本は、聴こう。
耳を使えば、読書はもっと自由になれる。→ Amazon Audible 無料体験記事はこちら

macOS Sierra ライブラリなどの隠し(不可視)ファイルをショートカットキーで表示する方法

macOS Sierra ライブラリなどの隠しファイルをショートカットキーで表示可能に

これまでライブラリなどの隠しファイルを表示するには、Finderで「移動」メニューをクリックして「optionキー」を押してアクセスしてました。macOS Sierraではこんなことをせずとも、ショートカットキーで隠し(不可視)ファイルへのアクセスが可能になってます。

どういうことかというと...。

スポンサーリンク

ユーザのホームディレクトリ
Finderのユーザのディレクトリ。ここで以下のショートカットキーを押します。


隠しファイルを表示するショートカットキー
command + shift + .キー

すると...

隠しファイルが表示されたユーザディレクトリ
薄く透けたようなフォルダやファイルがズラーっと表示されました。

ユーザのホームディレクトリなので、「ライブラリ」フォルダも表示されてますね(下から2番目)。非表示に戻すときも同じショートカットキーを押せばOKです。
※「.DS_Store」などのFinder設定ファイルは表示されません。


Finderだけでなく、ファイルを保存する画面時にもcommand + shift + .キーを押せば隠しファイルを表示できます。

隠しファイルやフォルダをよく使う方は覚えておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。