自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

Apple Pencilの書き心地を紙に近づけてくれるペーパーライク保護フィルムを使ってみたレビュー

Apple Pencilの書き心地を紙に近づけてくれるペーパーライク保護フィルムを使ってみたレビュー

iPad ProとApple Pencilを購入してから、A4用紙に書き出してたメモをGoodNotes4に移行しました。

iPad Pro 11インチ スペースグレイ&Apple Pencil 購入&開封レビュー

書き終えた紙の保管と管理がやりやすくなり、A4用紙も買わなくて良くなったので、これまで以上にアウトプットが捗るようになりました。

その代わり万年筆の出番がなくなってインクが乾いてしまったのがちょっと残念。

さて、そんな大満足のApple Pencilですが、一つだけ欲を言うなら書き心地をもうちょっと改善してほしい、ということ。

モニターに直接ペン先を当てるので、どうしても書き心地がツルツルなんですよね。あと、寒い冬だとディスプレイに触れる手がちょっと冷たいです。

その点をちょっとでも改善できないかなと思って、Amazonでレビュー数が多くて高評価が多い『MS factory iPad Pro 11 2018 フィルム ペーパーライク 保護フィルム』を買って使ってみました。

スポンサーリンク

初めてのペーパーライク保護フィルム 貼り方

普段、iPadやiPhoneには保護フィルムは付けずに使う派です。

本体保護のためにケースは付けますが、何も付けないディスプレイのタップやスワイプの触り心地が好きなので、画面には何も付けずに使ってます。

過去には何度か使ったことがありますが、どうも感触が好きになれずに使うのをやめました。

というわけで、今回はかなり久しぶりの保護フィルムです。

MS factory iPad Pro 11 2018 フィルム ペーパーライク
今回購入した『MS factory iPad Pro 11 2018 フィルム ペーパーライク 保護フィルム』。ペーパーライクの保護フィルムでもかなり評判がいいものです。


パッケージの背面に使用方法が記載されてました
パッケージの背面に使用方法が記載されてました。


パッケージ一覧
パッケージ一覧。保護フィルム本体と、クリーニングクロス、ダストリムーバー、アルコール洗浄布、気泡除去カード、が入ってました。


まずはiPadのディスプレイをキョンセームで綺麗に拭き取ります
まずはiPadのディスプレイについた皮脂や汚れを、最強のクリーニングクロス(だと思ってる)キョンセームで綺麗に拭き取ります。


アルコール洗浄布
汚れがひどい場合は、付属のアルコール洗浄布を使ってまず拭きあげます。アルコールがたっぷり含まれてるので、iPadのディスプレイがびしょびしょになります。


余分なアルコールをクリーニングクロスで拭き取る
余分なアルコールをクリーニングクロスで拭き取ります。


最後にダストリムーバーで埃を除去
作業中、ホコリが舞い上がってディスプレイに付着する場合は、ダストリムーバーでペタペタやって取り除きます。

保護フィルムの剥離シートを少しだけ剥がして、位置を調整しながら少しづつゆっくり丁寧に貼り付けていきます。


たくさん気泡が入りました
たくさん気泡が入りました。

書き心地はいいけど、謎の白い粉がたくさん出てきた…

謎の白い粉がたくさん出てきた!
気泡を取り除こうと、指で保護フィルムを擦るとこのように白い粉が大量に出てきました。

ペーパーライクなので、保護フィルムの表面が紙ヤスリのようにザラザラとしたした感触になってるんですが、それを強くこするとこのように粉が出てきます。


気にせず気泡を取り除いてたらこんなに白い粉が出てきました
気にせず気泡を取り除いてたらこんなに白い粉が出てきました。

指でこすったからこんなに出てきたのかと、付属の気泡除去カード(ただの厚紙)を使ってみました。


付属の気泡除去カードでこすった結果
付属の気泡除去カードでこすっても、同じように白い粉が出てきました。

改めてAmazonのレビューを見てみると、この白い粉について書かれてる方は1人しかいませんでした。

こんなに白い粉が出るのはちょっと異常だと思うんですが、これが正解?または不良品に当たったってこと?


書き心地は紙のような感覚です
実際にApple Pencilを使ってみると、確かに紙に書いてるような書き心地です。

表面がザラザラしてるので、書いてる時に抵抗が生まれて書きやすさも向上してます。これはなかなかいい感じ。


ざらつき感はアップ
ザラつき感はアップしますが、Apple Pencilより手で触れた方がより紙っぽいザラつきを感じます。

そのため、人によっては指でタップしたりスワイプする操作に違和感を感じることがあるかも。

Apple Pencilの書き心地を追求したいならオススメの保護フィルムです。指の感触を損ないたくないなら他の保護フィルムをお勧めします。


混入したホコリ
かなり慎重にホコリを除去したはずなのに、こんなホコリが数カ所混入してました…。液晶保護フィルム貼るの難しいですよね。


あと、保護フィルムと本体の間の白い粉も気になる
あと、保護フィルムが貼られてないディスプレイのほんの小さな部分に、ホコリとか保護フィルムから出てくる白い粉が付着します。

ちょっと神経質な方にはこれも気になるポイントだと思います。


今回、初めてApple Pencilの書き心地を紙のように変えてくれるペーパーライクの保護フィルムを使ってみましたが、書き心地を追求したいならいい製品ですね。

ただ、粉が出るのはちょっと気になりました。

その他、いろんなペーパーライク製品が販売されてるので、別の機会に他のものも試してみようかなとも思いますが、どうしても貼る作業に神経を使ってしまう。

iPhoneぐらいの大きさまでならなんとかできますが、iPadになると画面が大きいのでホコリが混入する確率がぐんと上がってしまいます。

正直、やっぱり何も貼らずに使った方がいいかなと感じてます。しばらくはこのまま使ってみるつもりですが、多分、剥がすことになるだろうなぁ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。