macOS Sierra ライブラリなどの隠し(不可視)ファイルをショートカットキーで表示する方法

  • 更新:
  • 公開:2017.2.28
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

macOS Sierra ライブラリなどの隠しファイルをショートカットキーで表示可能に

これまでライブラリなどの隠しファイルを表示するには、Finderで「移動」メニューをクリックして「optionキー」を押してアクセスしてました。macOS Sierraではこんなことをせずとも、ショートカットキーで隠し(不可視)ファイルへのアクセスが可能になってます。

どういうことかというと…。

スポンサーリンク

ユーザのホームディレクトリ
Finderのユーザのディレクトリ。ここで以下のショートカットキーを押します。


隠しファイルを表示するショートカットキー
command + shift + .キー

すると…

隠しファイルが表示されたユーザディレクトリ
薄く透けたようなフォルダやファイルがズラーっと表示されました。

ユーザのホームディレクトリなので、「ライブラリ」フォルダも表示されてますね(下から2番目)。非表示に戻すときも同じショートカットキーを押せばOKです。
※「.DS_Store」などのFinder設定ファイルは表示されません。


Finderだけでなく、ファイルを保存する画面時にもcommand + shift + .キーを押せば隠しファイルを表示できます。

隠しファイルやフォルダをよく使う方は覚えておくと便利ですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。