インターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

1,000回充電使用可能!Amazonベーシックの単4充電式ニッケル水素電池で家庭内電池エネループ化計画がついに終了!レビュー

1,000回充電使用可能!Amazonベーシックの充電式ニッケル水素電池で家庭内電池エネループ化計画がついに終了!

1本の単三電池を充電するのに1円もかからない充電式ニッケル水素電池。

充電1本0.2円以下!エネループ代替候補No.1 Amazonベーシック充電式ニッケル水素電池

このエントリーを書いてから3年。

家庭内の単三と単四の乾電池をすべて充電式に移行する「家庭内電池エネループ化計画」を進めてましたが、これでようやく終了です。

エネループ化計画といっても、エネループは約3分の1で、そのほかはAmazonベーシックのもので代用しました。

スポンサーリンク

エネループをAmaoznベーシックで代用

単4電池の充電式ニッケル水素電池
次の使用を待機している単4充電式ニッケル水素電池の一部。

単3の充電式ニッケル水素電池は全部で20本(エネループ4本、Amazonベーシック16本)あるのでこれで足りてましたが、不足してたのが単4電池。

うちでは単4の充電式ニッケル水素電池が4本しかなくて追加購入するタイミングを計ってたところに、先日のAmazonプライムデーです。

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単4形8個パック (最小容量750mAh、約1000回使用可能)』が通常価格より300円ほど安くなってたので即購入。

エネループの繰り返し使用回数が2,100回で、Amazonのものは1,000回と、約半分になりますが、その分価格が数百円安く、フル充電して3年未使用放置しても70%の電池容量となかなかの放電抑制なのでコスパ重視+機能も十分なのでこれにしました

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単4形8個パック の中身

Amazonベーシックの単4充電式ニッケル水素電池
Amazonフラストレーションフリーパッケージで届きました。

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池は日本製
箱の裏に書かれてた『日本製』の文字。Made in Japanは安心感がありますね。


単4電池8本と取扱説明書
箱を開けると各国語版で書かれた取扱説明書と電池8本が入ってました。

液漏れ、発熱、感電、発火、破裂の恐れがあるので、記載されてる取扱方法に従って正しく使います。


単4電池8本 黒いボディに緑のアクセントがカッコいい
単4電池8本 黒いボディに緑のアクセントがカッコいい。

最小容量が750mAhと書かれてますが、実際に測定してみたところ800mAhを優に超えて850mAhで充電できてました。これはいいですね。


+端子側
こちらがプラス端子。


マイナス端子側
マイナス端子側は真っ平らでした。


充電器はエネループのものを使用
充電器はエネループ購入時についてきた「急速充電器 NC-MDR02」を2つ使用してます。

Amazonベーシック充電式ニッケル水素電池専用の充電器『【Amazon.co.jp限定】ニッケル水素 充電器 単3・単4両用型』も販売されてます。

まとめ

充電順番待ちの充電式乾電池
充電順番待ちの充電式ニッケル水素電池の棚に放り込んでおきました。

エアコンのリモコンでも1回の充電で1シーズンは持つので(年に2回充電する程度)、1,000回繰り返すのに500年もかかっちゃいます。

エネループの2,100回は僕にはオーバースペックだったので、こちらを購入しました。

充電して使ってみましたが、当然ながら普通に使えてます。

テレビやエアコン、Fire TV Stickなどリモコンで使うことが多い単4電池。これで単4の充電式ニッケル水素電池は12本になったので、これで事足りるでしょう。

うちの「家庭内電池エネループ化計画」はこれにて完結ですー。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。