無料キャンペーン中!【FODプレミアム】
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

iPhoneでカギカッコを入力する3つの方法 一番速いのは…

iPhoneでカギカッコを入力する3つの方法 一番速いのは…

iPhoneで日本語のカギカッコを入力する時、どんな方法で入力してますか?

今回は、フリック入力を前提にして3つの入力方法をご紹介。

それぞれ好みはあると思いますが、僕の場合はもうずーっと使ってるユーザー辞書を使った方法が一番速いかな。

スポンサーリンク

1.ユーザー辞書に登録する

最近のiOSではフリック入力でカギカッコが出てくるようになりましたが、以前はまだ未対応でした。

当時使っていた方法が「ユーザー辞書に登録する」というもの。

ユーザ辞書にカギカッコを登録
これはMacの画面ですが、iPhoneでも設定できます。

iPhoneの場合は、「一般」→「キーボード」→「ユーザ辞書」です。

ここで、

  • 『かあた』の入力に『「』の変換
  • 『はらや』の入力に『」』の変換

を割り当てます。

iPhoneで「かあた」「はらや」でカギカッコを入力
この「かあた」「はらや」という言葉は、iPhoneのフリック入力キーボードで見ると、カギカッコと同じ形になっているんです

カギカッコひらきは、か→あ→た、と書きます。

カギカッコとじは、は→ら→や、と書きます。

この書き順に沿った言葉なので、直感的に入力ができるようになります。

これ使い出してから随分たちますが、最近もこれで入力してます。

2.数字キーに切り替えて入力する

数字キーに切り替えて入力する
2つ目は、数字キーで入力する方法。

日本語入力してて、いちいち数字キーに切り替える必要があるので、これはちょっとおすすめしません。

一番遅いです。

3.「や」を左右にフリックする

最後は日本語キーボードのまま、「や」を左右にフリックする方法。

「や」を左右にフリックする
日本語入力中にカギカッコを入力するなら、これが一番速いです。

間違いありません。

シンプルですが意外に知らない人も多いです。

ちなみにこの方法だと、カギカッコを入力すると変換候補にいろいろなカッコ関連の文字が表示されます

スピードと入力記号の豊富さを兼ね備えた方法です。

個人的には1つ目の方法をまだやってますが、最近では徐々にこの方法に移行しつつあります。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。