自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

macOS 64ビット完全移行への準備はOK?使えなくなる32bitソフトを確認する方法

macOS 64ビット完全移行への準備はOK?使えなくなる32bitソフトを確認する方法

Macを使ってると、たまに表示されるこのエラー画面。

“〇〇”はこのMac用に最適化されていないため、アップデートが必要です。

この画面は、僕が使っているMicrosoft Office 2011 for Macを起動した時のもの。Office 2011 for Macは32ビットのソフトなので、いずれ使えなくなりますよ、という告知です。

具体的にどういうことかというと、現在のMacを構成しているテクノロジは64ビットのAppのみに対応しているので、今後のMacソフトウェアは最終的に64ビット対応が必須になりますよということ。

スポンサーリンク

使えなくなる32bitソフトを確認する方法

macOS Mojaveは、32ビット版のAppに対応する最後のバージョンのmacOSです。

ただ、正式には64ビットへの完全移行の日程は公表されてないので、まだしばらくは32ビットアプリも使えます。

というわけで、今のうちにどのアプリが32ビットなのか確認してみました。

調べるには「アプリケーション」フォルダ→「ユーティリティ」→「システム情報」アプリを起動します。

システム情報のレガシーソフトウェア
macOS Mojaveを使ってるなら、「ソフトウェア」欄の中に「レガシーソフトウェア」という項目があるので、そこに表示されてるアプリが32ビットのソフトです。

Mojave以外なら、「ソフトウェア」欄にある「アプリケーション」の「64ビット」のフィールドで「いいえ」と表示されてれば32ビット版です。

うちには12個の32ビットアプリがありました。使ってないものもあるので、この際アンインストールしておきました。

使う予定のアプリに関しては、開発元に確認して64ビット版があるならそっちをインストールしておくと安心です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。