今だけ1,960円→99円
kindleunlimited読み放題が今だけ2か月間99円!期間限定なのでまだの方はお早めに。→ 詳しくはこちら 11/5まで

ゼンハイザー創立75周年記念限定の黄色いヘッドホンHD25 Limited Editionレビュー

ゼンハイザー創立75周年記念限定の黄色いヘッドホンHD25 Limited Editionレビュー

1988年発売で今でも愛され続けているヘッドホンHD25の限定モデル!

ゼンハイザー(SENNHEISER)を代表する密閉型ヘッドホン『HD25』。

今回、ゼンハイザー創立75周年を記念して、HD25特別カラーのモデルが数量限定で2020年6月18日に発売されました。世界初の開放型ヘッドホンとして有名なHD414を彷彿とさせるイエローモデルです。

日本で予約が始まってすぐに注文したので、発売日に無事に手に入れることができました。

PR【今だけ1,960円→99円】kindle unlimited読み放題が今だけ2か月間99円!Amazonの電子書籍kindle本を読み放題で楽しめるkindle unlimitedが期間限定で99円!いつでもキャンセル可能。→ 登録はこちら 11/5まで
スポンサーリンク

HD25 限定イエローモデル レビュー

HD25の限定モデル パッケージ
これが75周年記念の限定モデル『HD25 Limited Edition』のパッケージです。レトロなデザインですねぇ。

ちなみに、イヤーパッドなどのデザインがちょっと違うだけで、中身は通常モデルと同じです。


日本の番号は1011でした
数量限定で発売されてまして、僕が購入したプロダクトナンバーは「Prod.No.JP1011」でした。


ゼンハイザー創立75周年記念限定の黄色いヘッドホンHD25 Limited Editionレビュー
外側のパッケージを取るとこんな感じ。黄色いイヤーパッドがいいアクセントになってますね。いい感じ!


パッケージの背面
パッケージの背面。HD414を着けた女性の写真がありますが、パッケージの元の写真はこれです。うまいこと加工してますね。


HD25 Limited Editionの中身
パッケージを開封した中身。


HD25のパッケージ一覧
HD25本体に1.5mのケーブルが付属してます。プラグは3.5mmで、6.3mmの変換プラグが付いてます。黄色のイヤーパッドのほか、黒いイヤーパッドも付属してます。


付属の黒いイヤーパッド
イエローと同素材のブラックです。


HD25 Limited Edtion
見た目はすごくチープです。素材もプラスチックがほとんどなので、高級感は一切ありません。

ただ、無茶苦茶軽い。重さはわずか約166g(ヘッドフォン140g、ケーブル20g、変換プラグ6g)です。

軽いヘッドホンを欲しい方には最強かも。


ヘッドバンドの印字
ヘッドバンドには「SENNHEISER HD25 70Ω」と印字されてます。


ヘッドバンドはパカっと開く
ヘッドバンドはパカっと開きます。

あと、L側はDJ用のヘッドホンのように前後に90度、動かすことが可能です。片耳モニターとしても使えます。


Made in Romania
「Made in Romania」でした。

音質と実際に使ってみた感想

初めて手に取った時の感想は、「うわぁ、すごく安っぽいなぁ」でした。

側圧はかなり強め。イヤーパッドも小さいし、オンイヤータイプなので、初めて着けた時は10分もすると耳が痛くなってしまいました。

ただ、音楽を鳴らした時のギャップがすごかった

こんなチープな筐体から考えられないぐらい「心地よい音」が聴こえてきます。

解像感や音の定位感もなかなか素晴らしい。

中域から高域の抜けが良く、とてもクリアな音を鳴らしてくれます。さらに、低音がすごく締まってて厚みがあります。手持ちのヘッドホンの中ではかなり強い方です。

これで1万5千円というのはちょっと信じられないぐらい安いです。

いろんなジャンルの音楽を聴きますが、特にロックやヘビメタが快適でした。ボーカル、ギター、ベース、ドラムの爽快感とキレが良いです。GRADOのSR325eほどの開放感は無いですが、意外と近いものがありました。

密閉型なので、ある程度の遮音性はあります。

音漏れは若干あるので、電車などではボリュームは控えめなら使えそうです。

HD25 レビューまとめ

HD25 Limited Edtion

半月ほど使ってますが、ちょっとずつ馴れてきたのか1時間ほど着けても痛みは気にならなくなってきました。

側圧は相変わらず強いんですが、軽いので頭を激しく動かしても全くズレません。さらに、側圧だけで固定できるので頭頂部にヘッドバンドが当たらないように調整できるので、とても快適になりました。

販売開始から30年以上経過してるので、イヤーパッドやリケーブルの種類も豊富。

側圧が気になるならYAXIのイヤーパッドがおすすめ。僕はTypeBを1つ持ってますが、着け心地と音がちょっと変わるので、好みと気分に応じて使い分けてます。

手軽に使えるだけでなく、かなり雑に扱っても多少のことでは壊れない頑丈さも魅力です。

さらに音も良い(特に低音が好き)ので普段使いに大いに使えるヘッドホンです。一つ持っておくと重宝しますね。これより高価なヘッドホンも持ってますが、ここ2週間はこればっかり使ってます。

やっぱり軽くて音が良いのが最強かも。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。