今だけ1,960円→99円
kindleunlimited読み放題が今だけ2か月間99円!期間限定なのでまだの方はお早めに。→ 詳しくはこちら 11/5まで

ギア雲台を買ってみたら、水平垂直バッチリの写真が撮れるようになった…2台目も購入

ギア雲台を買ってみたら、水平垂直バッチリの写真が撮れるようになった…2台目も購入

あまりにもギア雲台が気に入ってしまったので2台目ポチった!

ギア雲台って3万円ぐらいから高いものだと6万円以上するので高いなーと思ってたんですが、今回紹介する『Benro 3ウェイギアヘッド GD3WH』はなんと1万2千円ぐらいで買えます。

Amazonで見つけた時はどうせ大したことないだろうと思ってたら、ヨドバシではマンフロットの超売れ筋ギア雲台「ギア付きジュニア雲台410」と同じ価格帯で販売されてました。

そのほか、色々と調べてみると有名なマンフロットのギア雲台よりも優れたポイントがいくつもあったので、価格も安いし1つ買ってみました

タイトルでも書いてますが、これ、気に入ったので2台目もポチりました。

PR【今だけ1,960円→99円】kindle unlimited読み放題が今だけ2か月間99円!Amazonの電子書籍kindle本を読み放題で楽しめるkindle unlimitedが期間限定で99円!いつでもキャンセル可能。→ 登録はこちら 11/5まで
スポンサーリンク

ギア雲台の何が良いのか

ギア雲台は3ウェイ雲台と同じで、パン・チルト・傾きを個別で調整できます。

何が違うのかというと、細かな調整ができるのはもちろんのこと、一番のメリットは

ギア雲台のノブを回した時に、すでに構図が決まっている

ということ。

普段、自由雲台を使ってブツ撮りしてるんですが、ここだ!と位置を決めたあと、ノブを締める際に位置が微妙にずれてしまうんです。

あと、自由雲台の精度によっては締め付けた後に微妙に動いてしまうなんてこともありました。

なので、その度にまたノブを緩めて位置を動かしてまた締める、またズレる、これの繰り返しでどれだけの時間を無駄にしたことか…。

これがギア雲台だと、無駄な作業がゼロになって、ビタっと構図をすぐに決めることができるようになりました!

この便利さを知ってしまったら、キチッとした構図で写真を撮りたい時にはギア雲台は必須な体になってしまいました。

BENROのギア雲台とは?

今回はAmazonで買いましたが、出荷元・販売元ともにAmazonではなくマーケットプレイスの商品でした。

なので、届くまでちょっとドキドキしましたが普通に届いて一安心。

BENROのギア雲台が届いた
真っ黒に梱包された『Benro ベンロ 3ウェイギアヘッド(GD3WH)』。この状態で届きました。


パッケージは青色でボコボコ
パッケージは青色でボコボコになってました。


Benro ギア雲台 パッケージの中身
パッケージの中身はギア雲台を型どった緩衝剤に包まれてたので、特に傷もなく普通にきれいでした。


Benroギア雲台 パッケージ一覧
パッケージ一覧。説明書類と六角レンチと本体です。

Benroとは、1995年からカメラ用の三脚、雲台、スライダー、ジブアーム、カメラバッグ、レンズフィルター等を製造している中国のメーカーです。

なので、ぽっと出の怪しいメーカーではなく、長年、中国で高い市場シェアを維持し、多くのフォトグラファーに愛用されているメーカーで、国際市場での評判も高く、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど40カ国以上に販売代理店があります

性能と品質は国際基準に準拠しており、世界中の一流メディア等から数々の賞を受けているとのこと(日本国内の総販売代理店になっているコメット株式会社のホームページより)。


全体的な作りはかなりしっかりしてました
全体的な作りはかなりしっかりしてます。

本体の素材はマグネシウム合金

本体の重さは740gで、耐荷重は6kg


アルカスイス互換プレート
あと、マンフロットとは違ってこちらはアルカスイス互換のプレートになってます。

雲台とプレートは全てアルカスイス互換にしてるので、これはかなりポイント高いです。


各軸にはメモリもあり
各軸にはメモリもあるのでちゃんと数字で管理したい場合にも便利。


底のネジ穴は3/8
底のネジ穴は3/8です。

ギア雲台を実際に使ってみた感想

ギア雲台を使わずに、手でカメラを持って撮影した場合…

手持ちで撮影すると箱の形がちょっといびつになってしまう
どうしてもパン軸とか傾きがズレちゃうので、この写真のように箱の形がいびつになってしまいます。なので、LightloomやPhotoshopで修正してました。

これがギア雲台だと…

ギア雲台だとびたっと水平垂直傾きがバッチリの写真が撮影できる
ご覧の通り、ビタっと水平垂直傾きがバッチリの写真が撮影できるんです!


手作りの撮影台
普段、ブログ用の写真を撮影している手作りの撮影台。


上から俯瞰撮影する時にギア雲台が重宝します
この上にギア雲台を設置すると、簡単に俯瞰撮影が可能になります。


机の木目とぴったり水平に設置したカメラで俯瞰撮影
机の木目とぴったり水平に設置したカメラで俯瞰撮影ができるようになりました。


俯瞰でテスト撮影
俯瞰でテスト撮影。これ、写真だけでなく動画レビューの時にも重宝すること間違いなしです。

まとめ

初めてギア雲台を使ってみましたが、1万2千円以上の価値を生み出してくれるのは間違いありません。

ここ半年で買って良かったものランキングベスト3に入るのは間違いなしです。

  • アルカスイス互換
  • 重さ740gと軽め
  • マグネシウム合金で剛性もある
  • Amazonだと価格が約1万2千円とコスパが超高い

と、僕にとって良いことづくめのギア雲台でした。

もっとはやく買っておけば良かった。

アルカスイス互換で統一してる方で、ギア雲台を探してるなら一押し間違いなしのアイテムです。

ブツ撮りや俯瞰撮影、天体写真撮影のお供にぜひどうぞ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。