エアコンくさい!!自分でやれば1,300円!
においとカビがひどいエアコンを掃除してみた結果…。→ 詳しくはこちら

マルチポイント便利!音も装着感も良いイヤホン『Jabra Elite Active 75t』レビュー

マルチポイント便利!音も装着感も良いイヤホン『Jabra Elite Active 75t』レビュー

2台同時接続のマルチペアリングが超便利!アクティブノイズキャンセリングにも対応!

Jabra Elite Active 75tを買ってからもうすぐ3ヶ月。

完全ワイヤレスイヤホンは5台以上持ってまして、(イヤホンカテゴリで紹介してるものの他に、まだレビューしてないゼンハイザーのCX400BTも使ってます)、その日の気分によって使う機種を変えてます。

その中でも、自然と手が伸びる頻度が高いのがこのElite Active 75tです。

ここ数ヶ月の間では一番使ってるモデルですね。

スポンサーリンク

Elite Active 75tのここが好き

Elite Active 75tのパッケージを開封した写真

ワイヤレスイヤホンの中で一番使ってる理由が次の3つ。

1つ目は、まず大前提として音が良いこと。低音に定評があるモデルなので重厚感のある低音に驚きましたが、中域〜高音域もなかなか心地良く鳴ってくれてます。

2つ目は、装着感が良いこと。4〜5時間着けてても痛くなったり違和感を感じることが少ないです。装着感は手持ちのワイヤレスイヤホンで1番かも。僕の耳にはジャストフィットでした。

3つ目は、マルチポイント対応です。これが僕が一番気に入ってるポイントです。

普段、仕事中にはiMac ProのSpotifyとAmazon Music HDで音楽を聴いてて、たまにiPhoneに切り替えることが多いんですが、Elite Active 75tだとその2台に同時接続できるので、いちいちBluetoothで切り替える必要がありません。

事前にペアリングを済ませた状態でケースから取り出して耳に装着すると「connected. 2 devices connected.」と聞こえて、iMac ProとiPhoneの両方に接続されます。

あとは、どちらかで音楽や動画を再生すればBluetoothの接続を切り替えることなく、ノーストレスで聴くことができます。

複数台のデバイスに登録できるマルチペアリングに対応したイヤホンは多いですが、2台同時に接続できるマルチポイント対応のイヤホンはまだ少ないです。

有名なところでは、価格は1万円ほど高くなりますがAirPods Proが対応してます。試してみたいとは思ってますが、そろそろ次のモデルが発表されそうなのでしばらくは様子見です。

Jabra Elite Active 75t 開封レビュー

Jabra Elite Active 75tの箱の中身
色はコッパーブラックにしました。落ち着いてて良い感じ。

その他、シエナコーラル・ネイビー・ミントの3色も用意されてます。


Jabra elite active 75t 付属品
付属品は、説明書・イヤーピース(最初から装着されてるものを含めて3種類)・充電ケーブル(USB-C to USB-A)。


Elite Active 75tの充電ケース
充電ケースはかなりコンパクト。手のひらにすっぽりと収まる大きさです。表面はゴムのようなプラスチックのような不思議な感触。手触り感はなかなか良いです。


Jabra Elite Active 75t 充電ケースとイヤーピース
ベースモデルであるElite 75tもそうですが、前モデルからイヤホン本体のサイズが約20%も小型化されてます。軽くてしかも耳にフィットするので、耳への負担も少なく長時間付け続けても違和感がありません。


本体ケースとイヤホンを上から見た写真
耳へのフィット感が良いので、耳につけただけである程度外部の音が自然と遮断されます。

アップデートでアクティブノイズキャンセリングに対応

アプリでアップデートが可能 ノイズキャンセリングにも対応した
さらに、アップデートでアクティブのイズキャンセリングにも対応しました。

ペアリングしてるスマホでJabraのSound+アプリで簡単にアップデートができます。


ANCのパーソナライズ
アプリではアクティブノイズキャンセリングの効き具合を自分に合わせて調整もできます。

切り替えは左のイヤホンのボタンを1回押して、アクティブノイズキャンセリング(ANC)→ HearThrough → オフ を切り替えるだけ。操作も簡単です。

Amazonのレビューを見てるとすごく効果があるというレビューもありましたが、個人的にはそこまでノイズキャンセリングは強くないような印象です。

あと、外音取り込み機能であるヒアスルー(HearThrough)は「サー」というホワイトノイズが入りますが、なかなかきれいに聞き取れます。

通話機能はほとんど使ってませんが、Jabraは通話機能にも力を入れているようで、なかなか評判は良さそうです。

残念な点

ほぼ大満足な完全ワイヤレスイヤホンですが、残念な点が2つありました。

1つ目は、Bluetoothが安定するまでに何度か音が途切れることがありました。アクティブノイズキャンセリングにアップデートしたあと、1時間以内に何度も音が途切れる現象が発生。ただ、接続が安定したのかそれ以降は特に問題なく使えてはいますが、1日に何回かは音飛びはあります。

あと、Amazonのレビューを見てると、電車通勤時に音が頻繁に飛ぶとか、音声が途切れるという声があるようなので、外部の電波の影響を受けやすいのかもしれません。

2つ目は、iMacでYouTubeやNetflixで動画を視聴すると、ほんの少しだけ遅延があります。AirPodsだと遅延はほとんど感じないので、そこは負けてますね。

一方、iPhoneで視聴すると遅延はほぼありませんが、完全に遅延がないとは言えません。なので、音が大切なゲームには向いてないと思います。

そのほかは今のところ問題なしです。

まとめ

最長7.5時間のロングバッテリー
最長7.5時間も使えるし、ケースに充電すれば最長28時間の使用が可能です。1日に5時間ぐらい使っても5日ぐらいは充電せずに使えます。

あとはIP57準拠の防塵防水機能も。運動するときに使いたい方にも最適ですね。

2万円前後でここまで使い勝手の良いイヤホンは初めてでした。

音質が良いのはもちろん、装着感・バッテリーの持ち・防塵防滴、さらにはマルチポイントにも対応し、完全ワイヤレスイヤホンって便利で使い勝手の良いものなんだということを再認識させられました。

Jabraというメーカーが好きになってきましたよ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!