最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

RetinaディスプレイのiMacでPhotoshopの画像が半分(1/2)になって困った時の対処法

  • 更新:
  • 公開:2018.12. 4
  • by
  • Macの使い方

RetinaディスプレイのiMacでPhotoshopの画像が半分(1/2)になって困った時の対処法

iMac Proに乗り換えて最初に感動したのが5KのRetinaディスプレイ。

72万円越えのiMacProが到着!15分の動画書き出しわずか8分!何をするにも速くて美しい、ファーストインプレッション

約6年間使ってたiMac Late 2012のディスプレイ「2560 × 1440」が、一気に「5120 × 2880」の5K Retinaディスプレイになっちゃったので、大感動の美しさでした。(30分もすれば慣れちゃいましたけど…)

データ移行して、早速Photoshopで写真の加工をやってみて感じたのが、

あら?写真(画像)が小さい…

ということ。

PR【3か月99円!1/4まで】Amazon Music Unlimited ディスカウントキャンペーン3か月99円で音楽聴き放題!聴きたい曲が広告なしで楽しめる。新規会員登録のみが対象です。
スポンサーリンク

PhotoshopはRetinaディスプレイだと画像が1/2に

ブログ用の画像は横幅640ピクセルで作ってるんですが、iMac Proの5Kディスプレイだとこんな感じで表示されます。

PhotoshopはRetinaディスプレイだと画像が1/2に
写真の大きさ自体はちゃんと横幅は640ピクセルなんだけど、Retinaディスプレイのおかげでそれが縦も横も半分になっちゃってます

ちょっとこのままじゃ画像の細部を確認できないので、いくつか対処方法をやってみました。

Photoshopを低解像度で使う

まずは「システム環境設定」の「ディスプレイ」で解像度を下げることも考えましたが、それじゃ画面全体を広く使えなくなるので即却下。

次に試したのがPhotoshopだけを低解像度で使うこと。

Photoshopを低解像度で開く
PhotoshopのアプリアイコンをFinder上で右クリックして「情報を見る」をクリックすると、Photoshopの情報が表示されます。

そこに表示されている「低解像度で開く」をチェックしておけば、Photoshopを非Retinaの状態で使用できます

ただ、この状態だと画像以外のメニュー部分も全てが非Retinaになってしまいます。

どういうことかというと…

Photoshopのアイコン
左が低解像度のPhotoshopで右がRetina対応の通常版。

左の底解像度の方はアイコンがカクカクして解像度が低くなってるのが分かります。せっかくのRetinaディスプレイなので、少しでもキレイに見える方で使いたかったので、これも却下。

200%に拡大するショートカットを使う

最終的に、200%で画像を拡大する方法を使うことにしました。

画像を200%に拡大するにはズームツールで画像を1回クリックすれば200%になります。

ただ、その都度ズームツールに切り替えるのは面倒なので、ショートカットを設定します。

「編集」メニューの下の方にある「キーボードショートカット」または、「command + option + shift + k」をクリック。

Photoshopのショートカットを変更
「表示」の中にある「200%」のショートカット部分をクリックして好きなショートカットを割り当てます。

「command + 1」が100%表示だったので、「command + 2」に200%を割り当てようとしたら、「チャンネルパネルで合成チャンネルを選択するのに使用されているため、command + 2 を割り当てることはできません。」と注意されてしまいました。


200%にショートカットを追加
しょうがないので「command + shift + 1」に割り当てておきました。

これで等倍表示も2倍表示も簡単に切り替えることが可能になりました。

これでスッキリ。

200%拡大だから多少にじむのは仕方なし

Photoshop上で200%に拡大してるので、どうしても多少のにじみは生じます。

ネットを調べてみると「画像補間方式」を変更すれば多少は解消されるとあったので、早速やってみました。

photoshoの画像補間方式
「環境設定」の「一般」で、「画像補間方式」を「バイキュービック法 - 滑らか(拡大に最適)」にして何度か試してみました。

結果、ズームで拡大した時にはiMac Proの5Kディスプレイではほとんど変化がなかったので、いつもの「バイキュービック法(自動)」に設定しておきました。

おそらく、この「画像補間方式」は解像度を変えた時に適用されるもので、ズームツールには関係ないんじゃないかなと。

環境によっては効果があるかもしれませんので、ご自分のディスプレイで一度確認してみてください。

まとめ

普段、ホームページの枠組みのパーツではRetina用の画像も書き出して使いますが、ブログの記事内で使う写真はほぼ低解像度用の1つのみでした。

今回初めてRetinaディスプレイを使うようになってから、「ちょっと画像が荒いかな?」と感じることが増えてきました。

これからは使う画像によって、Retina用に書き出して使い分けようと思います。

Retinaで画像が半分になってお困りの方、ぜひお試しを!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。