最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

Macのファイルパスをテキストで簡単にコピーする方法

Macのファイルパスをテキストで簡単にコピーする方法

MacのFinder上で、ファイルまでのパスを簡単コピー!

当ブログ、SKEG*logはApple関連(iPhoneやiPad、Macやアプリなど)のハウツーやニュースを中心としつつ、それに付随する楽しくて役立つものもピックアップしてお届けしているブログです。Macのハウツーを紹介する際には、Macのファイルパス情報が必要になる時があったんですが、これまではキーボードでわざわざ打ち込んでました。あー、面倒くさ。

この面倒なパス打ち。

これがOS X El Capitanからは一発でテキストとしてクリップボードにコピーできるようになりました!

PR【3か月99円!1/4まで】Amazon Music Unlimited ディスカウントキャンペーン3か月99円で音楽聴き放題!聴きたい曲が広告なしで楽しめる。新規会員登録のみが対象です。
スポンサーリンク

右クリックとoptionキーでパスを簡単コピー

使うのは「右クリック」と「optionキー」のみ。

パスをコピーしたいファイルを右クリック。
ますは、パスをコピーしたいファイルを右クリックします。

すると、真ん中ぐらいに「"○○"をコピー」という項目が出てきます。


パスをコピーしたいファイルを右クリックしてoptionキーを押す
この状態で「optionキー」を押します。すると、「"○○"をコピー」が「"○○"のパス名をコピー」に変わります。

その状態で「"○○"のパス名をコピー」をクリックすると、パス名がクリップボードにコピーされます。


テキストエディタにパス情報をペースト
テキストエディタなどにそのままペーストすればOK。正確なパスがテキスト情報としてペーストされました。


クリップボードにコピーされるので、「Clipy」を一緒に使うといいですよ。

「"○○"のパス名をコピー」した後で、ペーストする前に別のものをコピーしちゃった時に、また同じことをしなくて済みます。

Mac用のコピー&ペーストを超効率よく使えるアプリ『Clipy』がEl Capitan に正式対応!


あと、Finderのウィンドウにパスバーを表示する方はこちらからどうぞ。

パスバーを表示させてFinderをもっと使いやすくする方法|OS X Tips

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。