自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

「同期できません」iPhoneのEvernoteで同期できないエラー頻発が解決した方法まとめ

  • 更新:
  • 公開:2018.7.17
  • by
  • iPhone

「同期できません」iPhoneのEvernoteで同期できないエラー頻発が解決した方法まとめ

iPhoneのEvernoteを使ってるんですが、最近になって「同期できません」というエラーが表示されるようになりました。

Evernoteの中身を確認すると、ちゃんと同期はできてるようなんで気にしてませんでしたが、あまりにも続くので一旦色々リセットしたら解決できたので、その方法をまとめてみます。

iPhoneやiPadのEvernoteが「同期できない」とか「動作が重い」といった症状の時にやるとサクッと解決できると思います。

以下すべて、自己責任でお願いします。

PR【最大8.5%ポイント還元!4/23[火]まで】87時間のビッグセール Amazonタイムセール祭り開催中!当ブログで紹介してるものが安くなってるかも?!セール対象外の商品でも合計1万円以上のお買い物で最大8.5%ポイント還元されます!買いたいものはこの機会にまとめてどうぞ。
スポンサーリンク

キャッシュをクリアしてアプリを削除

まずはEvernoteのキャッシュをクリアします。

同期できないエラーを解決する
左が「同期できません」のエラー画面。

「アカウント」→「サポート」をタップ。


Evernoteのキャッシュをクリア
「キャッシュをクリア」をタップして実行します。

その後、Evernoteからログアウトしたら、iPhoneからEvernoteアプリを削除します。

※Evernoteのデータを削除する際は、iPhoneで作成中の未同期のノートがないか事前に確認してください。同期できない場合は、あとで追加するために別のアプリなどで保存しておいてください。

そのあと、iPhoneを再起動しておいてください。

PCのブラウザで「アクセスを取り消す」

次に、PCのブラウザでEvernoteにアクセスしてログインします。

PCのブラウザで「アクセスを取り消す」
アカウントの「設定」→「端末」を表示します。

これまでEvernoteにアクセスした端末が表示されます。

その中のiPhoneの右にある「アクセスを取り消す」をクリックして、不具合がある端末のセッションを削除します。

これで作業は終了。


あとはiPhoneにEvernoteアプリを新しくインストールしてログインします。

これで僕の場合は「同期できません」というエラーが出ることなく、ノントラブルで同期することができるようになりましたー。

もしこれでもうまくいかない場合はEvernoteのサポートに連絡してみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。