EOS R5にファームウェアアップデート来たけどコレジャナイ感が強い

EOS R5
R5のアップデートは4億画素がメイン?

大幅アップデートってこれのこと?

3月頭にEOS R5が今後のファームウェアアップデートで大幅進化するっていう噂を紹介しました。

EOS R5がファームウェアで大幅アップデート?mark2は2024年か

その時の搭載内容の噂がこちら。

  • フォーカスブリージング補正機能
  • プリAF機能
  • 30分(29分59秒)の録画制限の撤廃
  • 車両追跡AFモード(自転車、電車、飛行機)
  • より多くの動物に対応するための追加トラッキング

そして、2023年3月30日にリリースされたファームウェアアップデート内容がこちら。

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催中! Amazonにて新生活セールが開催中。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

EOS R5 ファームウエア Version 1.8.1

ファームウェアの内容がこちら。

  1. 「IBISハイレゾ撮影」追加
  2. 「通信設定をカードに保存・読込」追加
  3. FTPサーバーへの画像転送中にトリミング、リサイズができるようになった
  4. FTP転送時の「画像プロテクト」を追加
  5. 軽微な不具合の修正

「IBISハイレゾ撮影」とは、1度の撮影で撮像素子をずらしながら9枚の画像を撮影し、約4億270万画素の合成JPEG画像をカメラ内で生成・記録する機能。

複雑な建造物の輪郭や細かいディティールを高精細に残したい場合にちょほうする機能です。

まぁ、すごいとは思いますが、正直なところ…

コレジャナイ感

がハンパ無いです。

まぁ、勝手に期待しすぎてただけなんですけど、噂されてた内容がひとつも実現できてないじゃない。

これが噂になってたすごいアップデートの中身なんだろうか。

30分制限の撤廃なんかは、やっぱり、EOS R5 MarkIIなんだろうなぁ。

個人的にはちょっとガッカリしたファームウェアアップデートの内容でした。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!