MagSafe非対応のiPhoneケースを自分でMagSafe化する方法

Spigen iPhone 15 Pro シン・フィット ケース
Spigen iPhone 15 Pro シン・フィット ケース

この方法なら何でもMagSafe化できる

SpigenのiPhone 15 Proケース4つをレビューしましたが、唯一、普段使うケースのラインナップに入らなかったのがMagSafe非対応のThin Fit(シン・フィット)シリーズのもの。

ミュート・ベージュの薄くてサラサラのケースです。

SpigenのMIL規格耐衝撃iPhone 15 Pro ケース4種比較レビュー

普段からMagSafe(マグセーフ)対応のスマホリングを愛用してまして、特に屋外で使う場合は落下の不安から解放してくれる、なくてはならない存在です。

サラサラの手触りと薄いにもかかわらずMIL規格にも対応してて耐衝撃性能もあるので使いたいとは思ったものの、MagSafeに非対応なので使えませんでした。

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催! Amazonにて新生活セールが開催。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

きっかけはコメント

そんな時にYouTubeのレビュー動画にこちらのコメントをいただきました。

YouTubeの動画に寄せられたコメント
シン・フィットケースについて質問です。
以前使用していた他社のシリコン素材ケースは、使っているうちにホコリ 砂利 手の脂等の汚れが目立つようになり、それ以来シリコン素材ケースを敬遠するようになりました。
こちらの製品はシリコン素材が使われているのでしょうか?使われている場合、前述した汚れの付着具合を教えていただけないでしょうか?
長々とすみません。

ちょっと使った感じでは、皮脂は若干付いてるものの目立ちにくいし、素材はポリウレタンなのでシリコン素材よりは耐摩耗性も高い。

ただ、しばらく使ってみたらどうなるかは分からなかったので、どうにかして使えるようにする方法はないかなと考えた結果がこちら。

マグネットリングを使う

Spigen シン・フィット iPhone 15 Proケース
これが今回MagSafe化する『Spigen シン・フィット iPhone 15 Proケース』。カラーはミュート・ベージュ。


MOFT 七変化スタンドに付属してたアイアンリング
MOFT七変化マルチスタンドに付属していた金属リング。これは磁力のあるマジックリングではなく、ただのメタルリングです。Amazonで販売されているものは磁力のあるマグネットリングです。価格は1,280円(2023年12月現在)ほど。

これをケースの中に入れて使ったらMagSafeアイテムが使えるんじゃないかなと。


iPhone 15 Proの背面にMOFTの金属リング
iPhone 15 ProはMagSafe対応なので背面にMOFTの金属リングを載せたらピタッとくっつきます。


iPhone 15 Proに金属リング付けてケースを装着
この状態でMagSafe非対応のケースを装着してみたところ…

当然ですが、磁力スマホリングまで届かずにホールド力はほぼ無し。使い物になりませんでした。

次に用意したのがマグネットリング。

Sinjimoru Magsafe磁石リング
Sinjimoru Magsafe 磁石リング』。価格は1,280円(2023年12月現在)でした。金属リングとは違ってマグネットなので、より吸着力が強いです。よりくっつきます。MagSafe非対応のiPhoneやAndroidスマートフォンをMagSafe対応にする時にも使えます(金属リングでももちろん代用可)。


マグネットリングをiPhone 15 Proの背面にくっつける
金属リングとは違ってマグネットリングなのでバチっとしっかりくっつきます。

ただし、このままケースを被せるとやはり磁力はかなり弱くなりました。ケースの内側に入れた場合は使い物になりません

その代わり…

ケースの背面に直接貼り付けた場合は、完璧でした!

ケース背面にマグネットリングを貼り付ける
ケースの背面にリングの粘着シールでくっつけました。


ケースの背面にマグネットリングをつけるとかなり磁力が強い
Spigenのスマホリングを装着して、かなり強く振って落下テストしてみましたが、かなり強力にくっついてます。この吸着力はかなり良い!

やっぱりマグネットリングはスゴイ!と思ったのも束の間、これ、金属リングだとどうなるのかがふと気になりました。

金属リングをスマホケースに取り付けた場合

カーボンはがしヘラでマグネットリングを剥がす
カーボンはがしヘラを使ってマグネットリングを剥がします。かなりビッタリと吸着してましたが、このヘラを使うと簡単に剥がせます。

今度はMOFTの金属プレートを取り付けます。

Spigen iPhone 15 Pro シン・フィット ケース
金属プレートの方が薄くて細くて見栄えは好みです。

さて、この金属プレートだとどういう結果になったのか。

続きはこちらの動画をご覧ください。

動画の感想をぜひコメントで残していってください!皆さんの役に立つ動画チャンネルを目指してますので、気になったことがあればお気軽にコメントください。よろしくお願いします!

▼ MagSafe非対応のお気に入りiPhoneケースをMagSafe化する方法
スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!