自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

iPadをデスク下に収納するならまな板ホルダーがベストかも

iPadをデスク下に収納するならまな板ホルダーがベストかも

iPadの置き場所に困ってる方、もしかしたらこれが解決してくれるかも。

山崎実業 戸棚下まな板ホルダー』は、本来キッチンの棚板やラックの下にまな板を収納するためのホルダー。

これをデスクに引っ掛けて設置すれば、iPadやiPad Proのちょうど良い置き場になるんです。

机の下ってデッドスペースが広いので、ここを有効活用するにはもってこいのアイテムです。

スポンサーリンク

まな板ホルダーの大きさがiPadにちょうど良い

まな板ホルダーの大きさがiPadにちょうど良い
山崎実業 戸棚下まな板ホルダーは、約W27 × D26.5 × H11.5cm。

上段と下段があって、それぞれ耐荷重は500gと1kg。iPadを奥には十分な強度です。

iPad Proの12.9インチは、30.5 × 22 × 6.9mmなので、ちょうど収まるサイズ。

ただ、10.5インチだと長辺が25cmなのでこのままじゃ置けません。下にまな板など広めの板を置けば設置できます。


アールエスハンガースタジオのまな板ホルダー
もうちょっと小さめで、1段のシンプルなものがよければ『アールエスハンガースタジオのまな板ホルダー』もあります。

サイズは、約W23.5 × D23 × H10cm。10.5。

9.7インチのiPadなら、長辺が24cmなのでこのまな板ホルダーに収まります。

ただ、ちょっとギリギリなので、こちらも下に板を配置するか布などをピンでとめて落下防止にすれば使えます。


DIYするようになってから、本来の使い方とは違う新しい使い方を見つけるのが楽しくなってきました。

iPad置き場に困ってる&デスク下のデッドスペースを有効活用したい方はぜひお試しください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。