自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

機材追加!今度は広角レンズの『Canon EF16-35mm F4L』軽くて最短撮影距離28cmは超使いやすい!

機材追加!今度は広角レンズの『Canon EF16-35mm F4L』軽くて最短撮影距離28cmは超使いやすい!

軽くてちょうどいいボケ感!コスパ抜群のフルサイズ対応広角レンズ

普段、ブツ撮りに使ってる主なレンズは、SIGMAの50mm F1.4 Artレンズと、Canon 100mm F2.8Lの2つ。

中古でレンズ買ったらまずやること 100mmマクロの初Lレンズを買いました

カメラをNikonからCanonに乗り換えてからは、メインのブツ撮り(標準的な焦点距離)は高倍率ズームではなく単焦点レンズで撮影しようと決めまして、この2本で運営してました。(あと、外で撮影する時用のCanon EF 70-200mm F2.8と動画用のEF-S 10-18mm F4.5-5.6も所有してます。)

ただ、やっぱり広い画角で撮りたいものも出てきます。そんな時は、応急処置としてAPS-C用のEF-S 10-18mm F4.5-5.6で撮影してましたが、これがどうも暗い&カメラは80Dなので暗所ではノイズが目立ちます。

というわけで、平成30年分の確定申告も無事に終わったので、ずーっと気になって仕方がなかった『Canon EF16-35mm F4L』を買いました!

スポンサーリンク

手ぶれ補正あり!軽くて使いやすい広角ズームレンズ

今回も、100mm F2.8Lと同様、カメラのキタムラ ネットショップで中古レンズを買いました。

2回目になると中古への抵抗もほぼなくなりました。もし不具合があれば、すぐ返品すればいいだけですし。

キタムラの中古レンズは、商品の状態をAA(新品同様)・A(美品)・AB(良品)・B(並品)とランク付けされてるのでとても買いやすい。一番上のAAだと価格はもちろん高くなりますが、品の状態は文句なし。逆に、Bランクなどの低ランクになればなるほど、ホコリや傷が増えます。

僕は、価格と品質のバランスが取れてるAB(良品)あたりをいつも狙って買ってます。


手ぶれ補正あり!軽くて使いやすい広角ズームレンズ
前回はキタムラの店舗から自宅へ配送でしたが、今回はキタムラのネットショップのものを購入したので、注文して翌日に届きました。マジ配送早い!


箱付きのEF 16-35mm f4L IS USM
今回は、箱付きでABランクの中から選んで購入しました。


箱付きのABランクのレンズを購入
箱がちょっと膨れてる?と思って開けてみると…


レンズポートが入ってました
レンズポーチが入ってました。膨らみの原因はこれでした。


ビニールに包まれたレンズには、ちゃんと乾燥剤のシリカゲルが入ってました
ビニールに包まれたレンズには、ちゃんと乾燥剤のシリカゲルが入ってました。


パッケージ一覧
パッケージ一覧。取扱説明書、フード、レンズフロントキャップ、レンズリアキャップ、レンズポーチ、元箱です。


レンズキャップEW-82を装着した16-35mm
レンズキャップEW-82を装着した16-35mm。ゴムの部分やレンズフード、外観をすべてチェックしましたが、ゴムの劣化や細かな傷もなく、とてもきれいな状態でした


16-35mmの前玉
前玉や後ろ玉にも傷はなし。光を当てると、レンズ内にわずかなホコリがありましたが、撮影に影響もありません。レンズを使ってると自然とホコリは入るので、何の問題もありません。


6D mark2に16-35mmを装着
6D mark2に16-35mmを装着。やっぱりLレンズはいい。赤いリングがカッコいいですね。

Canon EF16-35mm F4L 評価と感想

Canon EF16-35mm F4L 評価と感想
うちの狭いデスクが16mmで撮影したら、見事一枚に収まりました。

初めてこのレンズを6d mark2に付けて持った時の感想は「うわっ!軽い!」でした。

普段、メインで使ってたシグマの50mmの重さは815g。一方のCanon 16-35mm f4Lは615g。たった200gの差ですが実際に持ってみるとものすごく軽く感じました

あと、最短撮影距離が28cmというのもすごく使いやすい。シグマの50mmだと最短撮影距離が40cmなので、手にものを持ったまま撮影するとかなり手を伸ばさないとピントが合わないことがよくありました。それが見事に解消されました。

ブツ撮りでも使いやすいレンズです。


あと、動画撮影でも使えるので「80DとEF-S 10-18mm F4.5-5.6」の組み合わせと、「6D mark2とEF16-35mm F4L」の組み合わせ、2台体制で取ることも可能になりました。

しかも、6D mark2はフルサイズなので、F4ですが背景がボケた映像も撮ることができます。

APS-Cの80Dに付けると焦点距離が長くなって35mm換算で26-56mm相当になるので、また変わった画角で撮影することも可能です。

広角レンズでは珍しく手ぶれ補正機能もついてるのもいいですね。

ただ、CanonのLレンズの手振れ補正機能って、動作時に「シャ!」という音が鳴るのだけはまだちょっと慣れません。100mm F2.8Lを使った時に初めて気がついたんですが、当時は壊れてるのかときになりましたが、これが普通ということを知ってからは気にしないようにしてます。

軽さと安定した描画力の高さが魅力のレンズ。購入して良かったです!

広角が好きなので、70-200mm F2.8を買った時よりワクワクしてます。

購入時に、20万円を軽く超えるEF16-35mm F2.8L III USMとも悩みましたが、軽くて広角にはボケはあまり必要ないと思ってる僕には、このレンズがぴったりでした。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。