今だけ2,340円→0円
Amazon Music Unlimitedが今だけ3か月無料!6,500万曲以上が聴き放題!広告なし!オフライン再生にも対応!→ 詳しくはこちら 6/16まで

iPhoneタップ10回はスピードアップではなく再読込(リロード)だった!意外と便利な機能です

iPhone 6 Plus

国内外で話題になったタップ10回高速化はウソ。

2016年の年明けからジワジワと国内外で話題になっていたiPhone高速化の噂。iPhoneのApp Storeで下のタブ欄をどれでもいいから10回タップすると、iPhoneが高速化するといった内容でした。

PR【期間限定 2,340円→0円】Amazon Music Unlimitedが今だけ3か月無料!6,500万曲以上が聴き放題!広告なし!オフライン再生にも対応!詳しくはこちら。6/16(5/11より期間延長)まで
スポンサーリンク

事の発端はつぶやきから

この噂の発端になったのはPeter Steinbergerさんのつぶやきから。

iPhoneのApp Storeのアプリで、アップデートの所に赤丸で「1」があることから、アプリのアップデートがあると判断。ところがアップデートタブを見てみても、アップデートのアプリが表示されない。

これに対して、Zachary Drayerさんが対応方法をツイート。

「どこでもいいのでタブを10回タップしてみて。」


どうやらこのツイートが、iPhoneを高速化されるという誤った情報になったようです。

Zachary Drayerさんが補足情報をツイートしてます。

「10回タップはApp Storeのキャッシュをクリアし再読込(リロード)するもの。」

実際にやってみると、本当に再読込された!

半信半疑でやってみると、

App Storeで10回タップ

本当に、10回タップすると画面が一瞬真っ白になり、再読込されました。

嘘だろぉ!と思ってたので、びっくりしました。


Peter Steinbergerさんと同じように、アップデートが表示されているのにタブにはアップデートのアプリが表示されなかったということは、僕も何度か経験があります。アプリを終了して再起動したり、iPhone自体を再起動しても改善されなかったこともあります。

そんな時は、アプリのキャッシュをクリアして再読み込みするのが確実です。

はじめは、iPhoneがスピードアップするなんていうウソ情報でしたが、ちゃんと試してみるとApp Storeを再読込できる便利な方法でした。

なんでも自分で試してみるもんですね。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。