iMac用に薄くて電源も要らないバスパワー型USBハブ購入レビュー。薄くてシンプルで持ち運びにも便利。

iMac用に薄くて電源も要らないバスパワー型USBハブ購入。薄くてシンプルで持ち運びにも便利。

iMacに接続するUSB機器が増えてきたので、その都度抜き差しするのが面倒くさくなってきました。抜き差しが面倒なHDMIケーブルはすでに対策済みでして、抜き差しから解放されることの喜びを知ってしまったので、USBでもやってみました。

購入したのはAmazonでベストセラーになってる『Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブ』です。薄型バスパワーケーブルの長さは約15cmでコンパクトケーブルの堅牢性も高い、4ポートUSBハブです。

iMac用にデザインされたシルバーのかっこいいUSBハブも売ってありますが、今回はこの真っ黒なものにしました。個人的にはUSBケーブル周りはディスプレイの背面に隠れて見えない方がスッキリしてて好みなのでこれを買いました。

PR【期間限定!クーポンで15%OFF】服・シューズ・バッグ・時計ほかお買い得な割引キャンペーン開催中!商品ページに表示されたクーポンを適用するだけ。→詳しくはこちら 5/3 23:59まで
スポンサーリンク

バスパワーで薄くて使い勝手のいい4ポートUSBハブ

バスパワーで薄くて使い勝手のいい4ポートUSBハブ
いつものシンプルなAnkerのパッケージ。


内包物一覧
内包物一覧。パッケージに入ってたのは、Ankerの「Happy? Not happy?」の冊子と説明書、本体の3つ。


Anker ウルトラスリム4ポートUSBハブの裏面
表面にはAnkerのロゴ、裏面には商品名諸々が記載されてました。


ウルトラスリムの4ポートUSBハブ
厚みはわずか1cm。ウルトラスリムです。重さも約30gなので持ち運びにも最適なサイズですね。


安定接続のため電流は900mAを超えないように
説明書に記載がありましたが、安定接続のため電流は900mAを超えないように注意ですね。


iMac背面 USBポート4つが全部埋まってる
USBハブ購入前のiMac背面。USBポート4つが全部埋まってます。

常時接続しておかないといけないのが、ロジクールの最上位マウス MX MASTER 2S(Unifying接続のレシーバー)、人間工学に基づいた高級キーボードREALFORCE 91UBK-S。あと頻繁に使う、USB-Lightningケーブル(iPhone・iPad用)とUSB Type A - USB Micro Bのケーブル(デジタル一眼レフ用)。

その他、たまに使うバックアップ用の外付けHDDと、DVDやCDを視聴するためのApple USB SuperDrive ですね。これらたくさんのUSBケーブルを、使うたびに抜き差しするのが面倒になってました。


iMacにUSBハブを接続するとブルーのランプが点灯します
iMacにUSBハブを接続するとブルーのランプが点灯します。

4ポートUSBハブをiMacにセッティング
軽くてコンパクトなので、USBケーブルが挿さってる部分にちょこんと乗せて置けます。

裏を見るとケールがごちゃごちゃしてますが、

iMacを前から見るとこんなにスッキリ
iMacを前から見るとこんなにスッキリしてます。

まとめ

バスパワーで電源が多く必要なUSB機器がなかったので、今回はバスパワー型のUSBハブを購入しました。

すべてのポートで接続不良もなく、いたって普通に使えてます。

iMacのUSB背面ポートに関しては、「裏にあるから抜き差ししにくい」と不満の声をよく聞きます。確かに頻繁に抜き差しする場合は使いにくいですが、前にあると見た目がごちゃごちゃするのでこのままがいいかなあ。

抜き差しが多い場合は、もうちょっとケーブルが長いUSBハブも売ってあるし、今回のように追加のUSBポートに常時差し込んでおけば手間は一切かかりません。

USBポートの抜き差してお困りの方、4ポートUSBハブ、おすすめですよ。

電源オンオフできるタイプのUSBハブもあります。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。