エアコンくさい!!自分でやれば1,300円!
においとカビがひどいエアコンを掃除してみた結果…。→ 詳しくはこちら
スポンサーリンク

iPhone 15とiPhone 15 Pro 重さとサイズは14から大きな変更はなし

  • 公開日:
  • 最終更新日:
  • by
  • Apple
iPhone 15とiPhone 15 Pro 重さとサイズ
iPhone 15とiPhone 15 Proの重さとサイズ

iPhone 15 Proはちょっと軽くなるよ

2023年9月13日午前2時から開催されるApple Event。
→Appleのイベントはポッドキャストでチェックできます

iPhone 15シリーズが大きな目玉になってるようで、

  • ベーシックな「iPhone 15」
  • ベーシックで画面の大きい「iPhone 15 Plus」
  • カメラとディスプレイ強化版の「iPhone 15 Pro」
  • Proの画面が大きくなってカメラ性能がさらに良い「iPhone 15 Ultra(旧Max)」

の4モデルが発表されると予想されてます。

Lightningが廃止されてUSB-Cになるとか、全モデルでノッチがなくなって「Dynamic Island」に統一されるとか、ProとUltraはチタンになってちょっと軽くなるとか、全モデル4800万画素になるとか、カメラがさらに進化するとか、いろんな噂が出てきてます。

サイズと重さに関しては、ほぼ判明したようです。

PR【今なら3か月無料】Amazon Music Unlimitedが最初の3か月無料で音楽聴き放題! 通常1か月無料→今だけ3か月無料!解約も簡単なのでまずはお試しください。10/15まで
スポンサーリンク

iPhone15シリーズのサイズと重さ

iPhone 15は、今回のシリーズの中でも最も違いが少ないモデルとされてます。以下の表の通り、ほとんどiPhone 14と大きな違いはありません。

素材もiPhone 14と同じ「6013 T6アルミニウム」を使用されてるので、重さもほとんど変化なしです。

モデル iPhone 15 iPhone 14
高さ 147.6mm 146.7mm
71.6mm 71.5mm
厚さ 7.8mm 7.8mm
重さ 171g 172g

iPhone 15 PlusもおそらくiPhone 15と同じ傾向でほぼ大きな変化はなさそうです。


iPhone 15 ProとiPhone 14 Proでは、重さが最も違っています

モデル iPhone 15 Pro iPhone 14 Pro
高さ 146.6mm 147.5mm
70.6mm 71.5mm
厚さ 8.25mm 7.85mm
重さ 187g 206g

これは、iPhone 15 Proにはグレード5のチタニウムが使用されてるおかげで、19gも軽量化されてます。

グレード5のチタンって何かというと、チタン90%、アルミ6%、パナジウム4%で構成された合金素材。高級時計に使用されるチタンの主流であり、通常のチタンより剛性・熱特性・耐食性・耐疲労性・強度対重量比・低弾性率・低熱膨張などに優れています。

この傾向はiPhone 15 Pro Ultra(旧Max)も同じです

モデル 15 Pro Ultra 14 Pro Max
高さ 159.9mm 160.7mm
76.7mm 77.6mm
厚さ 8.25mm 7.85mm
重さ 221g 240g

個人的に一番大きな変更点はLightning端子の廃止。

これでもうLightningを使う機器はキーボードとトラックパッドぐらいになるのかな?ただ、過去モデルのiPhoneやiPadなどはまだ多数のlightning端子の機器はうちにあるので、まだしばらくはLightningケーブルは手放せそうにありません。

あと、カメラが4800万画素になってしまったら、もしかしたら動画専用機としてiPhone 12 miniから買い変えるかも知れません。

Source:MacRumors

追記:iPhone 15 Proに買い替えます!

2023年9月13日、出ました!iPhone 15シリーズ。

15 Pro/15 Pro MaxはUSB-Cになっただけじゃなくて、動画の外部収録&Log撮影にも標準対応!iPhone 12 miniから買い替えます!

iPhone 15 Proと14 Proの違い。12 miniから買い替えを即決した理由

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!