【本日最終日!最大7.5%還元】Amazon タイムセール祭り開催中!
セール対象外の商品でも合計1万円以上のお買い物で最大7.5%ポイント還元!この機会にまとめてどうぞ。9/21 23:59まで

VR動画の衝撃!顔を動かし好きな目線で楽しめる『Oculus Go』はもう手放せない必需品

視点が客観から主観に変わるVR動画の衝撃!Oculus Go のすすめ

まるで目の前にいるかのように感じるVR動画に衝撃を受けた話

まだVR動画(大人な動画も含め)を体験したことがない方へ。

結論から申し上げますと、Oculus Goはもう手放せなくなりました。

ただ、VR(仮想現実)とはいえ、まだまだ映像が現実と比べるとクリアさは足りないので、今回はOculus Goを買いましたが、その後継機で高解像度のものが出たら即買い替えたいぐらい気に入りました。

VR動画、マジすごいです。

きっかけは、ある動画サイト(大人向けのものも含む)でよく見かける『VR動画』というカテゴリ。(ブログでは色々と制限があるのでサイト名は伏せます)

ふと気になって詳しく観てみたらレビューがすごいことになってる(賞賛の嵐)。

というわけで、いてもたってもいられなくなったので、ちょうど2019年1月から約4千円ほど値下げされたVRゴーグル『Oculus Go (オキュラスゴー)』を買ってみました。

PR【本日最終日!最大7.5%ポイント還元】63時間限定の大セール Amazonタイムセール祭り開催中!セール対象外の商品でも期間中合計1万円以上のお買い物で最大7.5%ポイント還元!買いたかったものをまとめてどうぞ。9/21 23:59まで
スポンサーリンク

Oculus Goとは?

VR元年と言われた2016年。

ブログを運営しているので本来ならアーリーアダプターとして率先して導入すべきですが、なかなか購入には至らず。

  • まだまだ価格が高い
  • ハイスペックなPCが必要
  • VRゴールグ自体がすごくゴツくて大袈裟すぎる

という理由で敬遠してましたが、あれから4年経過し入手しやすい状況になってきました。

それが2017年秋にFaceBookから販売された「Oculus Go」。

スマートフォンもPCも不要でVR体験が可能。しかも、ゴーグル自体もすごくコンパクト、ということで大きな話題になりました。

発売から2年ほど経過し、32GB版・64GBともに約4千円ほど値下げされました。

32GBモデルは税込21,230円64GBモデルは28,270円で購入可能です。

頭の動きには追従しますが、VR空間内を自由に歩き回るなんてことはできません。上位機種のOculus Questなら可能ですが、安い64GB版でも5万円を超えるので初めて買うにはちょっと高すぎ。

というわけで、まずはOculus Goを買うことにしました。

ちなみに、iPhoneをダンボールに嵌め込んで使う安いVRゴーグルも販売されてます。

ただ、より没入感を味わうにはある程度しっかりしたものを使うべきだと思ってるので、いきなりですがOculus Goに決めました。

結果、良かったです。安いものをいくつも試して失敗するよりお得かなと。性能も全く違いますから。


Oculus Go 開封!

Oculus Go 開封!
こちらが『Oculus Go (オキュラスゴー)』の64GBモデル。

パッケージ内容は…

  • ヘッドセット本体
  • コントローラー
  • コントローラー用のストラップ
  • メガネ用のスペーサー
  • USBケーブル
  • 単三電池1本
  • レンズクリーニングクロス

Oculus Goのレンズ部分
ヘッドセットの中身はこんな風になってます。

保護フィルムを剥がすと、牛乳瓶の底のような分厚いレンズが出てきます。目をある程度近づけないと映像は見られません。


メガネスペーサーを取り付ける
僕はメガネなので、付属のメガネスペーサーを取り付けました。

メガネをつけたままでもヘッドセットは装着できたんですが、メガネとレンズが近いためレンズに傷がつく恐れがあったのでスペーサーは付けてます。

取り付け方法は簡単。

ヘッドセットからクッションを取り外して
ヘッドセットからクッションを取り外して…


メガネスペーサーの突起をはめ込むだけ
メガネスペーサーの突起をはめ込むだけ。


メガネスペーサーを取り付けたOculus Go
メガネスペーサーを取り付けたら、この上からまたクッションを取り付けて完了。とても簡単でした。


コントローラー
Oculus Goのコントローラー。シンプルですがなかなか使いやすいです。


特に使用方法のマニュアルは入ってません。

oculusアプリをスマホにインストール
初めて起動する場合はiPhoneにOculusアプリをインストールして画面の指示に従います。

特に難しいこともなく、すぐに利用開始することができました。

まずはPrime Video VRやYouTube VRを試す

まず、Prime Video VR・YouTube VR・Netflixを試してみました。

各アプリはiPhoneのOculusアプリから購入もできますし、Oculus Goのホーム画面からも購入できます。

Prime Video VR・YouTube VR・Netflixを試して
Prime Video VR、YouTube VR、Netflix、ともに無料です。

あと、無料のVRゲームもたくさんありましたが、今回はとりあえずスルー。


Oculus Goのホーム画面
iPhoneのOculusアプリでヘッドセットで見た映像をミラーリングできるんでやってみた画面がこちら。正面に操作画面用のディスプレイが浮いてる感じ。

周囲の景色はいろんなテンプレートから選べまして、僕は砂浜の映像にしてます(静止画)。

この画面にコントローラーのポインターを合わせて操作します。

Prime Video VRなど試してみましたが、正直画質が悪い(解像度が低い)のであまり感動はしませんでした。

YouTube VRも動画によっては面白いものもありましたが、ちょっと動きが激しいものだとVR酔いが発生。

あと、NETFLIXに関しても目の前に映画館のような大きなディスプレイが出現するんですが、こちらもOculus Goの解像度が低いからか、普通の4Kテレビで観た方がきれいです。

有料のVR動画に衝撃を受けた!

Oculus Goのゴーグルのレンズ
これ大丈夫かな?と思いながらも、VR動画を1本購入して指示されたアプリをインストールしていざ視聴開始。

良かったポイントを書いておきますと…

  • まるで本物が目の前にいるような没入感
  • 目が合うともうその世界にいるかのような感覚になる
  • 主観で観られる!上下左右に顔を動かすと好きなところが見えるのはすごく新鮮!
  • スピーカーもなかなか優秀!耳元で囁かれる声はASMRな感じで良い
  • ヘッドセットの付け心地が良いので長い時間じっくり動画に集中できる
  • メガネをかけたままでも快適に視聴できる
  • パソコン不要!どこでも動画を観られる

いやぁ、これまでになかったコトづくめで見事にやられました。

ただ、すべてが良かったわけではなく、ここはイマイチだなというところもありました。

  • 画面中央はくっきりピントが合ってるが、画面端だとピントが合わないことが多い
  • 解像度がちょっと低いので、動画によってはさらに荒く感じることもある
  • バッテリーがあまり持たない。動画視聴だと3時間ほどで切れる

一番残念だったのが解像度。

2560×1440ピクセルはあるんですが、密度(ppi)が低いせいか荒く感じることが多いです。

これからもっと高解像度のVRゴールグルが発売されることを期待してます。

Oculus Goを買いたくなったあなたにアドバイス

初めてのVRゴーグルにOculus Goを選んだんですが、満足度は90%ほど。

上記のイマイチな点が解消されれば100点満点だったんですけどね。

これからのVRゴーグルに期待しつつ、この記事を読んでOculus Goを買いたくなった方へアドバイスをいくつかまとめておきます。

32GBか64GBか

Oculus Goには32GBと64GBのモデルが用意されてます。価格差は7千円ほど。

僕は64GBを買いましたが、正直まだ10GBほどしか使ってません。

というのも動画は全てストリーミングで視聴してるから。自宅のWi-Fi環境下なのでストリーミングが止まることなく快適です。

もし、外出先などで観たい場合は動画をヘッドセットにダウンロードする必要があります。

あと、ゲームもたくさんしたい場合はダウンロードが必要なので、その場合は64GBは必須かも。

どっちを買おうか迷ったら、

  • 動画ストリーミング視聴がメインなら32GB
  • 動画やアプリをダウンロードして持ち歩きたいなら64GB

と覚えておいてください。

画面の端にピントが合わない

動画を観始めたころは、画面の中央はピントが合ってハッキリ見えるのに、端に行くほど見えにい。

不良品か?自分の目がおかしいのか?とちょっと焦りましたが、これは瞳孔間距離というものが影響してるとのこと。

上位機種のOculus Questにはピント調整機能がついてますが、このOculus Goにはついてません。

なので、画面端などピントが合わない場合は、片目で観るようにしてます。

片目だと2重に見えることはないので快適に観ることができます。

あと、ヘッドセットを上下に動かしてきちんとした位置に動かすのもお忘れなく。

曇りや汚れを取り除く『レンズペン』は必須

ヘッドセットを着けて、「あれ?画面がモヤッとしてる」と感じることがたまにあります。

Oculus Goのレンズが曇っている
その場合は、レンズが曇ったり汚れてることが多いです。


レンズペンでVRゴーグルのレンズをお掃除
その場合は、カメラのレンズ掃除に使う『HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズ用】』があると重宝します。


レンズペンのブラシで掃除
大抵の曇りやホコリはレンズペン片側についてるブラシでささっと払えばきれいになります。


皮脂汚れの場合はカーボン粉末で掃除
皮脂や指紋汚れの場合は、反対側についてる汚れ落としでクルクルやればすぐにきれいになります。

レンズペンには色んな種類がありますが、Oculus Goのレンズは球面状になってるので、レンズ用が使いやすいです。

鼻の下の空きは気にならなくなった

購入当初、初めてヘッドセットをつけたときに鼻の下に空きスペースがあるのがすごく気になりました。

調べてみると「平たい顔族」用の「接眼パーツ」という製品が2,500円で販売されてます。

当初は買おうかなと思いましが、ヘッドセット付けてると周りが一切見えなくなるので、ちょっと時計を見る時とかリモコンを探すときとかヘッドセットをずらす必要があります。

そんな時に、鼻の下の空きからちょっと確認できるのがかなり便利

動画視聴中はほとんど気にならないので、僕は接眼パーツは買いませんでした。

これは実際に使ってみて欲しいと感じたら買えば良いと思います。

まとめ

これまでずっと客観で動画を見てきましたが、ようやく主観で楽しめる時代になったんだなーとかなりワクワクしてます。

顔を動かすと好きなところだけを観ることができるのはすごく新鮮で、実体験にかなり近い雰囲気を味わえます。

ヘッドセットをつけることで、周りにあったゴチャゴチャしたものが一切なくなるので100%動画に没頭することができます。これも良い。

これには本当にやられました。

「大人のVR動画で不倫願望がなりをひそめた」なんて記事がダイアモンドオンラインで紹介されてましたが、その気持ち分かりすぎます。

こんなに素晴らしい時代がもうやってきてたとは…。

まだ未体験の方は、ぜひ買って試してみてください!ハマること間違いなしですよ。

これからはゲームアプリも無料のものから試してみるつもり。

すごいゲームがあればまたご紹介しますので、まだブログを購読してない方はぜひどうぞ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。