自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

ファイル・フォルダのアイコン画像を取り出す方法

ファイル・フォルダのアイコン画像を取り出す方法

ブログを書いてる際にアイキャッチや説明用の画像として使うことが多い、ファイルやフォルダのアイコン。

以前はアプリのパッケージの内容を開いて探してたんですが、面倒くさいのでもうやってません。

今回は、最近主流になってきたアイコン画像を簡単に取り出す方法をご紹介。

PR【音楽聴き放題6,500万曲以上!】音楽聴き放題生活をはじめるなら30日間無料体験から!6,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedなら30日間無料体験できる!さらに、Echoプランなら無料期間終了後は380円!→ 詳しくはこちら
スポンサーリンク

ファイルやフォルダのアイコンをコピーしてペースト

今回は、数日前のブログ記事で紹介したiPhoto Library.migratedphotolibraryのアイコンを取り出します。

125GBと大容量のiPhoto Library.migratedphotolibraryって何?消していいのか?

今回紹介する方法の前提として、ファイルやフォルダアイコンがあって「情報を見る」ことができるもののみです。Finderのアイコンは取れません。

今回は、iPhoto Library.migratedphotolibraryのアイコン画像
取り出したいアイコンを見つけたら、ファイルを右クリックします。


File icon get 18050103
「情報を見る」をクリック。


するとそのファイルに関する情報が掲載された情報ウィンドウが表示されます。

クリックしてアイコンを選択する
左上のアイコン部分をクリックすると、青い縁が付いて選択状態になります。


Finderメニューからコピーを選択
Finderの編集メニューから「コピー」を選択。


プレビューアプリにペーストする
プレビューアプリを起動して、「ファイル」メニュー →「クリップボードから新規作成」をクリック。


プレビューアプリにペーストされる
すると、アイコン画像がペーストされます。

あとは、「書き出す...」からHFIF、ICNS、JPEG、JPEG-2000、OpenEXR、PDF、PNG、TIFFなど好きな形式で書き出せば完了です。

今回の動作環境は、macOS High Sierra 10.13.4で確認しました。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。