自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

「同期できません」iPhoneのEvernoteで同期できないエラー頻発が解決した方法まとめ

「同期できません」iPhoneのEvernoteで同期できないエラー頻発が解決した方法まとめ

iPhoneのEvernoteを使ってるんですが、最近になって「同期できません」というエラーが表示されるようになりました。

Evernoteの中身を確認すると、ちゃんと同期はできてるようなんで気にしてませんでしたが、あまりにも続くので一旦色々リセットしたら解決できたので、その方法をまとめてみます。

iPhoneやiPadのEvernoteが「同期できない」とか「動作が重い」といった症状の時にやるとサクッと解決できると思います。

以下すべて、自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

キャッシュをクリアしてアプリを削除

まずはEvernoteのキャッシュをクリアします。

同期できないエラーを解決する
左が「同期できません」のエラー画面。

「アカウント」→「サポート」をタップ。


Evernoteのキャッシュをクリア
「キャッシュをクリア」をタップして実行します。

その後、Evernoteからログアウトしたら、iPhoneからEvernoteアプリを削除します。

※Evernoteのデータを削除する際は、iPhoneで作成中の未同期のノートがないか事前に確認してください。同期できない場合は、あとで追加するために別のアプリなどで保存しておいてください。

そのあと、iPhoneを再起動しておいてください。

PCのブラウザで「アクセスを取り消す」

次に、PCのブラウザでEvernoteにアクセスしてログインします。

PCのブラウザで「アクセスを取り消す」
アカウントの「設定」→「端末」を表示します。

これまでEvernoteにアクセスした端末が表示されます。

その中のiPhoneの右にある「アクセスを取り消す」をクリックして、不具合がある端末のセッションを削除します。

これで作業は終了。


あとはiPhoneにEvernoteアプリを新しくインストールしてログインします。

これで僕の場合は「同期できません」というエラーが出ることなく、ノントラブルで同期することができるようになりましたー。

もしこれでもうまくいかない場合はEvernoteのサポートに連絡してみてください。

スポンサーリンク

Twitterで質問を受付中です!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。