無料キャンペーン中!【FODプレミアム】
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

iPhoneでMacのブラウザ履歴(つづき)を見る方法

iPhoneでMacのブラウザ履歴(つづき)を見る方法

さっきMacで見てたホームページの続きをiPhoneで見る方法

Macでネットサーフィンした後、iPhoneで続きを確認したい時に便利な方法をご紹介。現在のMacで使われているGoogle Chrome、Safariを使った方法をご紹介。

スポンサーリンク

Google Chromeの場合(Mac→iPhone)

まずはChromeから。前提として、MacとiPhoneともに同一のGoogleアカウントでログインしていることが条件です。

MacのChromeでネットサーフィンをしたあと、iPhoneのChromeを開きます。

iPhoneでChromeを開く
右上の数字が書いてある四角のアイコンをタップ。左上のプラスアイコンをタップして、新規タブを開きます。

右下のノートパソコンとスマホのアイコンをタップ
右下にあるノートパソコンとスマホのアイコンをタップ。すると、同一のGoogleアカウントでログインした端末ごとに、これまで閲覧したホームページの履歴が確認できます。あとは見たい項目をタップすれば、続きが見られます。

端末名(上記画面では「takanokazutonoiMac」)の下に最終同期時間が書かれてます。たまにこれがなかなか更新されないことがあります。そんな時は、

Chromeの履歴を確認
ノートパソコンとスマホのアイコンではなく、右上の縦3点アイコンをタップして「履歴」にアクセス。すると、端末毎ではなくそのユーザーの全履歴が時系列で表示されます。

Google Chromeの場合(iPhone→Mac)

今度は逆。iPhoneの続きをMacで確認する方法です。

Chrome 全履歴を表示
MacのChromeで、メニュー「履歴」で1番下の「全履歴を表示」をクリック。

Chrome 履歴 他のデバイスからのタブ
Mac版Chromeの履歴が表示されるので、「他のデバイスからのタブ」をクリック。


iPhoneや他のMacの履歴が表示される
すると、同一アカウントでアクセスした他の端末のタブ情報が表示されます。あとは読みたい情報をクリックすれば、続きを見ることが可能です。

ちなみに、現在、僕が使ってるiPhoneはXですが、画面上は「iPhone 6 Plus」になってます。これはiPhoneにGoogle Chromeをインストールした当時に使ってた端末情報(iPhoneに登録している名前)がそのまま残っているのが原因です。iPhoneの名前を変えただけじゃ更新されないので、iPhone Xで一度Chromeを削除して再インストールすれば更新できます。

Safariの場合

前提として、同一Apple IDにてiCloudeでSafariを利用していることが条件です。

SafariはChromeとは違い、Mac、iPhoneともに履歴は1つしか表示されません。

端末ごとに表示されないので、ちょっとごっちゃになりますが、直近のものを見る場合は楽ですかね。

まとめ

Macで調べ物してて、ちょっと外出。そこでもさっきの続きを確認したいってこと、結構あります。そんな時は、今回紹介した方法で続きを確認するようにしてます。

同一IDであれば、別の端末でも同じサイトに即座にアクセスできるのはすごく便利。

複数端末で仕事することが多い方は、憶えておくと作業効率が向上すること間違いなしです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。