期間限定 3ヶ月無料!
7,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で3か月無料!ハイレゾ音源も追加料金なしで楽しめる!1月10日まで

Keychron Q1 みんなに激しくオススメしたい低価格の本格カスタムキーボード!

Keychron Q1 みんなに激しくオススメしたい低価格の本格カスタムキーボード!

HHKBにはもう戻れないかも…

届きました〜!Keychron Q1。

予約開始の8月24日に注文して、9月25日に届きました。

Keychronのキーボードは65%のK6を持ってまして、2021年6月にHHKBからメカニカルキーボードに移行しますというブログ記事を書いてから色々カスタムして使ってました。

それから4ヶ月が経過しまして、カスタムキーボードもいくつか購入して試してますが、いまいちまだ完璧に気に入ったものには出会えてません。

そんな時にKeychron Q1がリリースされるぞ!というニュースが飛び込んできまして、予約開始日の8月24日に注文したというわけです。

スポンサーリンク

Keychron Q1とは?

Keychron Q1 パッケージ
Keychron Q1のパッケージ。

Keychron Q1はどんなキーボードかというと…

  • Keychron初のフルカスタマイズ可能な75%メカニカルキーボード
  • ガスケットマウントでより柔軟な感触のタイピングに!
  • アルミニウムボディ
  • macOS&Windowsサポート
  • QMK/VIAサポート(2つのキーマップ書き換えツールに対応)
  • ねじ込み式のスタビライザーで安定性向上
  • ホットスワップ(キースイッチを簡単に交換できる)

メカニカルキーボードの世界に足を踏み入れてまだ4ヶ月ほどしか経過してませんが、このスペックで価格が179ドル(早割で169ドル)というのはかなり衝撃的な安さです。

これぐらいのスペックなら300ドルぐらいで販売されてもおかしくないレベル。

キースイッチとキートップも付属してるので、届いたその日からすぐに使い始めることが可能です。

まだ実際に使いはじめて10日も経ってませんが、結論から言うとかなり気に入ったのでもう1台早割されてるうちに買おうかなと本気で考えてます。

あと、同じ価格でFnキーの最上段が無くなったQ2(65%)もプリラウンチされてるので、そっちは間違いなく買います。

動画レビュー

YouTubeにファーストインプレッションをまとめたレビュー動画を公開してます。

気になる方はまずこちらからご覧ください。

▼ Keychron Q1 169ドルでこのクオリティはすごい!Macで接続&VIAでキーマップ変更も簡単。カスタムキーボードはじめたい方に超おすすめ

Keychron Q1 ファーストインプレッション

Keychron Q1 パッケージの中身
パッケージの中身。箱全体がずっしりと重いです。


コイルケーブルも付属
コイルケーブルも付属してます。が、ちょっと形が崩れてました。せっかくのコイルケーブルなので、もうちょっと梱包に気を使って欲しかった。


Keychron K6との比較
Keychron K6との比較。人生で初めて使った65%がK6だったんですが、今までHHKBや60%のキーボードを使っててBackspaceとEnterキーの右側にはキーが何もないのが普通でした。

なので、K6ではBackspaceやEnterキーを押したつもりが一番右のキーを押してしまうという、押し間違いが頻発。


今回のQ1は75%ではありますが…

BackspaceとEnterキーの右側に隙間がある
BackspaceとEnterキーの右側に隙間がある。これなら押し間違いもないだろうと思って購入してみました。

結果的にはこれが大当たり。この隙間のおかげで押し間違えはほとんどありません。


キースイッチはGateron Phantom Brown
キースイッチはGateron Phantom Brown。ホットスワップなので付属のキースイッチ引き抜き工具で簡単に取り外すことができます。


Gateron Phantom Brown
タクタイル感はちょっと少なめ。ルブ済みでした。


スイッチを切り替えればMacとWindowsで使えます
スイッチを切り替えればMacとWindowsで使えます。

内蔵バッテリーやBluetoothはありません。USB-Cケーブルを繋いで使います。ちなみに、iPad Proにも接続して外部キーボードとして普通に使えました。


ちゃんとLEDが光ります
ちゃんとLEDが光ります。光量やパターン、色も好きなものを選んで自分好みに調整することができます。


Macでもファンクションキーが普通に機能する
Macに接続して使ってますが、ファンクションキーが普通に機能します。


キーマップの変更はVIAで行う
キーマップの変更はVIAをMacにインストールすれば簡単にカスタムすることができます。

タイピング音は反響音がちょっと気になる

タイピング音はちょっと反響音が気になる
肝心の打鍵感は、アルミニウムケースなのでかなりしっかりしてます。

さらにガスケットマウントなので、トレイマウントのアルミケースよりも打鍵感が柔らかい感じがしてかなり好印象です。

ただ、アルミケースへの反響音がちょっとだけ気になる感じでした。

これに関しては、内部に制振マットを敷いたり、テープを貼り付けたりして反響音を消すことができました。

この方法についてはこちらに詳しくまとめてます。

Keychron Q1 アルミケースの金属音(反響音)を消すためにやった3つのこと

冒頭でも書きましたが、かなり大満足のカスタムキーボードを手に入れることができました。大満足といっても良いぐらいのクオリティです。

価格は安いし、重厚感はあるし、タイピング音も気持ち良いし、これで169ドルというのは信じられないレベル。

初めての本格的なカスタムキーボードを探してるなら超絶オススメできるキーボードです。

一緒にキーボード沼に足を踏み入れましょう!

送料と遠隔地手数料について

動画の中でもしゃべってますが、うちの住所の場合、KeychronのWebサイトで購入した時だけDHLから遠隔地手数料が請求されました。

アメリカとか中国の海外通販でDHLやFedexなどで何度も送ってもらったことありますが、遠隔地手数料を請求されたことは一度もありません。送料は高くても30ドルぐらいで送ってもらえてました。

それが何故かKeychronで購入すると遠隔地手数料を別途請求されるんです。色々調べましたが原因は不明。おそらくKeychronとDHLでの契約内容がそうなってるんだと思います。

前回購入したKeychron K6の時は、通常の送料20ドルに加えて遠隔地手数料が30ドル必要でした。

で、今回のQ1では通常の送料が20ドルから25ドルに高くなってまして、さらに追加で遠隔地手数料として31ドルが必要だというメールがKeychronから届きました。

K6の時は合計50ドル、今度のQ1は送料だけで56ドル必要になります。

さすがに送料としてはちょっと高すぎると感じたので、今回はサポートの方にメールして他の配送業者はないか聞いてみました。

すると、Yunexpressだと追加6ドルで送れるという返信が!

というわけで、今回はYunExpressでお願いしました。

YunExpressの場合だと、到着まで15〜20日かかるとのことでしたが、実際には10日で届きました。

遠隔地手数料のメールが届いた方はぜひ問い合わせてみてください。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!