけではありません。


2個入り
同梱物はスタビライザー2つとネジ2本
2個入りで2千円ちょっと。1個当たり1,000円ほどとちょっと価格は高め。

5個パック10個パックもあります。数が増えるほど単価は安くなります。

スタビライザー本体が2つとネジが2本付属してます。

Thunderbolt 3や4のケーブル、USB Type-Cケーブルの先に装着して、ケーブルが予期せず抜けたり、接続が不安定だったりするのを防止するスタビライザーです。

接続不良解消!接続解除されることがなくなった!

Thunderbolt 3 ケーブルの接続端子
Thunderbolt 3 ケーブルの接続端子

これがPegasus3 R4で使ってるThunderbolt3のケーブル。


Thunderbolt 3 ケーブルに抜け防止スタビライザーを装着
Thunderbolt 3 ケーブルに抜け防止スタビライザーを装着

これにスタビライザーを装着するとこんな感じになります。


Thunderbolt 3 ケーブルに抜け防止スタビライザーを装着
Thunderbolt 3 ケーブルにジャストフィット

スタビライザーの穴のサイズは…

  • 入口側:横12mm × 縦7mm
  • 出口側:横12mm × 縦6.5mm

入口よりも出口の方が若干縦が狭くなってるので抜けにくい仕様になってます。


3Mのテープで接着することも可能
3Mのテープで接着することも可能

穴の出口側には3Mのテープが付いてます。差し込み口にくっつけておくことも可能です。


OWCのハブにスタビライザーを装着
OWCのハブにスタビライザーを装着
テープで装着するとこんな感じです。なかなか接着力は強いですが、ケーブルを抜く際にスタビライザーを抑えて抜かないと外れることがあります。

OWCのハブはネジ穴があるのでネジ止めも可能

OWC製品なのでOWCハブにあるネジ穴も使えます。これならよりしっかりとケーブルを接続することができます。


Thunderboltケーブルに触れるだけで接続解除される時の改善方法はこれ!
Thunderbolt 3の接続安定性が向上

これ付けてからは、ケーブルに触れても外付けHDDのマウントが解除されることがなくなりました!

装着してる状態でケーブルを左右に動かしてみましたが、動くこともなくしっかり接続できてますね。今まではほんのかすかにグラグラしてたんでしょうね。

今まではかなりビクビクしながらPegasusのケーブルには触れないようにしてましたが、もう安心してケーブルに触れます。

iMac Proの背面って結構ホコリが溜まるので、日々の掃除もはかどりそうです。

今回はThunderbolt3ケーブルで使いましたが、Thunderbolt4やUSB Type-Cのケーブルでも使えます。

ケーブルの接続安定性を向上させたい方は是非お試しください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!