今だけ1,960円→99円
kindleunlimited読み放題が今だけ3か月間99円!ブラックフライデー&サイバーマンデー価格です。→ 詳しくはこちら 12/1まで

2万円台で買えるRFマウントの撒き餌レンズが登場!70-200mm F4も出た〜♪

50mm!やっとRFマウントの撒き餌レンズが登場!70-200mm F4も出た〜♪

RF50mm F1.8はEOS R5/R6 だと最大7段分の手振れ補正!

ようやく出ました!RFマウントの撒き餌レンズ!

撒き餌レンズとは、ちょっと見た目は安っぽいけど、そこそこ性能が良いレンズのこと。

魚釣りで魚を引き寄せるために使う撒き餌に例えて、ある程度品質が良いレンズを安い価格で販売して、それきっかけでレンズ沼に引きずり込もうという魂胆の製品です(笑)。

今までのEFマウントの撒き餌レンズといえば、『EF50mm F1.8 STM』ですね。約1万5千円前後で買えちゃいます。

僕も持ってますが、軽くて写りも良いのでお散歩カメラにはちょうど良いですね。

RFマウントレンズはまだ数が少なくて、一番安いモデルでも『RF35mm F1.8 マクロ IS STM』で約7万円前後と結構なお値段でした。

そんな中、2020年11月4日にようやく2万円台で買えるRFマウントの撒き餌レンズが登場したというわけです。

上記EF50mmのRFマウント版RF50mm F1.8 STM』です。

この日は、さらに超コンパクトなRF70-200mm F4の望遠レンズも発表されましたよ。

PR【今だけ1,960円→99円】kindle unlimited読み放題がブラックフライデー&サイバーマンデー価格で今だけ3か月間99円!Amazonの電子書籍kindle本を読み放題で楽しめるkindle unlimitedが期間限定で99円!いつでもキャンセル可能。→ 登録はこちら 12/1まで
スポンサーリンク

RF50mm F1.8 STMの特徴

RF50mm F1.8 STMの特徴
これがRF50mm F1.8 STMですね。すでに発売されてるRF35mm F1.8 マクロと似たようなデザインです。

これまでRFマウントの50mmといえば、約30万円ほどと高額すぎるRF50mm F1.2L USMしかなかったので、待ってた人も多いはず。

RF50mm F1.8 STMの主な特徴はこちら。

  • EF50mm F1.8 STM(2015年発売モデル)と同等のサイズ感でRFマウント化された標準単焦点レンズ
  • ミラーレスカメラの機動力や携帯性を損なわず、街撮りや日常スナップに最適
  • STM(ステッピングモーター)なので動画サーボAF時もAF音が静か
  • コーティングの適正化などでゴーストを低減
  • レンズ構成は5群6枚
  • 新たにPMo非球面レンズを1枚採用し、画像周辺部まで高画質を実現
  • レンズ先端のリングはコントロールリングとフォーカス操作を切り替えて使う
  • 最短撮影距離は0.3m
  • 最大撮影倍率は0.25倍
  • フィルター径は43mm
  • 最大径は約69.2mm
  • 全長は約40.5mm
  • 重さは約160g
  • 2020年12月下旬発売

良いですね〜。軽くてボケるし、動画でも使える。

さらには、EOS R5/R6のボディー内手ブレ補正機構に対応し、CIPA規格7.0段の手ブレ補正効果が得られるので、夜景や室内などの暗いシーンでもISO感度を上げ過ぎることなく手持ちでキレイに撮影できます。

これ、買います。

RF70-200mm F4 L IS USMの特徴

RF70-200mm F4 L IS USMの特徴

続けて、これまた人気の焦点距離で大人気になること間違いなしのレンズ『RF70-200mm F4 L IS USM』です。

こちらも同じ焦点距離のF2.8 Lモデル(大三元レンズですね)がすでに発売されてますが、こちらも約30万円と高すぎ。

なので、このF4 Lの小三元モデルはかなり売れるはず。

主な特徴はこちら。

  • コンパクトでフットワーク良く快適に使える望遠ズームレンズ
  • ズーム操作により全長が変化するタイプ
  • 70-200mm F4の交換レンズとしては世界最短最軽量
  • サイズは「RF24-105mm F4 L IS USM」とほぼ同じ
  • 手振れ補正は最大5段分
  • EOS R5/R6との組み合わせで最大7.5段分に!
  • 静かで滑らかなAFとフォーカスブリージングの抑制により動画撮影にも配慮されている
  • レンズ構成は11群16枚
  • 防塵防滴構造
  • 最短撮影距離は0.6m
  • 最大撮影倍率は0.28倍
  • フィルター径は77mm
  • 最大径は約83.5mm
  • 全長は約119mm
  • 重さは約695g
  • 2020年12月下旬発売

なかなか良さそうなので、今持ってるEF70-200mm F2.8L IS II USMから買い替えを考えてます。

一点、残念だったのがエクステンダーに未対応だったこと。

おそらく1.6倍クロップで対応しろってことでしょうが、僕が持ってるR6だと約2000万画素(5472×3648)が1.6倍クロップで撮影すると約770万(3408×2272)になっちゃうので、ちょっと物足りないんですよね。

なので、R5を持ってるなら即買いだったんですが、こっちはちょっと様子見するつもりです。

ただ、350mlの缶と同じくらいのサイズなので、このコンパクトさにはかなり惹かれてます。

ん〜、どうしようか、かなり迷う。

ちょっとずつですが、RFレンズの種類が増えてくるのはワクワクです。

皆さんはどっち買いますか?

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。