読み放題 2ヶ月299円!
200万冊以上が読み放題のKindle Unlimitedが期間限定で2か月1,960円→299円!

Ninja VとV+の形状は同じ!V専用ケージがV+にピッタリでしたー

Ninja VとV+の形状は同じ!V専用ケージがV+にピッタリでしたー!ヤッター
専用ケージを装着したNinja V+

Ninja V+の情報少な過ぎて迷ったけど、形状はVと同じことが判明しました

Atomos Ninja V+を購入してから半月ほどが経過しました。

いや〜良いですね、Ninja V+。

EOS R5の8Kでも4Kでも熱問題や30分制限を気にせずに取り放題なのはもちろん、バカ高いCFexpress Type Bではなく手頃なSATA2.5インチのSSDが使えるのもうれしいポイント。

かなり気に入ったので、堅牢性を向上するためにケージを購入することにしました。

ところが、Ninja V+専用のケージがどこにも売ってない。

というか、形状はNinja Vと同じだとは思うんですが、Ninja V用のケージに一切「V+」という文字がない。

ただ、V+と一緒に購入したV用の保護フィルムがV+にもピッタリだったので、おそらく形状は一緒だと判断して、不安ではありましたがSmallRigのNinja V専用ケージを買ってみることにしました。

スポンサーリンク

Ninja V専用ケージ 開封レビュー

SMALLRIG Atomos Ninja Vモニター専用ケージ-2209
SMALLRIG Ninja V専用ケージ

今回購入したのが、この『SMALLRIG Atomos Ninja Vモニター専用ケージ-2209』です。


Ninja V 専用ケージ 同梱物
Ninja V 専用ケージ 同梱物

同梱物は、ケージ本体、HDMIクランプ、あとはネジ類です。


Ninja V 専用ケージ 同梱されてるネジ
同梱されてるネジと六角レンチ

HDMIケーブルを抜けにくくするクランプ、サイズの違う六角レンチ3本、大きめのネジが2本、M3ネジが4本。ネジは予備分も含みます。

Ninja V専用ケージはV+にもピッタリ!

早速、装着してみます。

Ninja V専用のケージは、ケージ上部に1本、サイドに2本のネジ、合計3本のネジで固定します。

Ninja V ケージ上部と下部のネジ穴
Ninja V ケージ上部と下部のネジ穴

ケージ上部のネジ穴(上記写真の上半分)は、赤矢印の穴だけ3/8ネジ穴よりも2mmほど大きくなってます。ここに付属の大きいネジを使って固定します。

ケージ下部の中心にあるネジ穴は3/8なので(赤矢印部分)、ここに三脚を固定したい場合は別途1/4と3/8の変換を用意すれば可能です。

もし、ケージ下部のネジ穴もケージ固定用にすると、三脚をモニターの中心に固定できなくなるので、ケージ上部で固定するようになってるんだと思います。


左側をM3のネジ2つで固定する
左側をM3のネジ2つで固定する

あとは、左側の赤矢印部分をM3のネジを使って2箇所固定します。

しっかり奥まで締め付けたら取り付け完了です。

無事に、Ninja V+がV専用のケージに装着できました!

やはり、Ninja VとV+の形状は同じだったようですね。


ケージを装着したNinja V+
ケージを装着したNinja V+

ネジ3箇所ですが遊びもなくしっかりと固定できてます。


HDMIクランプを装着
HDMIクランプを装着

HDMIケーブルが不意に抜けるのを防ぐHDMIクランプも付属してます。

動いて撮影する時などあると安心ですね。


ケージの上部と下部にはNatoレール
ケージの上部と下部にはNatoレール

ケージの上部と下部はNatoレールになってます。

さら1/4と3/8のネジ穴もたくさん付いてるので、拡張性もアップしますね。


モニター右側のボタン類
モニター右側のボタン類

モニター右側のボタン類もアクセスしやすくなってます。

特に電源ボタンの左側に膨らみがあるので押しやすく、ノールックでも押せます。


ファンの部分もピッタリ
ファンの部分も干渉せずピッタリ

赤矢印部分はNinja V+のファンです。

収録中に本体内部温度を下げるために、ここから温かい風が出て来ます。

とても大切な場所ですが、ここもケージに干渉されることなくきれいにフィットしてます。素晴らしい!


SSDケース落下防止レバー
SSDケース落下防止レバー

Ninja V+に付属してたSSDケースを使った際、ケースが大きくて本体からちょっとはみ出すんですが、このケージにはSSD落下防止レバーがついてます。

SSDはそんなに簡単に外れるものでもないですが、これがあるだけで安心感が向上します。


モニターが床面に当たらない
モニターが床面に当たらない

あと良かったのが、ケージの前面にちょっとだけ突起してる部分があるので、モニターを下にして置いた場合に、モニターが床面にあたることもないのでこちらも安心感がアップします。

Ninja V/V+ 専用ケージ 感想まとめ

Ninja V+と専用ケージ
Ninja V+と専用ケージ

事前にAmazonのレビューを読んで、ネジが足りないとか設計ミスとか書かれてたのでかなり不安でしたが、ちゃんと使えて安心しました。

ネジもがっちり固定できたので、大切なNinja V+の堅牢性が向上しました。

  • Arri規格のネジ穴とNatoレール
  • SSDケース落下防止レバー
  • モニター下向きに置いても安心

など、色々とよく考えられてるケージで感心しました。ちょっと価格は高いですが、買って大正解でした。

Ninja V/V+を使い倒すには不可欠なケージですよ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!