今だけ1,960円→99円
kindleunlimited読み放題が今だけ3か月間99円!ブラックフライデー&サイバーマンデー価格です。→ 詳しくはこちら 12/1まで

iPhoneを紛失した時の探し方!2ファクタ認証の確認コードがなくても「iPhoneを探す」を使う方法

iPhoneを紛失した時の探し方!2ファクタ認証の確認コードがなくても「iPhoneを探す」を使う方法

あれ?iPhoneどこやったっけ?

先日のこと。

友人からかなり焦った様子の電話がかかってきたので、何があったのかと思ったらiPhoneをどっかに落として無くしたとのこと。

iPhoneに入れてるSIMカードのキャリアには連絡して緊急停止はしたものの、iPhone自体をどこで無くしたのか全く見当がつかない。

なので、僕が持ってるiPhoneで「iPhoneを探す」を試してくれないか、という電話でした。

今回の内容は、以下のような方のために書いたものです。

  • iPhoneを紛失した
  • 紛失したiPhoneで「iPhoneを探す」を有効にしている
  • Appleデバイスは1台しか持っていない
  • 2ファクタ認証を設定している
PR【今だけ1,960円→99円】kindle unlimited読み放題がブラックフライデー&サイバーマンデー価格で今だけ3か月間99円!Amazonの電子書籍kindle本を読み放題で楽しめるkindle unlimitedが期間限定で99円!いつでもキャンセル可能。→ 登録はこちら 12/1まで
スポンサーリンク

Appleデバイス1台だと2ファクタ認証できない?

無くしたiPhoneで「iPhoneを探す」は有効にしているということだったので、

iCloud.comにサインイン

それだったらiCloud.comにアクセスして「iPhoneを探す」を使えばすぐに場所がわかるはずだ

と思ったので、その旨伝えると…

2ファクタ認証画面
2ファクタ認証にしてるので、無くしたiPhoneに確認コードが送られるためログインできませんでした

2ファクタ認証では、自分のIDとパスワードが流出した場合でも、自分で信頼したデバイスに確認コードが送られるので悪用される可能性は低くなりますが、今回のように1台しかAppleデバイスを持ってない場合は追加の電話番号を設定しておかないと役目を果たしてくれません。(追加の電話番号の設定方法については後述します。)

同じApple IDで使用しているAppleデバイスを複数持ってる場合は、所有しているAppleデバイスにコードが送信されるので、iCloud.comで「iPhoneを探す」を利用することができます。

ん〜、困った。

他に何か方法はないかと30分ほど調べてやっと解決策を発見しました。

iCloud.com/find なら2ファクタ認証されない

いろいろ調べてみると、

iCloud.com では2ファクタ認証になるけど、

iCloud.com/find では2ファクタ認証にならない

ということが判明。

なので、まず自分で https://www.icloud.com/find にブラウザでアクセスしてAppleIDとパスワードを入力してみたところ、

iCloud.com/find 画面
自分のiPhoneの場所が表示されました!

確かに、2ファクタ認証することなく「iPhoneを探す」が使えました

iCloud.comだと「メール」「写真」「メモ」など、「iPhoneを探す」を含むいろんなサービスを利用できますが、iCloud.com/find では「iPhoneを探す」しか利用できないため、2ファクタ認証は必要ないみたいです。

というわけで、友人に https://www.icloud.com/find というURLを送って探したところ、交番にあったということでひと安心。拾った方が近くの交番まで届けてくれたということでした。

ふ〜、良かった良かった。

iPhone 1台で2ファクタ認証設定時にやっておくべきこと

iPhone 1台だけで2ファクタ認証を設定する場合、自分のiPhoneの電話番号の他に、もう1つ電話番号を入力しておくと安心です。

2ファクタの「ファクタ」とは「要素」という意味があります。

つまり、2つの要素(デバイス)でチェックするのが2ファクタ認証、ということですね。

なので、もう1つ電話番号を追加しておくと、iPhone 1台しかAppleデバイスを持ってない場合でも2ファクタ認証時に送られてくるコードを確認することができます。

電話番号を追加するには…

iPhoneの「設定アプリ」→「ユーザー名」→「パスワードとセキュリティ」の順に選択します。

iPhoneで2ファクタ認証に電話番号を追加する
「2ファクタ認証」の下にある「編集」をタップして、「信頼できる電話番号を追加…」で電話番号を追加します。

2ファクタ認証時の確認コードは、SMSのテキストメッセージ、もしくは、音声通話で確認できるので、携帯電話でも固定電話でも構いません。

ガラケーなど別に持ってる携帯電話の番号でもいいですし、両親や兄弟、信頼できる友人の携帯番号でもOKです。

ただ、追加した電話番号にはサインイン時の本人確認の度に確認コードが通知されるので、その点も考慮して追加する番号は吟味するようにしてください。

まとめ

いろいろ書きましたが、iPhoneを紛失した場合は、

https://www.icloud.com/find

にアクセスして、無くしたiPhoneにサインインしていたApple IDとパスワードでサインインすれば、iPhoneの場所を知ることができます。

2ファクタ認証を設定していてもサインインできますので、iPhoneを無くしたらまずはここで場所を特定するのがおすすめです。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。