自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

MacのSiriを使ってiPhoneを探す方法。MojaveでSiriがもっと賢くなりました

MacのSiriを使ってiPhoneを探す方法。MojaveでSiriがもっと賢くなりました

MojaveではSiriがより賢くなり、多くの機能が追加されました。

パスワードを教えてくれたり、ホームデバイスの操作も可能になってます。

また、iPhoneを探してくれる機能も追加されたので、iPhoneを自宅やオフィスで無くした場合にも簡単に見つけることができるようになりました

というわけで、試しにMacのSiriを使ってiPhoneを探してみました。

スポンサーリンク

MacのSiriを使ってiPhoneを探す方法

まずはメニューバーかDockでSiriアシスタントを呼び出します。

「ご用件は何でしょう?」と表示されたら、「iPhoneを探して」と話しかけます。

iPhoneを探して
すると、

「この近くで〇〇さんのiPhoneが見つかりました。サウンドを再生してみますか?」

と表示されるので、「確定」をクリック。


お探しのデバイスでサウンドを鳴らしてみます...
「お探しのデバイスでサウンドを鳴らしてみます...」と表示されました。


Siri iphone search 18111204
すると、iPhoneからかなり大きなボリュームで音が鳴り響きます。

画面には「IPHONEを探す」のアラートが表示されます。iPhoneのロックを解除して「OK」をタップすれば音は止まります。

iPhoneをなくしてしまった時に重宝する機能です

探せる端末はiClous設定で確認

探せる端末はiCloud設定で確認ができます。

https://www.icloud.com/にアクセスしてログインします。

Siri iphone search 18111205
「iPhoneを探す」をクリックすると地図上でiPhoneの場所を確認できます。

「設定」をクリックすると...

iCloud設定でマイデバイスを確認
MacにログインしているApple IDに紐付けされているデバイスが表示されます。

iPhoneだけでなく、iPadやApple Watchも登録していればSiriで探すことも可能です。

Macを探す場合は、Macの「システム環境設定」の「iCloud」で「Macを探す」をオンにすればOKです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。