自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

1.2mからの落下も大丈夫!iFace × ROOT CO.コラボiPhone 11ケースレビュー

1.2mからの落下も大丈夫!iFace × ROOT CO.コラボiPhone 11ケースレビュー

もう落としても大丈夫!安心感抜群のiPhone 11 ケース購入

今使ってるiPhoneケースに不満が出てきました。

不満というか、使っていくうちにちょっとずつ感じてきた使いにくさにもう我慢できなくなってきたという感じ。

iPhone 11購入当初から使ってるのがApple純正のクリアケース

あと、世界最薄クラスのスマホスタンド「MOFT X」も一緒に使ってたんですが、これにも不満が溜まってきました。

スポンサーリンク

純正クリアケースとMOFT Xの不満点

Apple純正クリアケース
iPhone 11につけているApple純正クリアケース。

この底面の左右にヒビが入ってきました。

純正クリアケースに入ったヒビ
何度か落下させたことがある(室内)ので、その衝撃でヒビが入ったようです。

多少しなりがある柔らかめのプラスチック素材ですが、こんなヒビが入るんですね。


純正クリアケースに入ったヒビ
右側にも細かなヒビが入ってます。

このまま使ってても割れてくるようなことはなさそうですが、表面がツルツルしてるのでどうしても滑りやすいんですよね。

あと、ホコリが入りやすい・ケースの取り外しがとても固い・ボタンがすごく押しにくい、という不満点もありますが、一番気になってたのは滑りやすさでした。

その滑りやすさを解消するために使ってた「MOFT X」ですが…

MOFT Xの側面からヒョロヒョロと繊維が出てくるようになった
MOFT Xの側面からヒョロヒョロと繊維が出てくるようになりました。


MOFT X 左からも繊維がヒョロヒョロ
左からもヒョロヒョロ。


MOFT X 右からも繊維がヒョロヒョロ
右からもヒョロヒョロ。

機能に支障はないんですが、クリアのケースに付けてるのでどうしても目立ちやすい。

着古した洋服についてる毛玉みたいな感じがして、どうも気分が萎えてきました。引っ張ってもきれいに取れないし。

あと、MOFT X付けてると無線充電ができなくなるのも不満でした。

ケーブル繋ぐだけだから別に大丈夫だろうと思ってましたが、一度無線充電に慣れてしまってるでどうしても面倒に感じるようになってきました。

落としたくない!じゃなくて落としても大丈夫なケースを選ぶ

これまでは「iPhoneを落として壊したくない」という理由から、落としにくいようにMOFT Xを使ってたんですが、常に背面をパカっと開いてるわけじゃないからたまに落とすんですよね。

どうせ何やっても落とすなら、

いっそのこと落としても大丈夫なケースにすればいいじゃないか

という結論に至りました。

さらに、

丈夫さだけじゃなくデザインもちゃんとしてるかっこいいもの

という条件も一緒にして探しました。

iFace × ROOT CO.のコラボケースに決めた!

というわけで購入したのがこのケース。

iFace × ROOT CO.のコラボケースに決めた!
ROOT CO. iPhone11専用 耐衝撃ケース iFaceコラボ(ネイビー)』。

iFaceとCOOT CO.(ともに日本のメーカー)のコラボレーションモデルです。

いちばんの特徴は、なんと言っても耐衝撃性。米国環境耐性試験「MIL-STD-810G 516.6Procedure Ⅳ」の耐衝撃試験に準拠し、高さ122cmから26方向の製品落下試験をクリアしてます。

要は、高さ122cmから落下させても大丈夫だってことです。

ROOT CO.のコピー「落としたくない。ではなく、思いっきり楽しむ。」これがすごくいい。「落としたいではなく、落としてもいいように頑丈なケースを使う」ってことにすごく共感しました。

ちなみに、このケースに変えて数日後に腰の高さからフローリングの床に落下したんですが、床・本体ともに全くの無傷。

今までのケースなら大きめな衝撃音が部屋中に響いてたんですが、このケースだと「ゴト」っという程度ですごく静か。

これ、今まで買ってきたiPhoneケースの中でいちばん衝撃性能がすごいです。

そのほか、

  • iFaceの特徴のくびれにより流れるようなデザインで持ちやすい
  • 軽量ハード素材「PC(ポリカーボネート)」 と、落下衝撃吸収力のある「TPU(ウレタン)」の2層構造
  • アースカラーを基調にしたマットコーティング仕様
  • Qi充電(ワイヤレス充電)対応
  • ストラップホールあり

耐衝撃性はもちろん、デザインもかなりかっこいいんですよね。

あと、ワイヤレス充電に対応しているのもうれしいポイント。


保証書も付属
保証書も付属。保証期間は6ヶ月です。ケース使用中に破損したら無償で交換してくれます。

ただ、かなりこのケースはすごく頑丈なので、よっぽどのことがなければ保証を使う機会はないでしょう。


iFace×ROOT CO.コラボ iPhone ケース
iPhone 11用のケース。カラーはネイビー。

このケースはこのほかiPhone 5/5S、6/6S、7Plus/8Plus、11 Pro/11 ProMax、X/XS、XS Max、XR、対応のモデルもあり。

かなりの人気シリーズなので、今後発売されるiPhoneにも対応するはず。


iFace×ROOT CO.コラボ ケース 上部分
黒い部分が衝撃を吸収する柔らかいTPU素材、ネイビーの部分が硬いポリカーボネートの素材です。


ROOT CO.のロゴとストラップホール
ROOT CO.のロゴとストラップホール。

ケースの内側は前面TPU素材
ケースの内側は前面TPU素材。


ケースの内側は前面TPU素材 ゴツゴツしてる
蜂の巣のようなデザイン。すごいゴツゴツしてます。

真ん中のロゴはシールです。


iPhone 11に装着した iFace×ROOT CO.コラボケース
iPhone 11に装着するとこんな感じ。いいですねぇ、かっこいい!

全体的にクオリティがとても高い。

カメラ部分もきれいにくり抜かれてます
カメラ部分もきれいにくり抜かれてます。


背面下部にROOT CO.のロゴ
背面下部にROOT CO.のロゴ。


正面右下にiFaceのロゴ
正面右下にはiFaceのロゴがあります。


ディスプレイとケースの段差は約1mmほど
ディスプレイとケースの段差は約1mmほど。ディスプレイには保護シートや保護ガラスは付けてません。

iPhoneに保護フィルムを貼る場合は、フルカバータイプ以外のものなら干渉せず浮きも発生しません。


バンパー素材がぶ厚い
耐衝撃性能を上げるため、バンパー素材が分厚いです。ただ、くり抜きはすごく丁寧にされてます。


着信/サイレントスイッチも深い
着信/サイレントスイッチも深い。けど、爪はちゃんと届きます。オンオフ操作は簡単です。


耐衝撃性能も素晴らしいですが、このケースでいちばん感動したのが…

ボタンは超絶押しやすい!
ボタンが超絶押しやすいこと!

Apple純正クリアケースのボタンが押しにくすぎたので、より一層そう感じるんでしょうが、とにかくぽちぽちととても押しやすい。

スリープ/スリープ解除ボタン
スリープ/スリープ解除ボタンも同様。

ケースつけずにボタン押した感じに近いです。力を入れずにボタンが押せます。

使っててとても気持ちがいい。


背面は若干くびれてます
背面がちょっと曲線になってる気がしたので定規をあててみたら、ちょっとだけくびれてました。

青矢印はくっついてますが、赤矢印のところだけほんのちょっと隙間があります。

良い点、悪い点 実際に使ってみた感想

実際に数日使ってみた感想を。

まず、悪い点としては本体がちょっと大きくなったこと。

ケースがちょっと大きい
Apple純正クリアケースに比べると、くびれ部分以外は iFace×ROOT CO.コラボケースの方が若干大きいです。

なので、ちょっと持ちにくい感じはあります。

ただ、上記の通りフローリングに落としてもiPhoneもケースも床もすべて無傷。衝撃性能が高いので仕方がないかなと。


iFace×ROOT CO.コラボケースを持ってる写真
片手で持ってると画面上まで指が届きません。

なので、MOFT Xのかわりに簡単に取り外せるiRingをつけようかなとも思ってます。

その際はまたブログにします。まだ購読してない方はぜひどうぞ。


iFace×ROOT CO.コラボケースとiPhone11
それ以外は概ね満足。

特に良かった点は、今までは「落としたくない」という気持ちだったのが「もう落としても大丈夫」というふうに変化してきたこと。

あと、ボタンが押しやすい無線充電もできるようになったのも良い点ですね。

頑丈なケースをお探しの方、ぜひお試しください。

今回のことで、新しいケースを使うのもいいなーという気になったので、定期的に良さそうなケースを購入してレビューしようと思います。

気分もリフレッシュするし、ケースを定期的に変えるのもなかなかいいもんですね。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。