最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

安心感がものすごい。26800mAh!iPhone Xを約6.5回充電できる大容量PD対応モバイルバッテリー レビュー

安心感がすごい。26800mAh!iPhone Xを約6.5回充電できる大容量のPD対応モバイルバッテリー 購入レビュー

安心感がとんでもないです。

2017年に買ってよかったものランキングで第8位にランクインした、26800mAhの大容量モバイルバッテリーがものすごくいいです。2017年3月にAnker PowerCore 10000を購入してから、モバイルバッテリーの便利さに気づかされました。外出時はもちろん、家の中でもiPhoneやiPadが充電不足になった時にさっと取り出して挿すだけで充電できるので、とても重宝してました

ただ、10000mAhなので妻や子供たちが使ってる複数のスマホやタブレットを一度にカバーするには物足りない。もうちょっと大容量で複数台同時に充電できるものがないかと探して購入したのが『RAVPower USB-C 26800mAh モバイルバッテリー』です。

PD(USB Power Delivery)対応でUSB-C端子もあるので、iPhoneやiPadだけじゃなくMacBookはもちろんNintendo Switchも充電可能です。

スポンサーリンク

RAVPowerを選んだ理由

RAVPower USB-C 26800mAh モバイルバッテリー
今回、RAVPowerのモバイルバッテリーを購入した理由はこちら。

  • Amazonの評価が高かった(星4.5)
  • AnkerにもPD対応で同容量の製品があったが価格が3千円ほど安かった(RAVPowerは急速充電器が付属しないため)
  • USB-Cポート1つ、USBポート2つ搭載
  • iSmart2.0出力自動判別機能搭載で、接続された機器を自動的に認識し、適する電流で急速充電してくれる
  • USB-Cポートは出力・入力両対応。「バッテリー本体充電モード」と「デバイス充電モード」があり、電源ボタンを3秒ほど長押しすることで充電モードを切り替えられる

評判が良くて、なおかつ価格が安かったというのが選んだ理由です。

RAVPower USB-C 26800mAh 写真レビュー

箱を開けた写真
箱を開けると、説明書と箱が2つ入ってました。きれいに梱包されてます。


RAVPower USB-C 26800mAh 内包物一覧
内包物一覧。収納袋と本体。ケーブルは右から、USB - Micro USB(約25cm)、USB - Micro USB(約68cm)、USB-C(約107cm)。USB-Micro USBケーブルは、きしめん状の平らなケーブルです。


収納袋に入れたモバイルバッテリー
収納袋に入れてみました。クッション性はあまりないですが、本体の保護にはなります。


口は完全には閉まりません
口は完全には閉まりません。収納袋に入れたままケーブルを挿せるように設計されてますね。使い勝手は良いです。


Ankerの10000mAhと大きさ比較
Anker PowerCore 10000(白)と並べてみました。約2倍の大きさですね。RAVPowerバッテリーの本体サイズは、17.2 x 2 x 8 cm。重さは460gです。


接続端子
端子類は一箇所に集められてます。左からMicro USB(本体充電用)、USB-C(本体充電も可能)、USB ×2。


Ravpower 26800mah 仕様
背面には仕様が書かれてます。

Model:RP-PB058
Battery Capacity:26800mAh/99.16Wh
Micro USB Input:DC 5V/2A
Type-C Input:DC 5V/3A,9V/2A,15V/2A,20V/1.5A
Type-C Output:DC 5V/3A,9V/2A,15V/2A,20V/1.5A
iSmart USB Output:DC 5V/3.4A Total(Each 2.4A Max)

Type-CはPD対応で最大30Wの出力が可能です。


バッテリー状態を調べるには上部のボタンを一度押す
バッテリー上部にあるボタンを押すと、LEDが点灯してバッテリーレベルを確認できます。


充電時にもLEDが点滅
充電時にはLEDが点滅します。充電終了時には、LEDは消灯します。

iPhone Xを約6.5回充電!大容量バッテリーならではの安心感がすごい

実際に満充電からiPhone Xを何回充電できるのか試してみました。

ちなみに、iPhone Xのバッテリー容量は「2716mAh」です。

  • 1回目 12月21日に20%から100%に充電(計測時間不明)
  • 2回目 12月23日12時9分に19% → 13時42分に96%まで充電(充電時間93分)
  • 3回目 12月24日15時40分に18% → 開始10分でランプ1つ目消灯 17時57分に100%(充電時間137分)
  • 4回目 12月25日18時35分に17% → 20時03分に95%!20時48分に100% ランプ2つ目が消灯(充電時間133分)
  • 5回目 12月26日20時01分に19% → 22時7分に100%(充電時間126分)
  • 6回目 12月28日7時31分に5% → 9時42分に100% ランプ3つ目が消灯(充電時間131分)
  • 7回目 12月29日8時17分に8% → 9時30分に52% バッテリー切れ(充電時間73分)

いつもは大体20%前後から100%まで充電させることが多いので、普段使いと同じようなタイミングで試してみました。iPhone Xは2716mAhなので、2,691mAhのiPhone 8 Plusよりもバッテリー容量が多いですが、そのiPhone Xを約6.5回も充電することができました

充電速度もかなり速いです。1回の充電時間は約2時間ちょっとで100%まで充電できてます。iPhoneって最後の99%から100%までが結構時間がかかるんですが、95%までの充電なら約90分で充電してくれます。

この安心感はいいですね。回数は約6.5回でしたが日数では1週間越えの8日間も持ってくれました。1回充電しておけば、iPhone Xだけの充電なら1週間は安心です。大容量バッテリーならではの安心感ですね。これはうれしい。

まとめ

これ買ってから、iPhoneやiPad、Nintendo Switchの充電忘れが怖くなくなりました。モバイルバッテリーさえちゃんと充電しておけば、いつでもどこでも手軽に充電できますからね。心強いことこの上なし。

ほぼ大満足してますが、ただ1点、不満というかデメリットが…。これ、大容量なだけに、本体の充電に時間がかかるんです。PD対応の急速充電器を持ってないので、microUSB端子で充電してますが満充電に約10時間ほどかかります。(急速充電器だと約5時間)

普段は夜9時ぐらいから充電して翌朝7時過ぎには満充電になってるので問題ないんですが、そんなに充電に時間をかけられないって方は、急速充電器の購入がおすすめです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。